茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
2018/04月
≪03月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05月≫
[1] [2] [3] [4] [5] [6

はい、先生の大好きな音楽理論のお話です。
まだ1回しか書いてなかったけど、その1回目には「調」のことを書きました。

 →そうだったのか!音楽理論 その1:「調って?」

それで今日は2回目ですけど、いきなり音楽理論のいっちゃん「キモ」のとこ書きます。
もうこれがキモのキモです。いちばん肝心なこと書いちゃいますよ!!


【 和音の『解決』 】

この間「調」の話を書きましたが、一般的な「長調」と「短調」はそれぞれ、基本的に7個の音でできています。

私たちがピアノなどで使うドレミの「音」は、(1オクターブ内で)白鍵7個と黒鍵5個の12個の音があって、「長調」、「短調」ではそのうちの7個を材料として音楽を作るわけです。

ここ、結構重要だけどみんな言われるまであんまり分かっていないところですよ?

♯や♭がそれぞれ付いてたり付いてなかったり、7個の材料はそれぞれの調で違います。

(ちなみに実は世界にはこの一般的な長調と短調以外の調子(そして音階)の音楽があって、5音音階とか6音とか8音の音階とかもあります)


まあその7個の音を順番に並べたのが長音階と短音階で、でも音階の話はまたするとして、今日は一番わかりやすいハ長調で話を進めます。

「ハ長調」とは、この間の理論の話で書いたように「ハ(つまりド)の音が中心の明るい響きの音楽」です。


ハ長調は♯や♭がないので、白鍵の7個が材料です。

 ド レ ミ ファ ソ ラ シ 

の7個。

この7個の音に、それぞれ1個飛ばしに音を重ねて和音にします。

 ソ  ラ  シ  ド  レ  ミ  フ
 ミ  フ  ソ  ラ  シ  ド  レ
 ド  レ  ミ  フ  ソ  ラ  シ

↑こうなりますね。縦に見てね。
(「ファ」は小さい「ァ」を入れると画面上できれいに並ばないので「フ」としました)

それぞれの和音に低い方から順に番号を付けます。

 ソ  ラ  シ  ド  レ  ミ  フ
 ミ  フ  ソ  ラ  シ  ド  レ
 ド  レ  ミ  フ  ソ  ラ  シ
 1  2  3  4  5  6  7

これ、理論の話をする時には和音に付く番号は本来はローマ数字で表します。
でも文字化けとかしたらイヤなのでここではこの数字にします。

それぞれ、ハ長調の1の和音、2の和音、3の和音・・・となります。
それぞれに響きの性格というか性質があって、その役割を「機能」と言います。

この中の「5の和音(ソシレ)」には「1の和音(ドミソ)」に行きたいよ〜!!という性質があります。
その性質を強めるのに、もう1個上に音(ファ)を重ねてエネルギーをより強くする場合が多いです。

 フ
 レ            ソ
 シ            ミ
 ソ →行きたいよー!!→ ド
 5            1


さて、やっと前準備の話が終わったので、今日のその「キモ」の話をします。
言いますよ!!!

すっごいキモのキモだけ言うと、


クラシックでもポップスでもジャズでもロックでも、この

『「5の和音」から「1の和音」へ行きたいよー!!!』

というエネルギーで音楽はできています!!!



∑(゚Д゚;) え、ええっ?


いやまあ、それはすごい雑な言い方ですよ?でもそうなんです。

もちろん、その5の和音と1の和音をつなぐものがいろいろあったり、または5から1に行くと見せかけて違うところに行って「あんもうっ」と思わせたり、5に似た代わりのものを使ったり、もっと拡大解釈して違う和音を使ったり、わざとそのエネルギーを避けてみたり、などなどもあります。

でも分析すると面白いように、音楽ってそのエネルギーでできてます。
って言うか、作る方もそれを使って作ってるというか。


学校で「きりーつ、れい、ちゃくせき」って時の「チャーン、チャーン、チャーン」っていう音は、「1の和音、5の和音、1の和音」です。

 ド  シ  ド
 ソ  フ  ソ
 ミ  レ  ミ
 ド  ソ  ド
 1  5  1

全部の音入れて弾くとこんな感じかな。
これ、5を弾いて1に行かなかったらすごーくモヤモヤするでしょう?
そして、5のあとに1に行ったら「よかった、ホッ」って感じがする。
これが「終止感」です。音楽理論では「解決」と言います。


これが音楽のキモです!!
他の調でも同じです!!
モーツァルトとか、めっちゃ1と5だらけでできてるよ!!
分析するとおもしろいよ♪


ということで今日はここまで〜。
またいつか〜!
Someday〜〜!!






♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

先月発表会が無事に終わり、みんなホッとしたところで新しい曲を始めています。
もう「来年の発表会はどうしようかな〜?」と考えている人もいるし、子供たちも「来年はあの曲が弾きたいの!」とさっそく予約する子もいます。(笑)

みんな発表会でほかの人のいろんな曲のいろんな演奏を聴いて、いろいろと感じることがあったり刺激を受けたりしたみたいです♪


そしてこれは次の発表会用というわけではないですが、先々週中学生の女の子が「先生弾きたい曲があるの」と言ってバッグから出した楽譜がコレです↓



おお!「坂道のアポロン」!!


「坂道のアポロン」とは漫画が原作の、ジャズにハマっていく高校生を主人公に友情、家族愛、恋、そしてその青春を描いた作品。の映画です。
前にこれについてブログ書きました↓

「坂道のアポロン」記事

漫画がほんといい漫画なのよ〜。
ずっと前に漫画で読んだんだけど、この記事書いたあとにまた読みたくなってスマホの漫画アプリで買って全部読み直しました。泣きながら。(笑)

で、その実写化の映画がこれなのです。今やっているみたいです。




映画の方は私はこの予告編しか見てないけど、キャスティングいい感じな気がする!
千太郎とか雰囲気ピッタリだし、前の記事にも書いたけどディーンフジオカのイイ男感も淳兄にピッタリ☆
監督も三木監督で、私は「陽だまりの彼女」と「ホットロード」で泣いたので青春映画の三木監督は間違いない気がする。
そしてこの甘酸っぱくもほろ苦い、まさに青春映画の主題歌をこのお歳になってもキラキラと歌う小田和正ってすごい。


で、その中学生の生徒は主人公役のジャニーズの子が出てるから観に行ったらしいんだけど、それで「ジャズかっこいい!!!」ってなったらしくて楽譜を買って来たそう。
ほほーっ、いいじゃん♪



いや私もね、中学生の女の子に「Moanin'」教える日が来るとは夢にも思わなかったよね。(笑)
私いちおうジャズもやってるから「Moanin'」知ってるけど、普通のクラシックの先生は知らないんじゃないかね?
私も今度ジャズピアノ教室の発表会、「Moanin'」やるのもいいなあ。


こういうきっかけで若い子たちがジャズを好きになったら素敵ですね!
みんなどんどん観に行ってみて〜!!

 映画「坂道のアポロン」公式サイト



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ





えー先日の発表会の講師演奏で私が弾いたラフマニノフの動画をアップしました。



えーとまあいろいろありますが、がんばります!

曲について、発表会のコメント集に書いたものをそのままこちらにも載せます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラフマニノフは1873年生まれのロシアの作曲家です。自身もコンサートピアニストとして活躍した作曲家なので、ピアノ曲は技巧的に難しいものも多いです。
ショパンよりも半世紀以上あとの時代なので近代的な響きもありながら、しかし作風は後期ロマン派のロマンティックな美しさを継承したものです。

1曲目は「音の絵」とタイトルの付いた練習曲集の中の1曲です。あくまで練習曲なのでテクニカルな難しさはもちろんありますが、ラフマニノフならではの甘美な響きとドラマティックな展開が魅力です。
2曲目は6曲のからなる「楽興の時」という小品集の第4曲目の曲です。美しくも情熱的な曲です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


これ↓はアナウンスを手伝ってくれていた大人の生徒さんが舞台袖から撮ってくれた写真です☆




そうそう、これ弾いてる時足の指が両足つってた。(笑)
朝からヒール履いて動き回ってたから弾く少し前から足の指がつっちゃって「ええ〜っ!?、ヤバイよヤバイよ!!」と思ったけど、つってるまま弾きました。
痛かったよ!(笑)


発表会が終わって次の日の夜に風邪を発症して苦しい3連休を過ごしましたが今は元気です。(笑)

発表会が終わって、気がつくと春が来ていて、あたたかくて桜が咲いて、この開放感とほんわか感が幸せです♪


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

すごーくブログをお休みしていました。
何人かのかたに「どうしたのか心配してたよ!(汗)」と言われたりして、申し訳ないですごめんなさい。

でもブログは書いていなかったけど毎日めちゃめちゃ元気にめちゃめちゃ楽しく過ごしていました!!

そして先週の日曜日、3月18日に無事発表会を終了しましたー!!

今年もとってもいい発表会でした♪それになんだか今年は特に楽しかった気がする。ほんとに楽しかった。なんでだろう?(笑)

うちの発表会はとにかくいろんな意味で幅広くバラエティーに富んでいて、年齢層も幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、主婦の方・・・すべての年代の方がいます。男子もけっこういます。

曲もみんな自分の好きな曲を弾くので、クラシックももちろんいるし、映画やドラマの曲やゲームの曲、バラード系、学校や幼稚園で歌った曲、などなど様々です。でもとにかくつまらない曲は1曲もない!!
みんなが、「あ!これいい曲!!わあ〜これ自分でも弾いてみたいな〜、発表会でこの曲弾きたいなあ〜♪」って思って選んだ曲なので、みんなそれぞれに魅力のある、いい曲ばかりです。そしていろんなタイプのいろんな魅力があって、聴いていて本当に楽しいのです♪

そして、弾く人それぞれの良さも演奏にちゃんと出る。
子供たちは素直で、率直で、素朴なまっすぐさが音に出てる。
大人の方はやはり深みがあります。それぞれの曲にかなり思い入れもあります。コツコツ丁寧に練習したのが音に出ていました。
中学生くらいの女の子たちは、本当に澄んだ、純粋さが出るんですよ。私聴いていて泣きそうになりました。

たとえば、同じ曲を私が弾いたとしたらもっと上手には弾ける。でも、あの「純粋さ」って、出そうと思っても出せないんですよ。
どちらがいいとかじゃなくて、その人の、その年代だからこその音、そして表現、というものがあるんですよね。それぞれの良さがある。

今年の発表会はそれをすごく感じました。
年代もそうだけど、曲についても、難しい曲ももちろん素晴らしい。でもシンプルな曲でも聴いていて「じーん」ときたり、「うるっ」ときたり、心を揺さぶられることがなんどもありました。
音楽の良さって、難しさとか経験年数とかとはまた別のところにあるんですよね。

そして大人の方も子供たちも、あそこで弾いた全員の演奏から「ひたむきさ」を感じました。みんなが、それぞれ本当に一生懸命、真剣に自分の曲に、ピアノに向かい合っていた。そのひたむきさは音になって、聴いている人の心を揺さぶるのです。

発表会が終わって大人の生徒のみなさんと打ち上げのお食事に行ったんですけど、みなさん「楽しかった〜♪」「自分の演奏は緊張したけど、みなさんの演奏を聴けたのがよかった!」「子供たちもみんな上手だった!」「なんか『じーん』ときました」などなど感想を言ってくださって、参加してくれたみなさんが「楽しかった♪」と言ってくださったのが一番うれしかったですね。

子供の生徒のお母さんたちからも、「楽しかったです」「素敵な発表会でした」「やっぱり音楽っていいなーと思いました♪」と感想を言っていただけてよかったです♪

私も今年も演奏しました。今年はラフマニノフ♪あとで演奏アップしまーす。
これもおかげさまでみなさんに好評で、よろこんでいただけて弾いた甲斐がありました!

ピアノの好きなみんなが一つの場所に集まって、同じ場所で、同じ音に耳を傾けて、一緒に心を通わす。
そんな場所にいられることがなんて幸せなんだろうと感じられた素晴らしい発表会でした。

それから思ったのは、私にとってすごく「ファミリー感」がより強くなってきたというのも、今年とくに楽しいと感じた理由かなとも思いました。

大人の生徒さんも子供たちも、結構長く続けてくれてる人が多いのです。なので生徒のみなさんはもちろん、子供の生徒の親御さんたちも付き合いが長い方が多いしほんとに理解のある良い方ばかりで、発表会の当日の朝とか前日とかさすがに私も不安や心配で頭がいっぱいになるんですが、でもふと「あそこ(会場)に行けば『みんな』がいるんだ」と思ったらスッと心が楽になりました。

みんなの顔を思い浮かべたら心強く感じました。
実際大人の生徒のみなさんにはいろいろお手伝いもしていただいて本当に助かりました。あ、写真撮影ではお父さんたちにもご協力いただきましたね!
感謝、感謝です!!

そうそう、あとはホールの担当の方とか、お花屋さんとか、写真屋さんとか、そして調律師さんももちろんもう言わなくても分かってくださる方ばかりで頼もしいです。
あーなんか思い出したらまた幸せな気持ちになってきた。(笑)みなさんありがとうございました!!


発表会が終わってまだその次のレッスンは全員やったわけじゃないけど、大人の方なんかは「待ってました!」とばかりに「先生、今度この曲やりたいです♪」と曲を選んでくださってたり、子供たちは発表会で他の人の演奏に刺激を受けて「あれが弾きたい!」とか、「う〜ん来年の発表会はあれにしようかな〜」なんて言ってましたよ☆
また楽しくレッスンしていきましょ〜♪


今年のプログラム。
今年は印刷を印刷屋さんに頼んだの。そしたらうれしくなってなぜか新作の絵を描いてしまった。



いぬ!?

うん・・・犬描いた・・・・。
発表会前のクソ忙しい時に・・・・。

ペンタブレットで描いたよー。
描きづらいよー。(涙)




っていうか普段描かないからイラストレーターのツールの使い方とかよく分からないよー!!

なぜ犬かというと、犬っていうかまあボルゾイです。
犬にはとくに興味はあまりないのですが、ボルゾイの美しさには以前から心を打たれていて、「何描こうかなー」と考えた時に「ボルゾイ!!が描きたい!!」と思ったのです。

そしてバックにはカラーのお花。



あの造形の美しさにやはりしびれます。

というわけで私の好きな美しいものを描きました。
ピアノとはなんの関係もありません。いつものことです。(笑)

コメント集もがんばって作りました!!!
みんなの自己紹介や、発表会の曲に対する思いなど自由に書いてもらいました。これがなかなか好評です。


今年のドレスは曲のイメージでブルーにしましたよ。



わおー!!インスタ映えしまくりなケーキいただきました!!!



いちごちゃんもいる!!
インスタやってないのが悔やまれる!!(笑)


よっしゃー次は私はHIPHOPダンスの発表会に向けてダンスの練習じゃ!!
あとジャズピアノ教室のセッション練習会もあると思うから今度は弾き語りしちゃおうかなームフフ。
年始の抱負どおり、やりたいことを、やりたいように、やりたいだけやる!!
の感じで生きてますよ〜♪



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ







明けましておめでとうございます!!

昨年中もありがとうございました。
今年もよろしくお願い致します♪


えっと昨年12月はなんだかすでに余裕がなく(汗)ブログの更新も滞っておりましたが、元気で楽しくレッスンしております!

本当に年々ますますピアノのレッスンが楽しくなっている私です。
今年も子供のみなさん、大人のみなさんのレッスンをするのが楽しみでワクワクしております♪

自分のピアノも、12月30日の年の瀬にも2017年最後のレッスンに東京のN先生のところに行って参りましてやる気をバッチリチャージさせていただいてきました♪


今年の抱負はですね、今心に浮かぶことは、

「とにかく好きなことを好きなようにしまくるぞ!!」

ということです☆

「えっ!今以上に?(汗)」

って感じですけどね、ええ今も好きなことばかりやってますけどね、さらにそれを追求していきたいし、逆に好きなこと、やりたいこと以外はどうでもいいというか(笑)、ほかの人にどう思われてもなんか常識と違っていても気にしないでいいや!という思いを強くしている今日この頃です。
まあ他の人に迷惑だけはかけないようにですけどね。

みなさんも今年はさらに人生エンジョイして楽しく元気にお過ごしくださいませ♪

素敵な一年になりますように!


   ぴこ 2018.1.1



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ


カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety