茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ

茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
HOME  >  new  >  現在のページ  >  old
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

秋谷先生 ジャズピアノのDVD発売!! 


お知らせです!
私のジャズピアノの先生、秋谷学先生が教則DVDを発売されました!!





わ〜〜おめでとうございます!!

ジャズピアノに興味のある方、ジャズピアノ弾いてみたいな〜と思っている方、秋谷先生の説明はとても分かりやすいです。
そして優しいです。(笑)

クラシックもいいですが、ジャズも素敵です♪いろんなジャンルの音楽を楽しめるとさらに世界が広がります。

興味のある方はぜひ♪
こちら!

先生はレッスンはもちろん、楽譜の販売やセミナー、コンサートなど多方面で活躍されていて、さらにDVDも発売なんてすごすぎです!!
先生を見習って私ももっといろいろがんばりたいです!!





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

ジャズ発表会参加しまーす 


橋本ルルちゃん・・・・かわいい・・・・・(震)




(インスタグラムより)

 →ルルちゃんブログ

橋本ルルちゃんは初のドール着ぐるみファッションモデル。
お人形への少女の憧れを具現化してしまうなんて!!

すごい!!(感動)
動画もあるけど動いてるところもめちゃかわいい!


え?怖い??
まあ怖くてよいのです。
だってお人形とは永遠の美しきタナトスなのですから・・・ふふふ。

はっ!
おっと、ついダークサイドぴこが。ルルちゃんに夢中になりすぎました。



さ、さて、話は変わりますが、私今年の秋のジャズピアノ教室の発表会に参加させていただくことにしました!
去年の秋はねーうちの父が入院&手術でまあ大変だったので参加できなかったのですよ。なので2年ぶりに参加しようと思います。

先週柏のA先生のところにレッスンに行って、発表会用の曲をやりました。
えーとアドリブソロを半分くらいまで自分で作ったところです。後半あと半分・・・あんまりゆっくりしてられないな。(汗)がんばってかっこいいソロ作りたい!!

作るのもがんばるけど、今回の自分のテーマとしてはですね、もっとジャズっぽい「ノリ」を出して弾きたい!ということですね。
今までも意識はしていたけど、でもまだまだですね。ジャズらしいアクセントをもっと出してイケてる演奏をしたいです!

がんばります!!
クラシックもジャズもイケてる先生になりたいです!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

キュンとさせちゃうぞ!! 


先日大人のYちゃんというおねえさんがレッスンのあとに、

「先生が弾くのを聴くと、『わあ〜こんなふうに弾きたいなあ〜!』と思うんですけど自分でいざやろうとするとなかなか☆」

と言うので、

「え!Yちゃんも今日いい感じだったよ♪」

「そうですか♪でも先生のピアノはいつも『わあ〜♪』って思います」

「ほんと!?私ね、実はいつも『キュンとさせよう』と思って弾いてる」

「そうなんですか!」

「うん、レッスンで弾く時、どんなに小さな曲でも、どんなに短いフレーズを弾く時でも、『キュンとさせよう』とか『グッとこさせよう』と思って弾いてるよ(笑)」

「わあ〜まんまとキュンとしてます〜!(笑)」

「こうやってすぐ目の前で直接聴くのって、CDで聴くのとかとまた違ってすごい直接的で生々しいじゃない?」

「はい!」

「ちょっとした『音色』とか、ちょっとした『間』の取り方とかでも、直接ビンビン来るじゃない?」

「そうですねえ〜!」

「でも、普段こんなに目の前で生の演奏を聴くことって実は他ではなかなかないじゃない?」

「あーそうですよねえ」

「だからね、私はみんなにこうやって『キュン』とさせるのも私の仕事と思ってる」

「そうなんですか!」

「うん、だって『キュン』と来たら『これ弾きたい!』とか『こんな風に弾きたい!』って思うわけじゃない?原動力だよね?それって」

「ああそうです〜!」

「で、こうやってピアノの音で『キュン』ときたり『グッ』と来たりそういう体験をしたらさ、もしいつかレッスンを辞める時が来ても、それからもきっとずっと、ピアノとか音楽が好きだと思うの。
だからレッスンでピアノを弾いてみんなに『キュン』とさせるのも私の仕事だと思ってるんだ」

「そうなんですねえ〜!キュンときますよ〜〜いつも」

「弾くと分かるからさ、みんなが聴いててキュンときてるの。子どもとかも『おお〜!」』とか言うからね。(笑)」

「そうなんですねー!先生はいつも具体的にここからこうやって、って説明してくれるから、家でその通りに弾くと『あ!これこれ!この感じ!先生が弾いてた感じ!』って思ったりします♪」

「そう、実際に聴いた『音のイメージ』があるとね、そこに近づいて行けるんだよね。音って見えないからさ、大きくとか小さくとか言われても実際の音のイメージがないとなかなか分かりづらいもんね」

「そうですね〜」

「だからそういう意味でも弾いて伝えるのも仕事だよね」

という話をしました。

音楽で、ピアノで心が動いたり、それをまた音で伝えたり、それがまた誰かの心を動かしたり、そんな体験は人の心や人生を輝かせたり豊かにしたりするものだと思うのです。
そしてそれは世界的な大ピアニストでなくても、もっと身近なところで誰でもできる体験なのです。
そんな体験をみんなとシェアしたいなと思いながら、毎日レッスンしています♪



暑くてだらんとしているウインクいちごです☆




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

ピアノの先生も♪ 


うちの教室にはピアノの先生をしている方も来ています。
今はけっこう遠くに引っ越しちゃって車で一時間くらいかかるかなあ?たまに「レッスンして下さい〜!」ってメールが来て、土浦まで来てくれます。
なんて熱心な先生なのだ!!

ピアノの先生をしているので、もちろんピアノはバッチリ弾けます♪
あとは教えたり自分で弾くのにもっとプラス!になることを身に付けようと、その時々でいろんな曲をレッスンに持って来てくれます。

このあいだの日曜日にも久しぶりに来てくれてレッスンしました!
年も近いので友達感覚で、会ってお話できるだけでも楽しい♪

曲の内容を細かく分析しながら、どこをどう表現したいか、そのためにどこを出すべきか、その音形やリズムの特徴や魅力を生かすには何をどうすべきか、音色の選び方、そのための指や手首、腕の使い方やテクニック、和声的な機能の捉え方、バランスの取り方、ドラマの作り方・・・。

何しろ弾けるしいろいろ分かる方なので、遠慮なくどんどん説明したり弾いたり弾いてもらったりして進めて行けました!
その場でどんどん音楽が生き生きと変わって行くので私も楽しい♪

一時間みっちりやって、

「こんなことを意識しながら、『何を聴かせるか』『どう聴かせるか』という視点で曲をまとめて行くといいと思うよ♪」

とまとめると、

「すごぉーい!!濃い〜〜・・・いや〜勉強になったあ!」

と、手応えを感じてくれたようでよかったです。

私も(あたしピアノ教えるのがなんて楽しいんだろう♪)と思ったレッスンでした。(笑)


でもね、ピアノだけじゃないの。私何か人に教えるの好きなんですよね。
ダンスのレッスンでもね、まあ初心者クラスだけど、他の人に
「この次ってどうやるんでしたっけ?」
とかって聞かれてここはね〜って説明して、
「あ!そうか分かった!」
って言われたりするのとかすごいうれしい。(笑)

っていうか「あれ?あれ??」ってわからなくなってる人見ると教えたくてムズムズする。(笑)
でもいちおう空気読んで、聞かれるまでは自分からでしゃばって教えたりしないですよ。
でも心の中で、(あ、そこ左足からなんだよな・・・うぅ、隣に行って教えてあげたい!)とムズムズしている。(笑)
まあ私が分からなくて他の人に聞くこともあります☆


あ、話それましたが、そんなわけでピアノの先生でもよろしければお気軽にレッスンにいらして下さい。
たとえば先生になったばかりで教えるのにヒントの欲しい方や、曲の分析の仕方やまとめ方などを誰かに聞いたり相談したい、具体的に教えて欲しいという方など、お力になれるかと思います。

ピアノの先生も先生になるまでは生徒だったわけで、教わる、つまり受け身だったのが教える立場になった時には音楽との関わり方が違ってくるんですよね。
バッハの教え方などは特に悩む人も多いので、そんな時にはぜひご相談下さい。

ああああ〜〜〜バッハで困ってる人に教えてあげたい〜〜〜ムズムズ!(笑)

私はそういった曲の理解のしかたや捉え方、仕上げ方などは今レッスンしていただいているN先生の影響がとても大きいです。
先生はいつも一つ一つ専門的に説明してくださって教えて下さるので、分かりやすく、そして納得して弾くことができます。
きちんと根拠が分かればそれは他の曲でも応用できるし、人にも説明できるし、自分で考えられるようになります。

あとは音楽博士のよてぃー先生に理論を教わったこととジャズを勉強していることも大きく影響しています。
そういう「縁」にめぐまれているなあと思うし、そう導かれているんだなあとも思いますね。なのでそれを生かして、みなさんにお伝えしていきたいと思っています♪



こちらおみやげでいただいたものです↓



これ、なんだか分かりますか??
私は一発で分かりましたよ!

「あ!!『リュウグウノツカイ』!!

 だいすき!!

ええ〜〜!?リュウグウノツカイのなんてあるの〜!?すご〜い!!」

とコウフンしましたっ!!(ムホムホ!!)

ええ夜中に1人でリュウグウノツカイの動画とか見てコウフンしてたりします。


↑これじゃ分かりづらいけど、大きいんだよリュウグウノツカイって。何メートルもあるよ。


そして何も言ってないのにコレをチョイスする大人の生徒さんがすごい。分かってる。(笑)

深海生物とか好きです。
あとヘンなキノコとか好きです。
あと冬虫夏草の動画とかすごいです。
菌に寄生されたアリがだんだん動けなくなって頭からニョキニョキきのこが生えてきたりとか。

あああ〜〜〜コウフンする〜〜〜。(笑)





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

音楽の素敵の秘密を話したい! 


ピアノのレッスンをしていて、「ここはもっと大きく!」「ここはだんだん静かに」ってそれだけじゃなくて、その「理由」とか「根拠」もちゃんと説明したいなと思っています。

先日大人のお姉さんのインヴェンションのレッスンではこんな感じです。


「このテーマのここの部分で大きく7度音が上がるよね!7度ってメロディーとしては広い跳躍なのでエネルギーが要る!しかも減7度っていうのは特に緊張感のある音程で、そしてここがハ短調のドミナントの響きなんだね。だからどうしたってここに高まりが来るよね!なのでここをこのテーマの山として、もっと重さを乗せて音量を出して行こう!」





「後半ここでいよいよ最後のテーマ部分に向けての盛り上がりだよね!まずここの部分は変ロ長調になっててこのラの♮はその導音だね!ここがドミナントになるってことだね。そして次の小節の1拍目に続くタイになってる!すると1拍目の重さを前に引っ張ってきてるからエネルギーが生まれるね。ということでこのラはちょっと強調して聴かせたい!」



「↑で!そのドミナントからまた変ロ長調のトニックが導かれるかと思いきや!短い間だけどト短調の響きになってる!変ロ長調の平行調のト短調だね。ト短調の導音のファの♯が使われてるね。変ロ長調の平行調のト短調に解決するということは偽終止の進行。偽終始!!素敵だよね〜♪」


「そして!!ここでシが♮になる!!ここで主調のハ短調の導音!ハ短調のドミナントだよね!そしていよいよ主調のハ短調のテーマが現れるわけだ!!
クーッ!!
かっこいいー!!

ドラマティックー!!!





ってな感じで、こちらのおねえさんは和声の理論を勉強したので和声的な説明も取り入れました♪
こういうことも説明しながらレッスンしたりしています。

っていうか私が話したい。(笑)
音楽の素敵の秘密を!!
みんな聞いてくれ〜!!(笑)


いやーしかし暑さ全開の7月だったけど、昨日と今日は涼しくて最高だった。
このまま秋にならないかなあ〜。(←ムリ)




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

最新CM

(11/02)
(11/01)
(10/16)
(10/16)
(10/14)

ブログ内検索

バーコード

最新TB

カウンター

アクセス解析

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
Copyright © 茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze