「ピアノのムシ」


「ピアノのムシ」


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E3%83%A0%E3%82%B7-1-%E8%8A%B3%E6%96%87%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E8%8D%92%E5%B7%9D%E4%B8%89%E5%96%9C%E5%A4%AB/dp/4832233777/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1493907961&sr=8-3&keywords=%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E3%83%A0%E3%82%B7



という調律師の漫画があることは知っていて読んでみたいなーと思っていたのですが、大人の生徒さんから「LINEマンガのアプリで今一部無料で読めるんです」と教えてもらったので読んでみました。

そしたらおもしろかったです♪コミックスでは今9巻まで出てるのかな?
おもしろかったので全部読みたくなって早速コミックスを全巻注文してしまいました☆

まだ一部しか読んでないのですが、設定やストーリーや主人公のキャラクターなどなどマンガとしてもおもしろいし、ピアノに関係のある人ならピアノという楽器のこと、調律のことなども興味深く読めるのではないかと思います。

調律師さんが主人公なんてマンガなかなかないと思うのでこれは貴重なのではないかな?もちろんマンガなのでいろんなことを誇張して表現していると思うし、そこまで詳しい専門的な内容というわけではないですが、それでもピアノが材質や作りや調整によって「音」や「タッチ(弾き心地)」が全然違うんだということがちょっと具体的に感じられるように思います。

ピアノという楽器について、そして調律、調整について、結構みんななかなか知る機会が無いんじゃないかなと思います。
私もうちのピアノの調律の時に調律師さんにいろいろお話を聞きながらその仕事を見ていると、勉強になることばかりだし、その作りの精巧さや調律師さんの職人としての腕や知識に感心してしまいます。

調律というと音を正しく合わせるだけだと思う人も多いかも知れませんが、実は音を合わせる以外のいろんなパーツの「調整」も非常に大事です。(「整調」)グランドピアノだと特に調整部分が多いので、調律の時間よりも調整の方が時間がかかります。(トークはさらに時間がかかってるという話も?笑)鍵盤部分から、弦を打つハンマー部分まで、そのアクション部分をいろいろ調節して行きます。ハンマーヘッド自体も調整することもあります。(「整音」)

もちろん弦の音の高さの合わせ方もただ機械的に数字を合わせるというものでもありません。ユニゾン(同じ高さ同士)の合わせ方やストレッチ(低音と高音の広げ方)の仕方などの調節具合によっても音が変わります。

うちのBluthnerというピアノは新品で買ったものですが、10年くらい使ってから違う調律師さんを探して今の調律師さんが初めていらした時には「今はこのピアノの本来の30%の力しか出ていませんね」と言われて、それからいろいろ調節していただいてとても音が変わりました。音が豊かな響きになりました。

まあピアノの先生もいろいろですけど、調律師さんもいろいろです。職人さんですからね。腕と知識とセンスでしょうねえ。メーカーの肩書きとかとは別の物ですね。いい調律師さんを探すのはなかなか難しいもんです。私は信頼できる調律師さんと出会えてラッキーでした☆

そんなわけで調律師さんのマンガ、ピアノを弾くみなさんにもオススメです♪私もコミックス届くのが楽しみです。




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/05/05 (Fri) / ピアノ日記 / comment(2)

先生も感動したの巻


この春大学生になったばかりのMちゃんは、この間レッスンに来たらずいぶんくたびれてるようだったのでどうしたのかなーと思っていたら、

「イベントに行ってきたぁー☆」

と言うので、

「え?なんの??」

と聞いたら、とある2人組の音楽ユニットのライブイベントに電車を3本乗って千葉市まで行って来たそう。Mちゃんはその人達の曲で好きな曲が一曲あって、Mちゃんのお友達はそのグループの熱烈なファンで、そのお友達とイベントに行って来たんだって。

それでそのイベントが楽しかったらしくて、そんな話を聞いていたら私も興味が湧いたので、

「え、ちょっと聴いてみていい?」

と、Mちゃんの好きな曲というのをYouTubeで探してその場で一緒に聴いてみました。

「すっごいいい曲なの」

と言うので聴いてみると、ノリノリな感じのアップテンポな疾走感溢れるバンドサウンドの曲でした。歌も上手。

「へえ〜、ノリノリで青春な感じだなあ♪」

と言いながら聴いていたら、隣のMちゃんが目を押さえて泣き出した!

「え!!ど、どうしたMちゃん!!今日のイベント思い出しちゃった!?」

とびっくりして聞いたら、うんうん、とMちゃんうなずいていて、

「そうかあ〜、よかったんだねイベント!」

とMちゃんの頭ポンポンしながら言ったらMちゃん赤いお目目で、

「いい曲だなあと思って・・・うぅ・・・」

とうるうるしていました。



み・・・・・


みずみずしい・・・・・(じーん)



な、なんてみずみずしいのだ・・・!!!
先生はキミのそのみずみずしい感性に感動した!
音楽に感動するキミに感動しました。

音楽に心震える体験というのは、人生の宝の一つではないかと思うのです。
でもうちにピアノを弾きに来ているみなさんは、大人も子供もみんな、そんな心を持ってピアノを弾いたり、音楽を聴いたりしているんじゃないかなと思っています。だから忙しくても大変でもみんながんばってレッスンに来て、おうちでも忙しい合間を縫ってピアノを弾くんじゃないかな。

そんなみなさんと一緒に音楽に触れる時間は私にとっても幸せな時間です♪




最近座椅子が気に入っているいちごちゃん♪


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/04/27 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(2)

アレクセイ・ゴルラッチ ピアノリサイタル


本日、つくばのノバホールにアレクセイ・ゴルラッチのピアノリサイタルに行ってまいりました!!



プログラムはこちら↓


よだれが出るようなショパン名曲集!!!
も〜〜ずっと楽しみにしてました!!

ゴルラッチくん(←気安い)の演奏会には5年前に行った事があって2回目です。
1988年ウクライナ生まれの彼は国際コンクールで数多くの受賞歴もあり、世界の数々のオーケストラとも共演し各国で演奏をしています。

いやあーー素晴らしかったです!!
ゴルラッチくんのショパン好きです。ピアニッシモの魔法のような美しさ、繊細なルバートのロマンティックな甘さ、知的なコントロールによる構成感、卓越した技術による圧巻の迫力、若さ溢れる瑞々しい感情表現、そして甘いだけじゃないショパンの品格や芸術性。

それらを存分に堪能させていただきました!!
どの曲も楽しかった!いやー大曲ももちろん感動だったけど、8曲あったマズルカもねえ〜どれもこれもなんて魅力的なんだろう!!とときめきながら聴いていました。チャーミングで甘くて繊細で切なく、生き生きと魅力的でした。こんな風にマズルカを弾きたい!

そうそう、第2部ではソナタの2番もありましたが、3月の発表会で私も1楽章を弾いたところだったのでとりわけ興味深く聴きましたねえ。さすがでした!素晴らしかったです。

アンコールも4回もしてくれて、やはりここもショパンで、プレリュードから2曲、エチュードからも2曲、10-1と10-4を弾いてくれました♪もう会場も大盛り上がりという感じでした☆そのたびにちょっとかわいらしさの残る素敵な笑顔で客席に挨拶してくれてこちらも思わず笑顔になるような、そんな素敵な演奏会でした。

うちの教室の大人の生徒さん達も来ましたが、みなさん終わったあと目をキラキラさせながら、「すごかったです〜!!」「いや〜よかったです!!」と興奮してました☆
ほんと楽しかったー♪♪♪
聴きに来た生徒さん達も素晴らしい経験ができてよかったなあーと思います。ピアノの演奏会を初めて聴いたという方もいましたし、これもまたこれからのピアノライフに良い影響となるのではないかと思います。

私も発表会のあとだいぶゆるゆるしていたので(笑)、またがんばろう!!とエネルギーをいただきました!

音楽は素晴らしい♪
ピアノは楽しいですね♪




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/04/23 (Sun) / コンサート / comment(2)

表現のテクニック:その5「いい音で鳴らす」


私はレッスンで「いい音」という言葉をよく使います♪

「このキレイなメロディーをもっと『いい音』で弾こうよ!」
「5の指の音がかすれ気味だから『いい音』になるように重心を5に乗せよう」
「ここはフォルテだけどただ『強い』んじゃなくて豊かな『いい音』にしよう」

ピアノは管楽器や弦楽器と違って鍵盤を押せばとりあえず音は鳴らせますが、やはり「いい音」と「そうでない音」とは大きな違いがあります。

「同じピアノなのに先生が弾くと音が違いますね!」と言われたりしますが、やはりコツがあります。


大人でピアノを始めたTくんというお兄さんのある時のレッスンで、

「じゃあ一通り譜読み出来たところで、この曲とりあえず、一つ一つの音を全部フォルテで鳴らして弾いて行こう!」

と言うと、

「え、でもこの曲静かな曲ですよね?なんかイメージが違う気がしますけど・・・」

と戸惑っていました。


「そう!最終的には静かでキレイな表現にして行くけど、まずは『いい音』にするために『鳴らす』練習をして行こう。」

「『鳴らす』ですか?」

Tくんは家では電子ピアノということもあってこの時はまだちゃんと鳴らせていませんでした。


そして学生の時はずっと野球を本格的にやっていたというTくんに、

「そう、ピアノをちゃんと『鳴らす』にはね、ジャストミートさせることなの!」

「ジャストミート!?」

「そう!!芯で捉えて、そして振り抜くの!!(←バットでボールを打つ動きをしながら)」

「おおっ!!」

「それができてから強弱はちゃんとやるよ♪」

「ジャストミートできてから左右に打ち分けるんですね!?」

「そうそう。(笑)それでね、ジャストミートしてちゃんと鳴らせていれば例えばP(ピアノ)で弱く弾いてもかすれたような音じゃなくてちゃんとポーンと遠くまで通る響きのいい音になるんだ。野球もそうじゃない?ちゃんとジャストミートしてたら力まなくてもボールが飛ぶんじゃない?」

「そうです!!なんでわかるんですか!?」

「わかる!!やったことないけど!!」


「あのね、具体的に言うとね、『いい音で鳴らす』って、ハンマーが弦を打つまで加速したままで減速しないで打つのがコツなんだ。」

「ほおー。」

「なので鍵盤の表面の方じゃなくて底までストンと打つイメージで弾いてみよう。
野球でもボールに当たるところまで振るんじゃなくて、最後まで振り抜け!!って言うでしょ?あれは加速したままボールを打つってことでしょ?」

「そうですっ!!なんで分かるんですか!!」

「わかる!!やったことないけど!!(笑)」


「だからね、指の関節がフニャフニャしてしっかり支えられていないと鍵盤に当たった時や途中でクッションになって打鍵のスピードが減速しちゃうから、指はしっかり支えていないといけないの。」

「なるほど。」

「じゃあゆっくりでいいから一つ一つまずはしっかり『鳴らす』意識で弾いてみよう。」

「はい!」


「あ、それだと軽過ぎるな。一つ一つ、指先に重みを乗せるように弾いてみよう。」

「重み??」

「うん、じゃないと打鍵する時に鍵盤の『抵抗』に指が負けて減速しちゃうのよ。野球でもさ、打つ時に体重を乗せろって言われない?」

「そうです!!言われます!!なんで分かるんですかー!!」

「わかる!!やったことないけど!!(笑)」


「あ、なんか『鳴らす』って感じが分かってきたような気がします。」

「そうそう♪ 鳴らせてきたね!いい音になってきたよ。音に『芯』があって、『響き』があるね。」

「あーなんか気持ちいいですねえ♪」


ってな感じで『いい音』を鳴らすレッスンでコツをつかんで、この間の発表会では初めてながらみなさんに「音がきれいでしたね〜!」と大好評でした♪
電子ピアノの人でもレッスンでやっていけばちゃんとコツが掴めるようになりますよ♪

芯があって響きのある「いい音」を一度鳴らせるようになると耳がそれを快感として覚えるので、あとは自然に自分で自分の音を聴きながらそういう音を鳴らすようになってきます。子供もそうですね。
そして慣れてくるとだんだん無駄な力も抜けて楽に鳴らせるようにもなってきます。

「打つ」って言うとちょっと乱暴なイメージに聞こえるかもしれませんが、実際にピアノの発音の仕組みとしてはもちろん完全にハンマーが弦を「打って」鳴らすわけで、それをいかにコントロールして行くか、それに尽きるわけです。

このやり取りの中で出て来た、野球でジャストミートさせるイメージを取り入れてみるのも一つのヒントになるかと思います♪

そして、これは基本の「いい音をしっかり鳴らす」というレッスンでしたが、ほかにやわらかい音のタッチや軽い音のタッチなど、様々なタッチの仕方がありますね。


 ♪ カテゴリー「表現のテクニック」 ♪
  その1「基本編」
  その2「聴き分ける」
  その3「ペダル」
  その4「転調」



こちら土浦市のゆるキャラ「つちまるくん」のぬいぐるみストラップ↓



北海道に引っ越す友達に「これ見て土浦を思い出してね!」とプレゼントして、おそろいで自分のも買いました。
つちまるくんに愛着が湧いてきた今日この頃。
なんとつちまるくんのLINEスタンプもあるよ☆
私はスタンプ二種類ともゲット済みです。


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/04/19 (Wed) / 表現のテクニック / comment(2)

Chopin Sonata No.2 Op.35


えーこの間の発表会で弾いたショパンの2番のソナタの1楽章ですが、私の唯一のピアノの先生をしている友人の家で前に弾いた時の録画があったので載せておきます☆



はい、まあいろいろありますが精進します。(汗)
そしてそしてフォルテでめちゃマイクの音が割れててすみません。

しかし広くてなんて素敵なお部屋・・・!!
うちのレッスン室は「極狭」です、「極狭」。
すみません。(汗)


さてこちらは土浦の広報誌かなにかに載っていた今年の「かすマラ川柳」。


「かすマラ」とは「かすみがうらマラソン」ですね。今度の日曜日だったかな?
もちろん私には縁のないイベントです、ハイ。

今年もクオリティーが高い!

最優秀作品:
 「君の名は?」 声掛けてぇけど 追っつげねぇ・・・(汗)

ごじゃっぺ部門の優秀作品も名作揃いですね。

 女子ランナー 見どれで田んぼに うんのまる
 筋肉痛? 知んねどそーた 先のこと

茨城弁がうまく使われていてほっこりしてノスタルジーを感じます。(笑)
「うんのまる」とかたまらないですね!

お天気いいといいですねえ♪



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/04/13 (Thu) / ピアノ日記 / comment(0)
前のページ home 次のページ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(07/21)
(07/20)
(07/13)
(07/13)
(07/05)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo