茨城県土浦市 | @ piano room | ピアノ教室ブログ

茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!

カテゴリー「ピアノ教室日記」の記事一覧

「もっとたくさんやりたい!!」


7月からピアノを習い始めた幼稚園生のRちゃんが今日レッスンで、


「あーぴあのたのしい!!もっとたくさんやりたい!!

えっとー8じかんとぉー5ふんとかー20ぷんとかー、もっとやりたい!!」


と言っていました。


8じかん・・・よ、よし!!先生も気合い入れてがんばるよ!!(笑)



前にRちゃんママさんも、

「あと何回寝たらピアノなの〜?と毎日聞いてくるくらいレッスンと先生に会えるのを楽しみにしている様子です♪」

とメールで教えてくださって、Rちゃんがレッスン楽しんでくれているようで私もとってもうれしいです。


ドレミの音符もどんどんおぼえてしっかり弾けていますねえ。

レッスン中はかなりハイテンションですが、帰りにママがお迎えに来るとなぜかいつもおすまししてるのがかわいいです。(笑)

これからもたのしみです!!




さてこちら、今日レッスンだった小学生のYちゃんが見せてくれたノート・・・・・




おびただしい数字の羅列・・・・・




なんと3ページに及びます!!



「これなんだと思う?」

って聞かれて、

「わ・・・わからない・・・なにこれ??」

と聞いたら円周率なんだって。(笑)

よく見たら最初のところに「円周率」って書いてある。


「なんで円周率こんなに書いたの!?笑」

と聞いたら、

「え?自学。(自主学習)」

とのことでした。



「Wikiに書いてあるよ」

と教えてくれました。

いや、先生はとくに円周率にそんなに興味ないからだいじょうぶ。(笑)




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


キュンキュンしてる!


音楽の楽しさとかよろこびって、素敵な音楽を聴いた時に「わ〜、いい!(キュン!)」ってときめくところから始まるんじゃないかと思うんです。

きっとみなさん経験ありますよね?
音楽好きな方ならたくさん、たくさん経験あるはず!

1人で(キュン!)を感じる時も幸せなんですけど、それがほかの人に伝わって一緒に(キュン!)ってした時はさらに最高に幸せだと思うのです。



レッスンをしていてすごく楽しいのは、(キュン!)を共有する時です。日々のレッスンでその(キュン!)の瞬間はたくさんあります。



小学生の女の子が、

「先生!!発表会で弾きたい曲決まったの!!」

と興奮気味に言って来て(発表会はまだまだ先である)、一緒にYouTubeを見ながら、

先生「おお♪いい曲!!」

「だよねだよね!!」

とニコニコしながら曲を聴いたり。



つい数日前も大人のお姉さんが、

「次どんな曲にしようかなかなか決まらなくて・・・」

と言うので、オススメの曲を考えてクラシックやジャズっぽい曲など6、7曲かな?「これいいのよ〜〜♪」と言いながら私が弾いて聴かせてあげたら、

「わあ〜〜どれもいい曲です!!『これは違うな』って曲がないです・・・ええ〜〜迷っちゃいます!!どうしよう〜!!」

とキラキラしてたり。



つい昨日も大人のお兄さんが、

「先生、今日も先生に弾いてもらいたい曲の楽譜を持って来ました!」

と言ってゲーム音楽のピアノアレンジの楽譜を持って来て、

「おもしろそうー!弾く弾く♪」

と言ってお兄さんのリクエスト曲を次々と弾いて行ったら、

「うわあ〜〜すごい!!かっこいいですね!先生なんでも弾けて最高じゃないですか!いいなあ〜!」

と興奮してキラキラしているので、

「なに言ってるの、Tくんも弾けるよ!」

「弾けますか?」

「そうだよだって前に弾いた曲はもっと難しかったじゃん!」

「わ〜これ弾けたら楽しいなあ〜♪」

とワクワクしてたり。



また他の日には主婦の方がメンデルスゾーンの曲を弾いていて、

私「・・・!!うわ〜!!今のところすごい素敵でした!!うわ〜鳥肌立ちました!」

「ほんとですか!わ〜よかった♪なんか自分でも気持ちよく弾けました!」

って私が感動したり。



中学生のコが、「かっこいいクラシックの曲が弾きたいです」というので何曲か私が弾いたらその中のハチャトゥリアンの曲とシベリウスの曲を、

「うわっ。カッコイイ!これ弾きたい!こっちもなんか大人っぽくていいなあ〜!」

私「でしょ?これほんといい曲だよね!」

とときめいて、2曲とも練習しています。



80代の方がテキストの曲を弾いて、

「ここの左手の和音がこう!変わるところの音がなんともいいのよ〜♪」

私「そうなんです!ここで ♯ が付くところがシャレてるんです〜!わあ〜それを感じて弾いてるKさんの感性がみずみずしいです!」

と、80代の方もキュンキュンしてらっしゃいました♪



こんなふうに、一緒に曲を聴きながら(キュン!)としたり、私が弾くのを生徒さんが聴いて(キュン!)としたり、生徒さんが弾くのを聴いて私が(キュン!)としたり、「音楽のときめき」を感じる幸せな日々であります。

たくさんの(キュン!)を共有していきたいですね♪




さて。
うちの娘・・・載せさせてください。




くっ。かわいい・・・
写真加工アプリ「SNOW」で猫に反応するスタンプがあると聞いたので早速ダウンロードして(今までは使ったことなかった)やってみました!




いやん。うさぎちゃん!




おはな♪




ぱ・・・パン?




キマりすぎてる(笑)





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村





「イメージ」と「コツ」です


Aちゃんという20代のお姉さんは今ちょっとドラマティックできれいな曲を弾いています。

だいぶ弾けてきたので、強弱などの表現を一緒に、具体的に練習しているところです。

Aちゃんの元々好きな曲なので「こんな風に弾きたい!」というイメージもあるようで、私が弾いてみてちょっとしたコツを教えてAちゃんが弾いてみると、その場でガラッと表現が変わります。

「わっ!すごいねAちゃん、今できてたよ!」

と言うとAちゃんも、

「わあ〜!!こんなに変わるんですね〜!!」

と自分でも感激していました♪

「先生すごいです〜!!」

と言っていたけど、その場でコツとイメージをつかんでガラッと変えて弾けるAちゃんがすごいです!!


Aちゃんに限らずみなさん、ちょっとしたコツを伝えるとその場でどんどん音や表現、弾きやすさなど変わります。私も「おおっ!!」と思うし、本人も「おおっ!!」と感じることがよくあります。

そういうちょっとした「コツ」って決して難しいことではないんですが、自分ではなかなか分からないことがほんとにたくさんあるんです。

あとは「イメージ」かなあ。
いくら言葉で説明しても実際の「音」で聴かないと実感しづらいです。
「百聞は一見に如かず」です。

あいや、ちょっと違う(笑)
「百聞は一聴に如かず」
とかにしましょうか?


なのでその都度私が実際に弾いて音で伝えるようにしています。そして耳と感覚で「ああ、こういうことか!」と感じてから具体的な手や体の使い方を説明すると身につけるのが本当に早いですねー。


ここをぐうーっと盛り上げて高める!!

とか、

ここをなめらかに歌うように表現する、

とか、

ここをピッチピチにはじけるように生き生きさせる!!

とか、

ここのリズムをカッコよくアクセントを効かせる!!

とか、

ここの伴奏形の「ノリ」を出す!

とか、

ここをやわらかく温かみと厚みを出して弾く、

とか、

ここは音をキラキラ輝かせる!!

などなどなど・・・・・!!!


ちょっとした「コツ」と「イメージ」で、どんどんその場でできるようになるんです!

そしてその「コツ」をお教えするのが私・・・・・

上手いんです自分で言うのもなんですが!!(笑)

そして、それが大好きなんです!!!


なんていうか、シンデレラの魔法使いが魔法の杖を一振りするとみすぼらしい服がキラキラのドレスに変わったりかぼちゃがキラキラで真っ白な馬車に変わったり擦り切れた靴がキラキラのガラスの靴に変わったりする!

まあちょっとファンタジックに言いすぎましたが(笑)、でもちょっとそんな楽しさとワクワクがあるのです。


だって音楽って本当に魅力的に変わるんですよ!!


ということで魔法使いのおばあ・・・・・おねえ・・・(←ずうずうしい)・・・

魔法使いの先生!のレッスンで音楽をキラキラさせましょう〜〜♪


その後うちに訪れたクワガタたち。





いやあ〜、今年はどうやらクワガタの当たり年ですな。



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村




ドラム買ったよ〜!


これ!!!




きゃ、きゃわいいっっっ!!

ドラムセット!!!



トン!!



たまたま行った雑貨屋さんで800円で売ってたから買っちゃいました☆

教室に置いといたら入ってくる生徒さんみんな、

「わっ!!なんですかコレー!!(・∀・)」

ってウケてました。

ちびっこたちももちろんだけど、大人の方もみなさん楽しそうに叩いてましたよ☆

まあおもちゃなのであくまでもネタですけどね!


まだ1歳にならないお孫さんが最近遊びに来たというNさんがこのドラムを叩きながら、

「おもちゃの打楽器を鳴らしてあげると、まだ小さいのによろこんで体をゆらしてノリノリになるんですよ〜!」

とおっしゃっていて、打楽器って大人でも子供でも本能的に楽しいですよね!というお話をしました。


そうなんです!
本能ですよね!!


「音楽の三要素」とは、リズム、メロディー、ハーモニー、です。

どれも音楽を構成するのに欠かせない要素です。
その中でもリズムって一番原始的で本能的な要素じゃないかなあと思います。

なのでピアノを演奏する時にも頭や指先だけではなくて、体全体で、心で、本能で!!リズムを感じて、リズムにノって、表現したいです♪

リズムは音楽の鼓動であり、息吹きであると思います。
私もダンスをやってから特にそれを実感としてより感じるようになったような気がしますし、表現しやすくなったように思います。体が使いやすくなりましたね。

うん!!
みんな踊ったらいいのに!!笑
楽しいし、ピアノにも健康にもいい♪
オススメです。



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ときめき初レッスン!!


先日、幼稚園年中さんのRちゃんの初レッスンがありました!

Rちゃんは去年から、ママ、わたしピアノをやりたいの!と言い出してからずっと今までやりたい!と言っていたそうで、念願かなってのレッスンとなりました♪


最初少しはずかしそうでしたが、私の話をちゃんと聞いてくれて、ピアノの鍵盤でじゃんけんあそびをしたりしながらさっそく「ド」の位置を覚えて、私の大好きな「どれみふぁそカード」を使いながら「どどどどどーなっつ」の歌を歌いました。


これですね。



そして「ド」の位置も覚えたのでさっそくRちゃんに「ド」から順番に一本指で鳴らしてもらいながら、私と連弾で「どどどどどーなっつ」の歌を弾きましたー!!


最初はそっとおそるおそる鍵盤を弾いていたのが、何回かやるうちに音も元気になり、テンポにもノッてきて、最後には歌のリズムに合わせながら楽しく弾けるようになりましたー!!

Rちゃんママが「先生すごーい!!」と感動していましたが、いや、すごいのはRちゃんです!(笑)


リズム遊びや音符のワークなども少しずつやって、さあおかえりの時間だねーがんばったねー!と終わりになってもまた自分からピアノに行って「どどどどどーなっつ」を何回も、何回も弾いていました。

そのRちゃんの得意げなお顔!!

先生はそのお顔を見て、本当にうれしくなりました。

わたし!
ピアノひけるよ!!

そのときめきが伝わってきました。
そのときめきを、これから大切に一緒にピアノライフを送っていきたいと思います♪


そのときめきを感じてほしくて、いつも最初のレッスンでもうさっそく「どどどどどーなっつ」をやります。
うたもすぐ覚えられて、そしてもちろんすぐ弾けるし、生のグランドピアノの音で先生と連弾でちょっとゴージャスにピアノを弾いたら、やっぱりそれは感動体験だと思う。

これから小さな感動体験をたくさん積み重ねていきましょう!



先日「初クワ」写真を上げましたが、昨日「初カブトムシ」もいましたよー♪




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
猫の「いちご」と暮らしてます。

武蔵野音楽大学でピアノを専攻し卒業後土浦で教室を開きました。

ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンしていただいています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

音楽理論も大好き♪理論のレッスンもします。

音楽はクラシック以外にも様々なジャンルを聴きます。

音楽以外の趣味はHIPHOPダンスです。2016年からスクールに通っています。
基本的には家で猫と過ごします。

最新CM

(11/05)
(11/05)
(10/21)
(10/21)
(10/13)

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 茨城県土浦市 | @ piano room | ピアノ教室ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /