みんなが楽しいと私も楽しい♪


年中さんのAちゃんが宿題の曲をとても上手に弾けていたので、

「すごいAちゃん!上手だね〜!!」

とほめたら、

「うんっ!だってかれーたくさんたべたもんっ!!」

とのことでした。(笑)

「カレーいつ食べたの?」

と聞くと、

「こんげつっ!!」

とのこと。
かなりざっくりしてる。(笑)



と、ちびっこたちもがんばっているぴこ教室ですが、ここのところ大人の生徒さんたちに、

「先生、ピアノ楽しいんです〜!夜ご飯のあとに『ちょっとピアノ弾こうかな〜』って弾いたら気がつくと11時くらいになってるんですよ」

とか、

「レッスンで弾いていて自分が上達するのが分かると楽しいですね〜♪こんなに『手応え』を直接感じられることってほかになかなかないんじゃないですかねえ」

など「楽しい」と言ってもらえることが多くて、つい最近も、

「始める前は『仕事しながら通えるかな〜』とか考えていたけど、とっても楽しんでます♪」

と笑顔で言ってもらえて、

「うれしい♪『ピアノが楽しい』って言ってもらえるのが、何よりうれしいから・・・」

と言いながらじーんと来て涙が出てしまいました。


私は今、ほんとにピアノを教えることが楽しくてしょうがないのです。子供に教えるのも、大人の方に教えるのも、それぞれ楽しいです。
みなさん本当にいい方ばかりで、お忙しい中がんばってレッスンに通って、そして一生懸命レッスンを受けてくれるので目の前でみなさんの演奏が変わっていくのが教えていて本当に楽しくてやりがいがあります。

そしてやっぱり私は「音楽の力」を信じているし、日々感じています。
日常の生活の中で、素敵な音楽を聴いた瞬間、自分で音を奏でる瞬間、心に、そして人生に何かキラキラとした輝きのようなものを与えてくれる。


そしてそれをみんな心に感じながら、こうしてピアノのレッスンに通ってくれているんだな、ということを最近特に感じます。子供たちも、大人の方も。
それを、さらに、もっともっと楽しめるように、そう思って一緒にレッスンすることが日々とても楽しいです♪



ダンススクールに行ったら真っ白なクリスマスツリーがありました♪


きれい〜♪




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


2017/11/23 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(2)

あれよあれよと


えーぴこ教室ではですね、来年も例年通り3月に発表会を行います。

元々「大人と子供みんな一緒の発表会」と「大人の発表会」を一年交代でやっていて来年は大人メインの発表会の年なのですが、でも大きめのホールを取ったので子供の生徒のみなさんも希望の方はよかったら参加してください♪とお知らせしたところ、なんとだいたいみんな参加してくれることに!!

受験とかで出られない子もいるけど、そんなわけで次回もにぎやかな発表会になりそうです☆

でもね、子供たちがたくさん出演するとなると大変なのがまず曲選び・・・。
大人の方はみなさんご自分で「こんどの発表会はこれが弾きたいです」と選んで持って来てくれるんですが、子供たちにはだいたい私がその子のレベルに合わせて1人あたり数曲〜10曲くらいいろんな曲をピックアップしてそれを弾いて聴かせて選んでもらうことが多かったのです。

しかし最近様子が変わってきて・・・・

「そろそろ発表会の曲考えようか?何か弾きたい曲とかある?」
と聴くと、うん!あれが弾きたい!!これがいいな〜♪、と、どんどん出てくる出てくる!

いつもはおとなしくてあまり自分からおしゃべりしない一年生のMちゃんも、
「Mちゃん発表会で弾きたい曲あるかな?」
と聞いたらまっすぐに私の目をみつめて力強く、うん、とうなずき、
「モアナ!」
って、即答かい!
って感じで驚いたり、あとは小学生の男の子で弾きたい曲がたくさん候補が出て来て、
「う〜〜ん、これもいいしあれもいいしこっちもいいし・・・・先生、うちで今週考えてくる!」
と迷うほどだったり。

最初から曲を決めている子じゃなくても一緒に楽譜を見たり私が弾いて聴かせたりすると積極的に選んでくれて、ワクワクしながらさっそく練習を始めていました。

なので、特にわたしが準備もしないうちにあれよあれよと子供達の曲も決まって行き、あとは幼稚園の子たちを残すのみとなりました。
ええ〜?もう決まっちゃったよ!とビックリです☆


でもすご〜くうれしいですね。子供達が自主的に発表会に参加してくれて、自主的に曲を考えて選んでくれたことが。
私の中では子供達の「自主性」を育てるというか、そこを大事にしたいという思いがいつもあるし、ある意味そこが一番大事じゃないかと思っていて、普段のレッスンの中でも小さなことでも本人に考えてもらったり選んでもらったり、というのを取り入れるようにしています。

順番通りに進むテキストもありますが、ギロックやブルクミュラーなどの曲集などは本人にレッスンの曲を選んでもらったり、宿題に出す時も、「この曲はちょっと難しいから今週はここまでにしておく?それとももう少し先までやってみる?」と聞いて決めてもらったり。

発表会の曲も、今までもなるべく本人の希望を聞くようにしていましたし、あとは発表会のプログラムと一緒に生徒たちのコメント集を作り、こういう理由でこの曲を選びました、とか、この曲のこういうところが好きです、というようなコメントを載せることで、それを読む子供達が、「あ、みんな『この曲弾きたい!』と思って、こういう思いを持ってピアノを弾いているんだな、ピアノは自分で『弾きたい!』と思って弾くんだな」という意識になっていくんじゃないかなと感じました。

子供達が普段から、「あ、この曲いいな、自分で弾いてみたいな」とか、「この曲発表会で弾きたいな」と感じながらそのトキメキを胸にピアノに向かってくれたら本当にうれしいし、素晴らしいことだと思います。

だって、ピアノって、音楽って楽しいんだもん♪


と、そんな子供達の成長をひしひしと感じる今回の曲選びでした!
今度の発表会もきっといい発表会になるぞ!!



えーこれは東京のレッスン帰りにお腹が空いて上野の駅のカレー屋さんで食べたカレー。


パンダがいるよー。


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/11/16 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(0)

そうだったのか!音楽理論 その1:「調って?」


えー音楽理論の話をするとき生き生きすると言われる私ですが、大人の生徒さんなどから「音楽理論って知りたいな〜と思うけど、なんだか難しそうだし・・・」と言われることが結構あります。

でも理論を知ると曲の理解につながるし、作曲家がどんな風に曲を作るのかも分かってくるし、「ここのこの音が、この響きが『きゅん!』と来るけどなぜなんだろう?」というような音楽の謎にも迫れたり、またはそこから自分で作曲したりアレンジしたり、アドリブをすることにもつながって行ったりします。
あ、暗譜にも役立ったりしますね。

なので、このブログでも私が元気がある時に(笑)、時々、少しずつ理論のことも書いていけたらな〜と思いました。

でも理論の本はたくさん出ていますので、ここでは理論の本よりも噛み砕いて、そして分かりやすく実践的に、そして気楽に♪書きたいな〜と思います。



ということで「調」です。
あのね、理論の本ってだいたいまず「音程」から入るんですよ。
それはそれで理由もあるしまあいいんですけど、ただみんなここでさっそく嫌になっちゃうっていうか、「はあ?」みたいになっちゃうので、私は音程は後回しにします。
だいじょぶだいじょぶ!


よく見たり聞いたりする「ハ長調」とか「ロ短調」など、調の名前。これは、頭のカタカナの「ハ」とか「ロ」の部分と、後ろの「町長」、あいや、「長調」とか「短調」の部分で分かれてます。


1:頭の「ハ」とか「ロ」の部分。


これは、「ドレミファソラシドのどの音がその曲の中心になるか」ってことです。

中心になる音が、日本音名で示されています。

日本音名は「ドレミファソラシド」を、

ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ

と言います。

「ハ長調」の曲は「ハ」、つまり「ド」の音が中心で、「ロ短調」の曲では「ロ」、つまり「シ」の音が中心となる、ということです。

「曲の中心になる」というのはピンと来ないかもしれませんが、その音、そしてその音に重ねた和音の響きが、その曲の中で安定感を感じる、というような感じです。



2:後ろの「長調」とか「短調」の部分。


これは「その曲が明るいひびきの曲か、それとも暗いひびきの曲か」ということです。

「長調」は明るい響きの曲、「短調」は暗い響きの曲、です。ごくシンプルです。

例えば「さいた〜さいた〜」の「ちゅうりっぷ」は明るい長調、「はるこうろうの〜はなのえん〜〜」の「荒城の月」は暗い短調、です。



以上の2つを総合すると、「ハ長調」とは「ハ(ド)が中心の明るい響きの曲」「ロ短調」とは「ロ(シ)が中心の暗い響きの曲」ということになります。


これが今日の「調」の表記の説明になります♪



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



♪音名表記について


ドレミファソラシドの日本音名での表記は

ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ

ですが、ドイツ音名では

C(ツェー) D(デー) E(エー) F(エフ) G(ゲー) A(アー) H(ハー) C(ツェー)

です。

英語音名では

C(シー) D(ディー) E(イー) F(エフ) G(ジー) A(エー) B(ビー) C(シー)

と、まあ当たり前ですけど英語読みで、「シ」の音だけドイツ音名とは違います。

クラシックではドイツ音名を使うけど、他のジャズとかロックとかポップスでは英語音名を使いますね。日本では。欧米ではどうしてるんでしょうね。



そしてそれぞれの音に♯(シャープ)が付くと、

日本音名ではそれぞれの音名の前に「嬰(えい)」を付けて、

嬰ハ 嬰ニ 嬰ホ 嬰ヘ 嬰ト 嬰イ 嬰ロ 嬰ハ

と表記します。

ドイツ音名ではそれぞれの音の後ろに「is」を付けて、

Cis(チス) Dis(ディス) Eis(エイス) Fis(フィス) Gis(ギス) Ais(アイス) His(ヒス) Cis

と言います。

英語音名ではそれぞれの音の後ろ(っていうかほんとは右上)に「♯」記号そのものを付けて、

C♯ D♯ E♯ F♯ G♯ A♯ B♯ C♯

と表記します。



そして♭(フラット)が付くと、

日本音名ではそれぞれの音名の前に「変(へん)」を付けて、

変ハ 変ニ 変ホ 変ヘ 変ト 変イ 変ロ 変ハ

と表記します。

ドイツ音名ではそれぞれの音の後ろに「es」を付けて、

Ces(チェス) Des(デス) Es(エス) Fes(フェス) Ges(ゲス) As(アス) B(ベー) Ces

と言います。
「シ」の音、つまり「H(ハー)」の音が、「B(ベー)になるのが注意。

英語音名ではやはりそれぞれの音の後ろ(右上)に「♭」記号そのものを付けて、

C♭ D♭ E♭ F♭ G♭ A♭ B♭ C♭

と表記します。




うーんやっぱり全部書くとそこそこ大変ね。(汗)続くかしらこの企画・・・。
まあちょっとずつ、ポイント、ポイントだけ書いていきましょう。

ではまた〜!!







♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/11/02 (Thu) / 音楽理論 / comment(0)

大人になっても大丈夫!!っていうかみなさんスゴイ!!


今月から入会されたMさんという大人の女性の方は、子供の頃にピアノを習っていたことがある方で「数十年ぶりなんです」とおっしゃっていましたが、先日2回目のレッスンの時には、

「指が動かないかなー、両手別々に動くのかな、なんて思っていたんですけど、やってみると意外とできるものですね!思っていたより結構動くし、楽しいです♪」

とおっしゃっていました。

そうなんです!大人になってからでももちろん両手でピアノは弾けるし、そして弾いているうちにまたどんどん動いてきます♪

っていうか数ヶ月前から始められた80代の方もめちゃめちゃ上達されていてすごいんです!!レッスンで一緒にやったところよりどんどん先まで練習して下さっていて、私がビックリします。(笑)
いや〜もう毎回毎回、「私もまだまだもっとがんばらないと!!」と思わされますね。

最初に書いたMさんはちょっと遠い小美玉市から通って下さっています。
大人の方は結構遠くからも車で通って下さっている方がいます。今一番遠いのが茨城町の方ですね。片道1時間半だそうです!

あとは南だと守谷市、他には稲敷市とかかすみがうら市の方などなどいらっしゃいますが、遠くから来てくださってうれしいのと同時に、みなさんのピアノへの愛も感じて、やはり「私もがんばろう!」と力をいただきます。

そしてそろそろ発表会の曲に取り掛かる時期で、大人のみなさんも気合が入ってきましたよ〜♪
大人になるとそういう「目標」ができるのって、なんだかうれしいですよね☆
がんばりましょ〜!!




ところで。

三浦大知のダンスがスゴイ!!!



この間ネットで話題になっていたので観たらスゴイ!!
うまい!!ヤバイ!!カッコイイ!!!

一緒に踊っているダンサーの人たちも、ジャンルはいろいろだけど世界レベルのダンサーさん達らしいですよ。

そしてこれだけ超ハイレベルなダンスを踊りながら歌うとか!!!

ライブでも生歌らしいです。
このイベントでのライブもスゴイ!



こういう実力のある人にはどんどん活躍してほしいです!

最近私もダンサー目線で見るじゃないですかー。(え?笑)
まあちょっとダンスをやっているということで余計に「ダンスの表現力」というものにもとても魅力を感じます。
人間の体でこれだけの表現ができるなんて!!
もー超カッコイイ。
曲もカッコイイ♪

あ、今日もダンススクール行って来ましたよ。
相変わらずアタフタしてましたが(笑)いい運動になりました!
何より楽しい!!



あ!!!
もう一つ今日の報告です。
今日、初めて「胃カメラ」やってきましたー!!!

まあ、ちょっと胃炎気味だったけど特に問題はなかったみたいでした☆
よかったああ〜〜。
ちなみに鼻から入れるやつでやりましたけど、まあそれなりに痛かったり苦しかったりはしたけどあれくらいなら余裕っス。
検診は大事ですよね。




小さなグリーンネックレス買いました♪







♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/10/25 (Wed) / ピアノ教室日記 / comment(2)

なぜかカメレオン


おとといの夜ふと、「ふおお…カメレオンってなんてかわいいんだろう…」と思って、思わず絵を描いた。



シャーペン1本でスマホの画像見て。消しゴムとかも使わないんですわ。


子カメレオン。


かっ、かわいい。


そしたら何も言っていないのに今日久しぶりに会った友達が突然、

「ジョイフルにカメレオンいたんだよ!」

とカメレオンの写真をくれた。



なぜなのか!


と不思議な気持ちになりました。


そしてランチのデザートにはト音記号♪




2017/10/18 (Wed) / ひとりごと / comment(0)
前のページ home 次のページ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(06/05)
(06/04)
(05/30)
(05/29)
(05/29)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo