茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ

茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!

カテゴリー「ピアノ教室日記」の記事一覧

音楽はコミュニケーションなんだ


お正月もあっという間に過ぎ、子供達の冬休みもそろそろ終わりですねー。

私は4日の金曜日からレッスンが始まって2日間やったんですが、年末年始で一週間弱の連休が明けてレッスンしたらめっちゃ楽しくて、

「うっひょー!!音楽たっのしー!!!ひゃっはー!!」

ってなって(どんなキャラ?笑)、いやー、私音楽好きなんだなーと改めて思った仕事始めでした。


っていうか、音楽が好きかどうかとか普段考えることすらないんですよ。だってずっと音楽ばっかりやってるから。当たり前すぎるっていうか。

でもねえなんだかふと、「私音楽好きなんだなあー」とひとごとみたいに気が付きました。


これがまた今ちょうど、みんな発表会の曲の苦しい譜読みを乗り越えだんだん弾けるようになってきて、いろんな表現をどんどんレッスンでやっていくところだから面白くて仕方ないんですよ。


「ここ!!この山場に向けて盛り上げたいよね!?だからここでいったん音量を下げて、そしてこうして左手の低音もググッと出して行ってだんだんこう両手でふくらませて・・・そしてここで!!ドーン!!どう!?かっこいいでしょ!?グッとくるっしょ!?」

「ここ!!この和音で『キュン♡』とくるじゃない!?だからここで丁寧にやさしく、そっと弾いて・・・で、この透明感!これ!を出すのに高音はキラっとくっきりさせて、この和音はぴったり!ぴったりそろえると・・・んね??この透明感!美しい!!これでキュン♡」

「ここのリズム。これがかっこいいじゃない!?これね、この左手のここにアクセント付けるとグッ!とかっこよくなるよ!こうしてダダツッダン!ツタッタツタッターン!!んね!?やっぱこうでしょ♪」

とかって、実際に弾いて聴かせながら説明します。説明している先生がだいたいいつも興奮気味です。(笑)


でもそうやってどーん!!とかバーン!とかキュン♡とか弾いて聴かせると、子供達も、おお〜っ!て顔しながらキラキラニヤニヤして、そのあと弾くと表現が変わってる。

私はレッスンでどんどん弾いて聴かせて、おお〜っ!!って生徒をときめかせるのがめちゃ好きです。「おお〜かっこいい!!こんなふうにやってみたい!!」って思わせるのが私の仕事の一つだと思っています。


でもね、最近ね、仕事っていうんじゃなくて、単純に音楽で、演奏でこうやって相手の心を動かすのが楽しいっていうか、それが好きなんだなと考えるようになりました。

私ずぅぅーーーっと、なんなんだろう、音楽って。って思ってたんです。

それが、どうやらこうやって音で相手になにか伝えて心が動くのが音楽の楽しさ、魅力で、それってつまり、コミュニケーションなんじゃないかなと改めて思うようになりました。


ふむ。

「これ、好きなんだよねー」
「あー超わかるー!私もこれ好き!」
「ほんとー!うれしい!!超いいよね!!」

みたいなことってなんでもあるじゃないですか。音楽でも漫画でも本でも映画でも食べ物でも場所でも人でも。
この「共感」、それも「ときめき」とか「感動」とかの共感。
そういうものなんじゃないかな。

私はレッスンでもステージでもクラシックでもジャズでも、ピアノを弾く時はいつも自分の感じる心のときめきを伝えたいと思って弾くし、今発表会のステージで自分の選んだ曲を弾く時を思い描きながらがんばって練習している生徒のみんなもきっとそう思っているんじゃないかなと思います。


音楽は、心の中の、奥の方にある心の、コミュニケーションなんだよ。


たくさんのときめきを共有できるように、発表会に向けてがんばりましょうー♪




いただいた黄色のポインセチア♪
見ると元気が出ます!





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


かわいい応援団


子どもの生徒たちはレッスンに自分のお気に入りのものを持ってきて見せてくれることがけっこうあります。

小さい子はお気に入りのぬいぐるみやお人形を連れてくることもよくあります。

私はそのぬいぐるみさんたちを「応援団」と呼んでいます。(笑)



かわいい応援団たち。



応援団はこんなふうにレッスンのあいだお昼寝しながら待っていることもあるし



こんなふうに楽譜の横で応援してくれていることも!



コダックも!!



このポケモンたちは男の子の兄弟が持ってきてくれたよ。



かわいい♪
私もなごみますね〜。





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

先生は涙もろい


昨日のレッスンで20代のAちゃんというおねえさんと話していた時のことです。

Aちゃん「このあいだお姉ちゃんと話してたらお姉ちゃんに、『子供の頃ピアノ習っていた時はいつも先生に怒られるって言ってたよねー』って言われて」

私「そっかあー・・」

Aちゃん「そしたらお姉ちゃんに、『でも今はピアノから帰ってくるといつも元気だよね』って言われました♪」

ってすごくいい笑顔で言ってくれたものだから、思わずホロリと涙が出てしまいました。


Aちゃん「わあ〜〜先生!泣かないでください!!」

私「うん・・・ごめんね、歳取ると涙もろくなって・・・」

Aちゃん「私こんなだけど先生いつもやさしくレッスンしてくれるから楽しくて!」

私「ううんそんなことない・・・みんな忙しくて通うだけでも大変なのに、がんばって来てくれて・・・楽しんでくれるのがいちばんうれしいから・・・」

ってほんとにねー歳取るともうダメなのよー(笑)


Aちゃんもそうだし、生徒のみなさんそれぞれ忙しい中よくレッスンに来てくれて、純粋にピアノを楽しんでくれていて、いつもこちらが感動してしまいます。

主婦のSさんもお子さんもいて大家族でいつも大変で、

「でもピアノの時間だけは私の時間なんです。これだけは守ります」

ってこのあいだのレッスンで話してくださって、心を打たれました。


そして「音楽ってすごいなー」っていつも思う。ますます思う。
目には見えないものだけど、みんなの心をつかんで、みんなの心を動かす、「音楽」って、一体なんなんだろう・・・!

不思議ですねえ。




あ。写真ネタがない。

そんな時はいちごちゃん。
これはいちごのお食事セットです。



おきにいり。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



一年ぶりの生徒募集です☆
詳しくはこちらへ→「生徒募集について」



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ




好きな曲を弾こう!


先週、20代のお兄さんTくんが、

「先生、発表会の曲なんですけど・・・今練習している曲から違う曲に変えることはできますか?」

と聞くので、

「うん、全然いいよ!まだまだ時間あるし。なになになんの曲?」

「今の曲も好きなんですけど、◯◯◯を弾いてみたくて・・・」

「あっ!いいじゃない!あの曲なら大人男子が弾いたら最高だよ〜♪やってみようよ!あ、じゃあ私ちょっと弾いてみようか?」

と言って弾いて聴かせたら、

「わあ〜〜いいなあ〜〜・・・!!やっぱりこれ、どうしても弾きたいです!」

「いいね、やろうやろう。前の曲もまたやりたくなったらやればいいし♪」

ということで新たな曲を始めることになりました。


するとTくんが、

「いや〜僕ぴこ先生(仮)でよかったです・・・だってここで、『ここまでがんばったんだから今の曲でやりましょうよ』ってことになってもおかしくないじゃないですか」

と言うので、

「いやまあそうだけど・・・・やりたい曲をやりたい時にやった方が楽しいじゃん!」

と言ったら、

「そう言ってもらえてよかったです!」

とうれしそうにキラキラしてました。


うちの教室は大人の人がたくさん来てくださってて、大人の人にはみなさん本人がやりたいものをやっていただいています。
それで、「次はどんなのがいいかな〜?」とか、「テクニック的な練習を入れてみたいんですけど・・・」など相談された時にはこちらから提案してみたり一緒に考えたりします。

ほかの大人の方からも、

「好きな曲をやらせてもらえて楽しいです♪」

と言ってもらえることがありますが、だってやりたい曲をやるのが楽しいに決まってるじゃないですか!どんどん好きな曲、弾いてみたい曲にチャレンジしてみてほしいです♪

やってみてむずかしいな〜とか、ほかにまた弾きたい曲ができたら変えてみたり、あっちやってみたりこっちやってみたりしてもいいんです。

日本人ってまじめだから、「一つに取り掛かったら最後までそれを貫きとおさなければならない!!」みたいな考えがわりとある気がするけど、あ、時にはそれが大事な場面もあると思いますが、だって好きでやってる趣味なんだもん!

やりたいものを、やりたい時に、やりたいようにやるのが一番じゃないですか!?

そのために先生はなんでもサポートしますよ!


っていうか、私がいちばん好きなように生きてるから・・・(笑)
まあ好きなことを好きなように楽しく、一生懸命やってます。
クラシックピアノも、ジャズピアノも、HIPHOPダンスも、そしてここ半年くらいは毎日韓国語も勉強しています。

全部おもしろい。全部好き。全部たのしい。
ただ、常に時間が足りない。(笑)
ありがたいことに仕事もたのしい。子供たちとのレッスンも大人のかたとのレッスンもたのしく、おもしろく、やりがいがあります。


でも大人って楽しいことばかりじゃないじゃないですか。みんな大変なこともがんばってやってる。

だから、ピアノくらい!好きで始めたピアノ!せっかく始めたピアノは、好きな曲を、たのしく弾いてもらいたいです。

そして、どんな曲をやっても「ためになる」、「成長できる」レッスンができる自信が私はあります。
どんな曲でも、どんなジャンルでも、どんなレベルの曲でも、いろんなことを身につけられる。
だからなんでもどんと来い!ですよ。

好きな曲、あこがれの曲が少しずつ自分で弾けるようになって、そしてそれがだんだん自分の思うように表現できるようになって、誰かの心を動かすことができたら・・・!!
そう、自分がその曲を聴いて心を動かされた時みたいに。

そう考えるだけでドキドキワクワクするじゃないですか?

ピアノが人生のワクワクになったら私もすごくうれしいです♪
一緒に楽しみましょー!!



えーっと韓国語の勉強は、まずはハングルの読み書きを覚えて、それからこの文法の本をまるまる一冊覚えました。



この中に出てくる例文や問題文の韓国語の文章をすべて単語帳に書き写して、日本語訳を見て韓国語で言えるようにしました。
単語帳で15冊。だいたい覚えたと思う。



今はほかのもので勉強しています。独学ですけどね。
ああ、あと韓国語の歌も覚えて弾き語りしたり。
めっちゃ楽しいです♪




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

先生ついついアツくなる


日々生徒のみなさんとレッスンしているとその度に、

「わ〜音符がどんどん読めるようになってるなあ!」

「おお〜、ちょっと難しいかなと思ってた宿題の曲がちゃんとできてるなあ」

「ずいぶんしっかり音が出せるようになったなあ」

「言わなくてもアーティキュレーション(音のつながり)に気をつけられるようになったなあ♪」

「強弱の幅を出せるようになったなあ」

「おお〜左右のバランス調節できてるじゃない!」

「こんななめらかに弾けるようになって表現力が付いたなあ♪」

「おっ!前にやった腕の使い方、言わなくても使えてるな!」

などなど、みなさんの成長に気付いてうれしくなることがたくさんあります。


ピアノを弾く上で身に付けていくことは本当にたくさんあります。
楽譜を読んで両手の10本の指で弾くことだけでも大変なことです。
テクニック的なこと、音楽的な内容、表現・・・。

少しずつ身に付けて行くことで表現できる世界がどんどん広がって行きます。


私が特にうれしくて感動するのは、「音質」の違いを理解して表現できるようになったなー!と感じる時ですね。

「音質」って言葉で言うとちょっとわかりづらいような気がしますが、

「やわらかい音・かたい音」
「重厚な音・軽やかな音」
「ウェットな音・ドライな音」
「あたたかく豊かな音・氷やクリスタルのような冷たく澄んだ音」
「明るくキラキラした音・暗く沈んだ音」

↑これらはどちらが良い音ということではなくて使い分けです。

そのほかに、

「曇った詰まる音・よく通る響く音」
「かすれた音・芯のあるいい音」

みたいなのは、「よくない音」と「いい音」ですね。


言葉では抽象的に聞こえますが、レッスンでそういった言葉で説明して、実際に私が弾いて音を聴かせれば「なるほど」「確かに」って感じでもう分かってくれます。

それからその弾き方を説明して一緒に練習すると「音質」を変えて弾けるようになります♪

そして曲の中で、その曲、その部分の表現のための音を出せるようになります。

ベートーヴェンの重厚な和音(「悲愴」の冒頭とか)の表現。
そうですね、「悲愴」の一楽章の冒頭は重く、暗く、絶望的な表現の音ですが、二楽章では温かみのある響きの豊かな音で弾きたいですよね。

ドビュッシーのたとえば「月の光」。
どこまでも透き通った響きで弾きたい!でも、静かだけれど決してふわふわぼんやりした音じゃなくてクリアな音にしたい。

ショパンの有名な2番のノクターン。軽やかだけれどもドライにならず、ロマンティックでなめらかで美しい響きで弾きたい。

モーツァルトのソナタの早いパッセージは、軽やかでキビキビと一粒一粒がはっきりクリアーで生き生きとした音で弾きたい!


というように、「音質」のコントロールのテクニックは曲の表現に欠かせないものです。
「音量」のコントロールは割とわかりやすいしやりやすいですが、それプラス大事なテクニックです。

音質のコントロールは具体的に言うと「打鍵スピード」と「そこにかける重さ」のコントロールになりますが、そのための指、手首、腕、上半身の使い方がそれぞれけっこう違ってきます。


そういうのをね〜、生徒のみなさんが上手になってくるとうれしいですね〜♪
「おおっ!やるなあ〜♪」って思います。
大人の方もどんどんできてきますし、子供たちもそうですねえ、ブルクミュラーの前にもギロックやプレ・インヴェンションでもそういう内容をやりますね。

特にプレ・インヴェンションでは舞曲が多いのでリズミカルな曲がたくさんあって、明るくキビキビ生き生きした音の出し方とかはさんざんやりますねえ。そしてそれと対比したなめらかな部分の表現もありますね。そういう対照的な表現はおもしろいしわかりやすいのでとてもいい練習になります。


そういうテクニックを身に付けて表現の幅が広がれば広がるほど曲は生き生きとしてくるし、音楽が楽しくなってきます♪
そして先生はついついアツくなります。(笑)

それでなくても暑いのにアツくなってごめんよ〜〜!!



ところでこのあいだね、自分用にソファーを買ったの。
こんなのを一生懸命組み立てたの。


ちょっと大変だったけどいい感じ♪


いちごちゃんも気に入ってくれて・・・♪


とっても気に入って・・・


気に入っていつもそこで寝て・・・・・


あれ・・・?


私座れなくない??(汗)





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


カレンダー

12 2019/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

ブログ内検索

バーコード

最新TB

カウンター

アクセス解析

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
Copyright ©  -- 茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /