茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
[1] [2] [3] [4] [5] [6
あ!

昨夜ブログをアップしたのですが、これ書こうと思ってて忘れてた☆


4月につくばのノバホールでピアノのコンサートがありまーす♪



こちら

前にもノバに来たことのあるアレクセイ・ゴルラッチです。
今回なんとオールショパンプログラム!!
これまた名曲ぞろい!!
人類の宝ですわ!!

ということで、まだちょっと先ですが楽しみです♪




追記 : あ!なぜか「コメントを受け付けません」の表示になっていた!(汗)
すみません何かの設定間違えです(汗)
いつでもコメントどうぞ〜!

7月18日の海の日に柏で私のジャズピアノの先生のトークコンサートがありました♪

場所は柏の駅前のグランドピアノのあるカフェ。
「駅前のグランドピアノのあるカフェ」って、柏っていいよなあ〜〜そういうお店がサラッとあってさあ。いつも発表会をやるライブバーも駅からすぐだし。結構広くて素敵なお店だし。
柏って音楽がかなり盛んな街なのですよ。
つくばもなあー文化都市とはいうものの公共のホールのピアノがあんなグダグダになってたしなあー。(→発表会の日記参照)
土浦は言わずもがな・・・。

あ、いきなり愚痴ってしまってごめんなさい。
そんなわけでA先生のコンサート行ってきました♪

先生はお話もとてもお上手で、ジャズの歴史や先生の体験などなどのお話をされながら、それにまつわる曲を演奏されて、途中にはお菓子とおいしいアイスティーをいただいて、楽しくあっという間の2時間でした!

来ていたのは生徒さんやそのご家族や、先生のブログのファンの方などなど大人の方達で、私も発表会で知り合った他の生徒さんたちとお会いできたりして楽しい雰囲気でした。

A先生はバークリーでの専攻は作曲・編曲だったので「自分はピアニストではありませんが・・・」とおっしゃるのですが、でもやはり演奏はプロ!むしろ専門が作曲だからこその響きのセンスやリズムのセンスが光っているようにも思えます。

みんなの聴いたことのあるようなFly Me To The MoonやOver The Rainbowなどなどのスタンダード曲をサラリとシャレたジャズの響きとリズムで演奏されていました。
発表会などで聴く先生の演奏はベースなどとのアンサンブルだったので、ソロピアノでがっつり聴くのはなかなか無かったのですが、いやーさすがですね。ソロピアノは当たり前だけどやることが多いっていうか、ベースとコードとメロディーを1人で演るわけなので難しいのですよ。

結構ウォーキングベースなども多用されていて、ほおお〜〜すご〜い!かっこいい〜!!と聴き入ってしまいました。また1人3役をやりながらうまくリズムが使われていましたねえ〜〜。これぞジャズですな。私もそのワザを取り入れたい!!

そんなわけで楽しくもあり、大変勉強にもなるコンサートでした♪
行けてよかった☆




こちらコンサート終わってお腹が空いてカフェでいただいたキーマカレー。


これもおいしくて身も心もまんぞく!!でした☆




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

今日は前回の日記でお知らせした、東日本大震災の復興支援のマリンバコンサートに行ってまいりました!

このチャリティーコンサートはつくば市で定期的に行われています。
今回の奏者であるマリンバの藤本亮平さんは私の通っているジャズピアノ教室で一緒になって知り合いまして、おととしの私達の発表会にゲストでお呼びして演奏してもらったことがあります。

マリンバを生で聴いたことのある人って結構少ないと思うのですが、大人から子供まで一瞬で魅了してしまう素敵な響きの楽器です。温かくて澄んでいて倍音がとても豊かに響く楽器です。
そして打楽器であるのでもちろん演奏はリズミカルで心地よく楽しい!!

今日のプログラムはこちら。


これがまたマリンバの多彩な音色表現を余す所無く楽しめる幅広く魅力的な選曲で、本当にどれも楽しかったですね〜!

発表会の時は藤本さんお一人で演奏していただいたのですが、今回は鈴木彩さんという女性の方との連弾もたくさんあって、ソロとはまた違ったアンサンブルの楽しさを楽しめました♪やはり連弾だとゴージャスで迫力がありますねえ〜!息もピッタリ!
あ、お二人それぞれのソロも心のこもった演奏でとても素敵でしたよ♪

ノリのよい曲も楽しかったし、現代邦人作曲家の本格的な曲も深く緊張感のある表現とテクニックを堪能できたし、「愛の讃歌」はあまりのあたたかで優しい音色に涙が出そうになったし、チック・コリアの「スペイン」は難しいジャズの曲ですがさすがのパーカッショニストの演奏という感じでなんとまあ爽快!!

しかも藤本さんめちゃいい方なんですよねえ〜〜!リスペクト!!
あっ、藤本さんマリンバのCDを発売されました!タイトルは「Marimba Forest」。
届くの楽しみだなあ♪


音楽って言葉がない分、直接「心」に届く感じがします。
生の音ならなおさら!
特にこんな倍音の豊かな楽器の音って、YouTubeやMP3の音じゃ全然違うのよ〜。
「豊かな音」とはどんなものか、多くの人にたくさん経験してもらいたいです。
そしてその経験は必ず、人生も豊かにしてくれることと思っています♪


マリンバは横幅も大きいけど、実際見ると奥行きもかなりある。低音部分は特にすごい!!これをあの高速で演奏するのは神業!!


下に付いているパイプで想像以上の豊かな音になります。
他のお客さんが「スピーカーで出ているのかと思ったら生なんですね〜!」とびっくりしてたくらい。(笑)


マリンバの他にも楽しいパーカッションの数々も登場していました♪




楽しかった!!
また聴きたいなあ〜♪


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

先週土曜日、19日にNHK交響楽団の演奏会を聴きにつくばのノバホールへ行って来ました!!


あ〜〜発表会も無事終わってゆっくりN響を聴けるなんてなんという幸せ・・・・・♪

前にノバでN響聴いた時もほんっと素晴らしかったからねえ♪
 →前回のN響
あれ去年かと思ったら一昨年だったのか!
えー去年とばかり思っていた。いつの間に2年も経ったのか?

今回のプログラムはこちら。


うわあ〜〜〜どれもステキ〜〜〜!!!
今回も真ん中ブロックのなかなかいい席で聴けて、最初のチャイコフスキーからその音の響きの豊かさと表現の豊かさに魅惑されっぱなしでした!
チャイコフスキーの甘美さとドラマティックさを堪能できました。

チェロのコンチェルトもこれまた素晴らしかった!!
ソリストの宮田大さんの演奏がよかった〜〜〜。まだ29歳という若さでありながら世界的なコンクールで優勝していたり国内外の有名オーケストラとの共演をしていたり、すごい方なのです。
最初から最後まですごい集中力と情感と、それを支える確かなテクニックで観客を魅了していました。

そして後半のベートーヴェンですよ!!!
ああ・・・N響でこのシンフォニーの7番が聴けるなんて・・・・・。
最初っから最後まで感極まっていましたね。
っていうかこの曲ほんと全楽章素晴らしく魅力的。聴きながら思ったけど、200年も前の曲でも古さなんて微塵も感じることなんてなく、それどころかなんてエキサイティングで瑞々しく生命の喜びに溢れているのか!!

私交響曲を聴くとよく思うんだけど、交響曲を聴いた時に感じるこの感覚を上手く表す言葉が見つからない。
この7番なんて、最初からクライマックスっていうか1楽章通してクライマックス感っていうか、まあそれを言うと4楽章も楽章通してそうとうなクライマックスだけど(笑)、感極まるというか、うーん、カタルシス??
「感動」とかだとちょっと客観的になるし、胸が打ち震えるような高まる感覚・・・。
うまく言えないけれど、そんな感覚を一流の、生の演奏で味わえることは人生の特別な体験です。

このスケール感、包み込むような豊かで柔らかな響き、静寂の彼方から聴こえて来る繊細な調べ、広がる壮大な景色、目の前で繰り広げられるめくるめくドラマ、ハーモニーの至高の美しさ、圧倒的な迫力、キビキビとした躍動感、魂の高揚、

音楽の力

クラシックが堅苦しい物というイメージを持っている人はこれを生で聴いたらびっくりすると思うなあ。エキサイティングさで言ったら爆音のロックのライブにも負けないと思う。(笑)
いや〜〜素晴らしかった。
またつくばに来てほしいなあー。



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


おととい11日、水戸の芸術館にクリスチャン・ツィメルマンのリサイタルに行って参りましたー!!!

ツィメルマンと言えば名実共に世界のトップクラスで活躍する現代のピアニストの一人であります。
私もCDを何枚か持っていますが、今回のプログラムは・・・・・


オールシューベルト!!

おお・・・!!ツィメルマンのシューベルトか・・・!!
どんな演奏に!?

とドキドキしながら唯一のピアノの先生友達と水戸へ。

ツィメルマンが水戸に来るなら行かないと!!
それも芸術館!!

https://daihatsu-port.jp/cp/cast/pc/project/img/assets/spot/062/img-thum-1-l.png



こんな感じで低いステージをぐるりと取り囲むような、ステキなホールなのです。
座席数も680くらいであまり広くなく、とても間近で演奏を聴けるのです!

これは芸術館のシンボル。


入り口。


もう行く前から緊張。
生ツィメルマン・・・・・(ドキドキ)
芸術館友の会の優先販売でゲットしたチケットで、演奏の手元も見えるようないい席!!
ふ、震える・・・。

ステージに現れたツィメルマンは美しい白髪とおヒゲをたっぷりとたくわえ、優しい笑顔で客席に挨拶をしてピアノを弾き始めました。

いやまて、この調子でつぶさに書いてくと夜が明けるな。(汗)もっとざっくりと書かないと。


息を凝らして聴いたそのツィメルマンのシューベルトは・・・・・

至高のシューベルトでした!!

なんか・・・なんというか、ああ、シューベルトって本当の美しさはこういう美しさなんだなあ・・・と、シューベルトの捉え方、感じ方が改められたような演奏でした。


ツィメルマンと言えばもうテクニックも表現も超一流中の一流で、演奏は瑞々しく、隅々までロマンティックで繊細かつ大胆、レパートリーも幅広く、世界中のオーケストラとも共演し、なんでも自在にできちゃうピアニスト!なのですが、シューベルトは今まで私が思っていた華やかなツィメルマンのイメージとまた違っていました。

ことさらにどこかを強調したり個性的な表現というよりは、とても自然に、心地よくそのメロディーを、ハーモニーの移り変わりを歌うように、いつくしむように弾いているようでした。
もちろん自然に聴こえるその中身は様々な創意工夫がなされていると思いますが。

誰かの演奏を聴くということは、その「演奏者の表現」を聴くということと、「作曲者の表現したい音楽」を聴くということのどちらの意味もあると思うのですが、この演奏会ではツィメルマンの表現がそのままシューベルトの表現であり、出過ぎることも引っ込みすぎることもなく、演奏者と音楽がぴったり一つの音楽になっているように感じました。


シューベルトのこの2曲のソナタはシューベルトの最後の2曲のソナタなのですが、ちょっととらえどころがないように私は感じていました。
ベートーヴェンのように重厚でメリハリのきいた明確な構成感があるわけではなく、でも長大なのです。もちろん美しく、ドラマもあるのですが。

ちょうどその演奏会の前の日は、私は東京のN先生のところにレッスンに行っていたのですが、その時に演奏会の話をしまして、その時N先生は、
「シューベルトのソナタは楽想がいくつも次から次にうすく重なりながらつながって行くけれど、それをどう処理していくかが一つの聴きどころかもしれないね」
とおっしゃられていました。

ツィメルマンの演奏を聴いていて、なるほど、とそのN先生の言葉の意味を理解できたように思いました。
そういう意味でツィメルマンの「つなぎの処理」は絶妙で極上でした!

細かく変わる和声を、自然ながらもよく聴くと「つなぎ」の大切な音を少し長めだったり強めだったり、またはあえて弱めだったりと絶妙なコントロールをしながら美しく、心地よく聴かせていました。それによって一つ一つのフレーズに意味を与え、展開させ、色彩を与えて一つの大きな物語を編み上げていました。

その精緻なコントロール・・・!!
なんて美しいpp・・・!!
和音のそれぞれの音のバランス!!
心憎いルバート!!
たっぷりとしたff !!
輝くようなパッセージ!!

どこまでも精緻なコントロールのきいた演奏なんだけど、でも全然息苦しい感じはない。むしろ全体にリラックスしているような、歌っているような演奏でした。
実際ツィメルマン本人が所々小さな声でメロディーを歌っていましたね。


あとはですね、この演奏会を聴いて思ったのは、シューベルトってなんでこんなに長いんだろう・・・と単純に不思議に思っていたんですけど、あ、そうか、シューベルト自身が演奏が、自分の音楽が好きだったから続けたかったんだ、次々と湧いて来る美しいメロディーを、ハーモニーを、もっとずっと続けたかったから長いんだきっと。
って思いました☆

ツィメルマンが演奏するシューベルトが、他の作曲家の「どう!?どうこのメロディー!?この想い!!伝わってる!?分かる!?分かって!!」みたいな感じはあまりなくて、とにかく本人がその音楽をいつくしんで、楽しんで、味わって、もっともっと弾いていたい、この気持ちよさに身を浸して表現していたいんだ!
というような音楽に聴こえたのですね。私はね?

すごい作曲家ですよシューベルト。だってわずか31歳で亡くなってるんですよ?それですごい多作だし名曲もたくさんだし、もちろん歌曲王で歌曲もたくさん、器楽も独奏曲、室内楽、オーケストラとまああらゆる形態の音楽を作って、もうニンゲンワザとは思えません!

31歳かあ・・・若いなあ・・・。
でも数百年後にこうしてこんなにも美しく、素晴らしくその作品を演奏されていると知ったら、シューベルトもうれしいんじゃないかな。


あ、それとね!!
前回のブログで「休符の絶大なる効果」について書きましたが、このシューベルトの2曲のソナタ!!
これほどその「休符の絶大なる効果」を明らかに感じられる曲はないかも!
よかったら聴いてみて下さい♪


あ・・・疲れた・・・読み直す気力がないのでまとまりのない文章だと思いますがすみません。もっと書きたいことあったような気もするけど・・・もうろうとしてきた。(笑)


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
■ HOME ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
● カレンダー ●
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
● プロフィール ●
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
● 最新CM ●
● ブログ内検索 ●
● バーコード ●
● 最新TB ●
● カウンター ●
● アクセス解析 ●
● プロフィール ●
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety