茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
2017/05月
≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06月≫
[1] [2] [3] [4] [5] [6

先日の記事で「ピアノのムシ」という調律師さんのマンガのことを書きましたが、その後コミックスを全部買って読みました☆
この間の記事では、そんなに専門的というわけではないけどと書いたけど、いやいやかなり専門的な話がいろいろ出て来ておもしろかったです。

例えば「巻き線職人」の話とか!
ピアノの弦って、低い方の音の弦は芯になっている線の周りにコイルみたいにもう一本の巻き弦をくりくりくりくり〜って巻いてあるのです。

そのくりくりくりくり〜って巻く職人さんがいるのですよね。そんなマニアックな内容がマンガになっててビックリしました。(笑)


伝説の巻き線!!「政宗」!!



そうそうこんなふうに巻くの。


私本物の(?)巻き線職人さんが巻き線巻いてる所見た事あるんです。
しかもあの名高いベーゼンドルファー(Bösendorfer)のウィーンの工房でです!!

まだ20代の頃でしたけど、ウィーンのベーゼンの工房に行ったことがあるのですよ。なかなか貴重な体験でしょ?その頃お世話になっていた調律師さんに連れてってもらったのです。


これはそこの地下かなんかのお部屋にあった昔のベーゼンドルファー。
と20代のワタシ。(遠い目)


これも。


いやー工房の中でいろんなお仕事をしているたくさんの職人さん達がいらっしゃって、その中に巻き線巻いている方もいました。
その時まで巻き線って手で巻くって知らなかったから(機械で巻くものもあります)、「ええ〜っ!!手で巻くの!?」とビックリしました。
良い楽器ってそういう熟練の職人さんの手間ひまが至る所にかかっているので、まあ高くてもしょうがないよなあと思います。

ちなみにその工房を見学したあと、ベーゼンのなんと社長さんとランチをさせていただきまして、社長さんに「ウィンナーシュニッツェル(ウィーン名物の子牛のカツレツ料理)とポテトでいい?」と聞かれて、食の細い私は(絶対食べきれない!)と思って「ポテトは無しでシュニッツェルだけでいいです」と言ったら、大きなお皿一面にはみ出すくらいの特大のシュニッツェルがでーん!!と乗って出て来て(いや、そうじゃないんだけど・・・汗)と思ったのを思い出します。

そんなわけでかなりマニアックなピアノネタが出て来る「ピアノのムシ」、おもしろかったです。
ピアノネタの他に、楽器屋業界や調律師業界、ピアノ教室業界の裏話的な話もいろいろ出て来て、フィクションと言えども「ええ〜っ、そんな話まで描いちゃっていいの〜!?」と思ったりしてそういうのもなかなかおもしろいです。(笑)まあ私は一匹狼なんで、そういう業界のなんやかやとは縁が無く、気楽なもんですわ〜。
続きも楽しみだなー♪




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

「ピアノのムシ」


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E3%83%A0%E3%82%B7-1-%E8%8A%B3%E6%96%87%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E8%8D%92%E5%B7%9D%E4%B8%89%E5%96%9C%E5%A4%AB/dp/4832233777/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1493907961&sr=8-3&keywords=%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E3%83%A0%E3%82%B7



という調律師の漫画があることは知っていて読んでみたいなーと思っていたのですが、大人の生徒さんから「LINEマンガのアプリで今一部無料で読めるんです」と教えてもらったので読んでみました。

そしたらおもしろかったです♪コミックスでは今9巻まで出てるのかな?
おもしろかったので全部読みたくなって早速コミックスを全巻注文してしまいました☆

まだ一部しか読んでないのですが、設定やストーリーや主人公のキャラクターなどなどマンガとしてもおもしろいし、ピアノに関係のある人ならピアノという楽器のこと、調律のことなども興味深く読めるのではないかと思います。

調律師さんが主人公なんてマンガなかなかないと思うのでこれは貴重なのではないかな?もちろんマンガなのでいろんなことを誇張して表現していると思うし、そこまで詳しい専門的な内容というわけではないですが、それでもピアノが材質や作りや調整によって「音」や「タッチ(弾き心地)」が全然違うんだということがちょっと具体的に感じられるように思います。

ピアノという楽器について、そして調律、調整について、結構みんななかなか知る機会が無いんじゃないかなと思います。
私もうちのピアノの調律の時に調律師さんにいろいろお話を聞きながらその仕事を見ていると、勉強になることばかりだし、その作りの精巧さや調律師さんの職人としての腕や知識に感心してしまいます。

調律というと音を正しく合わせるだけだと思う人も多いかも知れませんが、実は音を合わせる以外のいろんなパーツの「調整」も非常に大事です。(「整調」)グランドピアノだと特に調整部分が多いので、調律の時間よりも調整の方が時間がかかります。(トークはさらに時間がかかってるという話も?笑)鍵盤部分から、弦を打つハンマー部分まで、そのアクション部分をいろいろ調節して行きます。ハンマーヘッド自体も調整することもあります。(「整音」)

もちろん弦の音の高さの合わせ方もただ機械的に数字を合わせるというものでもありません。ユニゾン(同じ高さ同士)の合わせ方やストレッチ(低音と高音の広げ方)の仕方などの調節具合によっても音が変わります。

うちのBluthnerというピアノは新品で買ったものですが、10年くらい使ってから違う調律師さんを探して今の調律師さんが初めていらした時には「今はこのピアノの本来の30%の力しか出ていませんね」と言われて、それからいろいろ調節していただいてとても音が変わりました。音が豊かな響きになりました。

まあピアノの先生もいろいろですけど、調律師さんもいろいろです。職人さんですからね。腕と知識とセンスでしょうねえ。メーカーの肩書きとかとは別の物ですね。いい調律師さんを探すのはなかなか難しいもんです。私は信頼できる調律師さんと出会えてラッキーでした☆

そんなわけで調律師さんのマンガ、ピアノを弾くみなさんにもオススメです♪私もコミックス届くのが楽しみです。




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

えーこの間の発表会で弾いたショパンの2番のソナタの1楽章ですが、私の唯一のピアノの先生をしている友人の家で前に弾いた時の録画があったので載せておきます☆



はい、まあいろいろありますが精進します。(汗)
そしてそしてフォルテでめちゃマイクの音が割れててすみません。

しかし広くてなんて素敵なお部屋・・・!!
うちのレッスン室は「極狭」です、「極狭」。
すみません。(汗)


さてこちらは土浦の広報誌かなにかに載っていた今年の「かすマラ川柳」。


「かすマラ」とは「かすみがうらマラソン」ですね。今度の日曜日だったかな?
もちろん私には縁のないイベントです、ハイ。

今年もクオリティーが高い!

最優秀作品:
 「君の名は?」 声掛けてぇけど 追っつげねぇ・・・(汗)

ごじゃっぺ部門の優秀作品も名作揃いですね。

 女子ランナー 見どれで田んぼに うんのまる
 筋肉痛? 知んねどそーた 先のこと

茨城弁がうまく使われていてほっこりしてノスタルジーを感じます。(笑)
「うんのまる」とかたまらないですね!

お天気いいといいですねえ♪



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

「あれ・・・家ではもっと弾けたんですけど・・・(汗)」

とレッスンの時に大人の生徒のみなさんけっこうおっしゃったりします。


安心して下さい!

先生も同じですよ!!(汗)


日曜日に新宿のN先生のお宅にレッスンに行って来たのですが、さすがに立場的に声には出さないもののやはり心の中で(あれっ・・・もうちょっと弾けてたんだけどな・・・汗)と思いながら弾いていました。

弾き込んで行くとだんだんそのギャップは少なくなっていきますが、まだ弾き込めてない曲はやはりレッスンで(あれっ・・・!?)ってなりますね☆
(生徒のみんなとおなじやー)と心の中で自分でちょっとクスっと笑ってしまいました。
いや笑ってる場合じゃないけど。(笑)


あと大人の方で子供の頃にピアノを習っていた経験のある方はよく、

「子供の頃はあんまり思わなかったけど、大人になってやるとピアノ楽しいですねえ〜♪」

とおっしゃいますね。


わかります!!

先生もそうですよ!!


いや〜楽しいなあ〜〜♪
まあ子供の頃とか学生の頃は自分でやる課題を決められるわけではないし、やらなければならないものがたくさんあったし試験があるからしごかれたりするし、やはり専門の道を進むということは楽しいばかりではないですものね。

今は自分で考えて自分で選んで曲に取り組んでいるので、より楽しいです♪
そしてN先生のレッスンを受けるのが本当に楽しいです。

先生のお話を聞いて、先生の演奏を目の前で聴いて、そうして自分のもっともっと上の世界というものを直接肌で感じることができるというのはワクワクして感動します!
音楽の素晴らしさが心にビンビン来るこの感覚が今の楽しさにつながっているのだと思います。

なので自分も生徒のみなさんにビンビン来るレッスンをしたいなーと思っています!
そのためにはより知識と理解を深めて、そして自分がビンビン来る演奏をしてみなさんにビンビン感じてもらえるようさらに勉強して行きたいと思います♪♪♪



先日ですね、つくばにある植物園に行って来ました。

国立科学博物館 筑波実験植物園

まあとくに植物に興味があるわけではなかったんですけどね、


行ってみたらまあ大興奮ですわ!!!(ムホムホ!!)

「なにこれ!!すごい!!」
「なにこれ!!かっこいい!!!」
「なにこれ〜〜かわいい〜〜〜♪」
「でかっ!!ちょーでかっ!!!」
「うっわヤバイまじヤバイ!!」

とか言いながら歩き回りました。



でかキノコ!!


でかトゲトゲ!!


ビューティフルトゲトゲ!!


アンリ・ルソー的な!!


超アンリ・ルソー的な!!


バナナなってるの!!
先っぽかっこいい!!


ウツボカズラ的な!!
ああああ食虫植物かっこいい〜〜!!!


ショクダイオオコンニャクの模型!!
大きさといいそのフォルムといい色といい臭いところといい、その存在自体がファンタジー!!!


なんて美しい水草!!


さすが国立、ディスプレイも素晴らしい。


もうアート。


屋外も広くて素晴らしい施設なのだ。

こんなに植物で興奮できるとは思わなかった!!
また行きたいです。
オススメです♪



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

Nくんというお兄ちゃんはレッスンの時に「応援団!」と言って大好きなAKB(正確にはNMB)の雑誌の切り抜きを楽譜の横に並べて、ニコニコうれしそうにピアノを弾いたりする。

それを見て、ならば私も、と思い、練習の時に大好きな絵(イラスト)を置いてみた。





ほう。

これはなかなかいいぞ?
なんか部屋に閉じこもって真っ黒なピアノに一人向かって黙々と練習していつのまにか精神的に追い詰められて行くようなそんな時に(笑)、大好きな世界が目の端に入るだけで・・・・・


いやされる・・・・・(ほんわか♪)


そうかーこりゃいいなーよかったらみなさんも試してみては♪


ちなみにこのイラストはクラウス・ハーパニエミという人のイラストで、この伊勢丹のクリスマスのシリーズのムービーが超ウルトラステキなんです!!!



めちゃめちゃときめく!!!!!

関連動画に他の年のムービーもあると思いますが、どれもステキ!!!
ずっと見ていたい!!!

このかわいらしくてユーモラスで、でもミステリアスでちょっぴり不気味なファンタジーの世界が、今回私が発表会で弾くラヴェルのソナチネの特に2楽章にぴったりの雰囲気な気がして、もうすっかりハーパニエミのイメージで弾いています。

あ、でもこのムービー自体の音楽もかなりステキ。
と思って調べたら「GUTEVOLK」というソロユニットで、なんと竹村延和のレーベルからデビューしていて、Wikiで「共同作業者:竹村延和」とも書いてある!!
そりゃステキなはずじゃ!!
えらいこっちゃ!!

GUTEVOLKのサイトだけでもときめくわ。
→こちら(スマホでは見られないかも)

さっそくアルバムぽちっちゃったわ。

竹村延和のこれのアルバムとかめちゃ聴いたなあ〜〜懐かしいなあ〜〜。



今聴いてもときめくなあ。
しかしすごいムービーだな…当時音でしか知らなかったから…。とんがってんなー。(汗)

そんな感じで今日もときめいている先生ですが、もう明日は発表会のリハーサルです。(こんな脱線している場合か?)
みんながんばろー!!


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(05/27)
(05/26)
(05/14)
(05/13)
(05/05)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety