茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ

茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
HOME  >  new  >  現在のページ  >  old
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

私の先生。神です。 


私は現在クラシックとジャズのレッスンに通っていますが、どちらのレッスンもとても素晴らしい先生なので、レッスンを受けることはもちろん!もちろんとてもありがたく勉強になりますが、その道のプロの先生方と「音楽」の話をできることも私にとってとても楽しみなことです。

だっていつも誰かと音楽の話をしたいんだもん〜!!
それがさらに!レベルの高い先生方のお話を聞けるということはいつもワクワクする体験なのであります。

このあいだの日曜日は東京のN先生のところにレッスンに行ってきたのですが、N先生の芸大の時の先生で日本クラシック界の偉大なる功労者であるピアニスト、安川加寿子先生のレッスンのお話や、フランスにいた時に受けたペルル・ミュテールのレッスンのお話など、もう神!!!のような方々のお話は聞いているだけで大興奮ですっ!!


ぺっっ、ペペペペペペルルルミュテール!!!!!

きゃーっ!!!!!!!!



ペルル・ミュテールなんて、ラヴェルの直弟子ですからねえ!!!世界的大ピアニストですよ!!

さすがN先生・・・・・すごすぎます・・・・・

なのに・・・こんなに練習の足りてない私で申し訳ないことこの上ないことでございます・・・・・(汗)


あとですね、N先生とお話していて、私が以前このブログでもその記事を書いた映画「セッション」の話になりまして(ブログ→こちら)、N先生が、
「あの映画おもしろいねー!!」
とおっしゃってて、あ、やっぱり!と思ってうれしかったです☆

あの映画、私は映画館で観て、
「おもしろかったー!!もう一回観たい!!」
と思ったのですが、うちの大人の生徒さんやジャズ教室の他の生徒のみなさんに聞くと誰もが、
「う〜ん、すごかったけど・・・なんか苦しかった・・・」「観ててつらかった・・・」
というような感想だったのですよ。

なので、N先生に、
「私もすごいおもしろかったんですけど、他の人はみんな ↑
って言うんですよ。」
と言ったら、
「え?そうなの?なんで?」
みたいな感じでした。(笑)

「クラシックの人だとあの厳しい感じも割と普通じゃないですか」
「まあそうだよね(笑)」
「むしろ、『怒鳴ってくれた方が楽なのに』とか『殴られた方が楽なのに』みたいなことありますよね(笑)」
「まあぼくらの世界だと、先生に『いいんじゃない?(にっこり)』って言われるのは見放されてるってことだからねえ」
「ですよね」

とN先生と意見が合ってよかった☆
さらにN先生、

「あの先生(←「セッション」の)、いい先生なのにね」

とおっしゃっていて(さすがだな)と思いました。(笑)

「だって見込みのある生徒だからあそこまでするわけじゃない?」

とのこと。

そうなんですよね、トップを目指すってちょっとハンパじゃないですよね。


でもそうは言っても、クラシックの世界だとあの映画みたいな汚い言葉でプレッシャーをかけたり暴力的だったりというのはないと思います。
でもさ、考えてみて??汚い言葉で怒鳴られるのと、きれいな言葉であのレベルのプレッシャーをかけられるのと、本当に怖いのはどっちだと思う?(笑)


あ、でもN先生はいつもこんなゆるい私のことも広〜〜いお心で受け入れて下さいます。そして導いて下さいます。神です。いつもいつも感謝と尊敬しかありません。

っていうか、次回こそもっと弾けるようにしてから行きます。(汗)


レッスン帰りのコーヒータイム♪






♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

燃えるんですよ、血が。 

私はレッスンの時、とくに大人の生徒さんのレッスンの時には、曲を弾いてもらったあとに感想を言って、それから必ず、

「今何か気になるところとか弾きづらいところなどはないですか?」

と聞きます。

するとみなさんそれぞれその時によって、

「ん〜今はとくにないです」

と言う時もあるし、

「ここの指使いがどうしたらいいかと思って・・・」

とか、

「ここがなめらかにならなくて・・・」

とか、

「このアクセントを出そうとするとこっちも大きくなっちゃうんです〜」

とか、

「ここはもっと軽い感じで弾きたいんですけどなんか重くなっちゃうんですよね」

とか、

「ここの強弱はどんな感じにしたらいいでしょうか」

などなど、練習の時に気になったこととかレッスンで思ったことなど、具体的にいろいろと聞いてくれます♪


おまかせください!!!

どんなお悩みにも全て対応いたします!!!



ということでですね(笑)、先生はどんな質問にもお答えしてます。


毎回毎回ウザいくらいに(笑)「気になることはないですか?」と聞くのはですね、「聞きづらい雰囲気」を絶対に作りたくないからです。そして、どんなことも一緒に解決します!テクニック的なこともその場で説明して練習して、解決法と、家での練習法を伝えます。

私が習っていた時は先生に何か聞ける雰囲気じゃない先生もいた。聞きたいことがあっても。
(今レッスンしていただいている先生は何でも聞けるし相談できます。)だから、私のレッスンでは何でも聞けて、何でも相談できるレッスンにしたいと思っています。

毎回のレッスンで一つでも、
「今日はこれができるようになった!」
とか、
「今日はこれが分かった!」
とか、
「前よりここが良くなった気がする♪」
とか、
「気持ちよく表現できたな〜♪」
って、プラスの物を持ち帰ってもらいたいなと思ってレッスンしてます。大人でも子どもでもね。

それにね、燃えるんですよ。「教え好き」の血が。(笑)
「ここどうしたらいいですか〜?」と聞かれると、「おっしゃーまかせとけ!!(メラメラ!)」って燃えるんですわ。

なのでみなさんドシドシ聞いてくださいね〜♪



はいこちら、今日の練習のオトモはコーヒーとハッピーターン。

(ほぼ残骸やん…)

練習におやつは必須じゃないですか。ええ。
まあコーヒーは常に飲みますけど、おやつはいろいろ・・・でもほとんどは甘い物。特に私は「小麦粉」が好きなので、焼き菓子系が多いかな。でも洋菓子も和菓子もスキ♪

ハッピーターンはですね、あまり普段食べたことなかったんだけど、この間テレビでハッピーターンの企業努力みたいなことやってて興味が湧いたので食べてみました。
ほほー!なるほど、なんか昔食べたおぼろげな印象ではもっとぼんやりした?味の印象だったけど、味がくっきりして後を引くおいしさになってましたね。

さすがロングセラー!



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

「練習したよスタンプ」 


小学3年生のお兄ちゃんと1年生の弟くんの兄弟、そうだなあ、二ヶ月くらい前からかなあ?おうちで練習したら「練習したよスタンプ」を押すということにして、今も継続中です。

弟くん↓


お兄ちゃん↓


水色の小さいのがスタンプで、これは妖怪ウォッチスタンプです。分かりづらいけど。(笑)
自分で次の1週間分のスタンプを押す枠?みたいなのを書いて、練習したらそこに毎日1コずつスタンプを押します。

最初はただの四角いマスを作ってそこに押してたんだけど、だんだんそれがニャンコの形になったりクマさんの形になり、恐竜だか怪獣の形になり、毎週変化しています。2人とも絵を描くのが好きだから、それも楽しいみたい。

この「練習したよスタンプ」方式にしてから、お泊まり以外は毎日練習しているみたいです!
すごい!!

ママは「毎日やるのはやるんですけど、なにしろ時間が短くて先生に申し訳なくて・・・」とおっしゃっていましたが、いやいや!短い時間でも毎日続けることは素晴らしい!!

そしたら最近その積み重ねの成果が出てきましたね〜。譜読みの力が前より確実にアップしているし、音も自然と芯のあるしっかりとしたいい音になってきました!私何も言ってないのに!

そうすると本人もどんどん弾けて楽しくなってくるし、自信も付いてきますよね。

ほかの小さい子のおうちでも、練習したらカレンダーやノートにシールを貼ることにしているおうちもあったり、工夫してがんばってくれています♪
シールとかスタンプとか、大人から見れば「そんなもので?」と思うものでも、子供たちにとっては張り合いになったりしますね。

っていうか、大人のみなさんもシールやスタンプ、やってみては!?がんばったのが目に見えるのって思っている以上に張り合いになりますよ♪

長いピアノライフ、子供は特にモチベーションにも波があるものだと思いますが、シールでもスタンプでも使えるものはなんでも使って(笑)、まあ時にはちょっぴりさぼったりしながらも長く、楽しく続けてもらいたいですね♪


夏休みにポケモンセンターで買ってもらったというお気に入りのポケモンのぬいぐるみも持ってきて見せてくれたよ!

えーと左が「キテルグマ」で右が「ナッシー」だったかな?



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

表現のテクニック:その6「和音になっているメロディーを浮き立たせて弾く」 


右手のメロディーが和音になってることってよくありますよね。
そしてその和音の一番上の音、トップの音がメロディーの音で、下の音はそのハーモニーになるわけですね。

和音になっているメロディーを弾く時、和音の中のバランスを調整して、トップのメロディーの音を浮き立たせて弾きたい。

昨日大人のお姉さん、Nちゃんのレッスンでその場面がありました。


「和音の上の音を浮き立たせて聴かせたいという時、トップの音を大きく出して下の音を下げるという『音量の差をつける』という要素と、トップの音をくっきりとさせるという『音質を変える』という要素があるよ。

具体的に説明すると、『重さ』と、あとは『打鍵スピード』。この2つのコンビネーションを使う。

どちらかだけっていうことでもないんだけど、その時に応じて2つのミックスだね。

音量差をつけるには、トップの音に重さを多く乗せて、下のハーモニーの音は一番下まで押さないくらいのイメージで軽く弾く。最初やりづらいけど、ちょっと極端に差をつけて練習すると慣れてきて調節できるようになるよ♪

トップの音をくっきりさせるには打鍵スピードを意識する。その時大事なのはこの指先。ここの関節が硬くないとダメ。ここがやわらかいとクッションになってスピードが落ちちゃうんだ。音がソフトになっちゃう。

pやppの部分で、音量は出したくないんだけどトップのメロディーの音だけポーンと浮き立たせてきれいに響かせたい時は、重さをかけないで、でも硬く支えた指先でかるく、スピードを乗せて弾くと・・・ね?きれいに浮き立つでしょ?」

「おおお〜〜・・・!」

「で、音量を出したいこっちの部分では、それに重さをプラスするとほら♪ グッと音量感が出るでしょ」

「おおお〜〜〜、ほんとですねえ!」

と、その違いを表現することができます♪

Nちゃんも最初は「む、難しいですね!」と言っていましたが、何度か練習しているうちにレッスンの間でもだんだんコツをつかめてきました♪


ということで、和音になっているメロディーを出したい場合、『重さ』と『打鍵スピード』、この2つをうまく使って、ピアノのところでもフォルテのところでも美しく浮き立たせて弾いてください♪


 ♪ カテゴリー「表現のテクニック」 ♪
  その1「基本編」
  その2「聴き分ける」
  その3「ペダル」
  その4「転調」
  その5「いい音で鳴らす」




こちらいちご専用ベッドです☆


いちご用枕もあるよ↑





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


5歳女子! 


「せんせい、ぷれぜんとあげる♪」

と5歳のMちゃんがくれたのは、

「ほうせき!!」



「ええ!!こんな大きくてきれいな宝石、もったいないからいいよ〜!先生見せてもらっただけでうれしいから!」

と言ったら、

「ううん、Mね、たくさんもってるからいいの。これはせんせいにあげる♪ママにはないしょだよ☆」

とのことで、

「いいの?じゃあ、ありがとう♪先生大事にするね」

と、いただくことにしました。

女の子はこんなに小さくても「ほうせき」が大好きなのよ〜〜。
世の男性のみなさま、女性が「ほうせき」が好きなのはどうやらDNAにそう組み込まれちゃってるみたいだから、そこのところよろしくです♪(笑)


Mちゃんはいろいろな言葉を覚えてきてはちょいちょい会話に入れてくるのでおもしろいです。

ちょっと前はレッスンで丸をもらうと、

「よお〜し!これでみっしょんくりあ!!じゃあふぁいるにしるししとくからね!」

と言って何やら一生懸命書き込むふりをしていました。

最近は、

「Mちゃん、この曲はどうだった?これは難しかったんじゃない?」

と聞くと、

「これは〜むずかしかったでしょうかむずかしくなかったでしょうか!?

せいかいはしーえむのあとで!

とか(笑)、

せいかいはばんぐみのこうはんで!!

とか引っ張ります。(笑)

女の子はおしゃまなところがおもしろいですね☆


Mちゃんピアノもちゃんと毎回練習してきてどんどん進んでいます!成長してるなあ♪




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

最新CM

(11/02)
(11/01)
(10/16)
(10/16)
(10/14)

ブログ内検索

バーコード

最新TB

カウンター

アクセス解析

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
Copyright © 茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze