体の使い方8-b:「腕と手首を横に重心移動させながら弾く」


はい今日はお盆休みで連休ということで、久しぶりにテクニックのことについて書きたいと思います。


今日のテーマはタイトルの通り、「腕と手首を横に重心移動させながら弾く」です!


カテゴリーの「体の使い方」の項目になりますが、前回No.10まで行ったのですよ。
でもNo.8の「腕の使い方」シリーズの内容になるので、番号的には少し戻ります。


っていうかなぜこれが後回しになったかと言うとそれは、この内容がめっちゃ重要だからです!
レッスンではめちゃめちゃ出て来ます。みんなに説明してます。バッハだろうがショパンだろうがドビュッシーだろうがポップスだろうが、なんにでも使えるし使えればとても弾きやすくなるし音も変わります♪

だから生徒さんは「なんでこのこと書かないんだろう?」と思ってたかもしれません。
いや、書きたいからこそ書いたら大変になりそうで(笑)後回しにしてしまいました。

でもとにかく簡潔に、スッキリ書こうと思います。



以前にも書いたかもしれませんが、「指」は弾いていると結構自然と動くようになるんですよ。でも「腕」は意識して使うようにしないと自然とはなかなか使えるようにならないのです。

体の使い方カテゴリーの8-aの記事「上から下ろして弾く」では、腕を上下に使うことについて書きました。
今回は腕の横方向の使い方です。



指は1の指から5の指まで5本ありますね。3の指は真ん中で、1と5ははじっこですよね。

真ん中の指だとそんなに意識しなくても自然とそこに重さが乗っていますが、はじっこの1や5の指で弾く時に、そこにも同じように、同じ重さがきちんと乗るように手の重心を移動することが必要になります。


例えばわかりやすいのはちょっと幅の広いアルペジオ(分散和音)を弾くような時。

これはバッハの平均律第1巻第1番のプレリュード。(全音版)


これですね。



じゃあこの部分の右手で。



1の指で「ラ」を弾く時はこのようになります。
(あ、今ピアノのない部屋で書いているので写真はデジタルピアノで失礼します。)



5の指で1オクターブ上の「ラ」を弾く時はこのように↓なります。



1を弾く時には腕が内側に、5を弾く時には腕が外側に移動します。
そうすることによって、腕の重さが1の指から5の指に移動して、どの指の音も同じように良い音で鳴らせます。

これはたとえば、5の指、つまり小指だけでつり革につかまるとします。そして力を抜いて腕をぶら〜んとさせるとします。
そうすると腕は真ん中ではなくて肘が外側に開きますよね。そんなイメージです。(笑)



左手も同じです。
これはツェルニー30番練習曲集の第2番です。(全音版)




例えばこの部分↓。
「この部分」は茨城(南部)弁では「ここんとこし!」と言います。
ここんとこし!
ここんとこしの左手です。



5の指で「ソ」を弾く時は手首が外側に。



5の指の「ソ」は保持音なので5も押さえたままですが、1の指で「ファ」を弾く時は手首が内側に移動します。




こんなふうに「横移動」を使ってみてください。初めはわざと、大きく動かしてみてください。そして、それぞれの指にきちんと重さが乗って、それを支えられて音がきちんと鳴るポイントを探してみてください。

最初は手の動きに意識が行きますが、最終的な目的はいつでも「音」です。
どんな音を鳴らしたいか、今どんな音が鳴っているか、こうしたらどう鳴るか、こうやったらどう変わるか、必ず自分で音を意識して聴きながらたくさん試してみてください。

重さが「乗り損ねた」音は、かすれたりくもったり、そこだけ音がへこんだりします。
はじっこの1や5の音はかすれやすいですが、ほかの2や3や4の指も同じです。音形によって弾きづらい箇所で重さが乗らなければかすれたりくもったりしますね。


重さは力んで乗せる必要はなくて、指で支える自然な腕の重さのことです。
音量を出したい時には乗せる重さを増やします。


横移動する時は、上半身まで動かすとバタつくし細かい部分や早い動きに対応できないので、上半身は安定させて肩から先、肩の関節、肘、手首を左右に自由に、柔軟に使うようにします。

腕や手首は柔軟でなければいけませんが、腕の角度が変わる分、指の支えはしっかりしなくてはいけません。
そして指先の支えはかなりしっかりと支えて、腕と手首は良いポジションに常に移動しますが、では指の動きはというとしっかり支えつつも固めるのではなく、一つ一つの鍵盤を「つかむ」ようにして弾きます。

「つかむ」ように、つまり指の関節も使うということです。
そうすることで微調整がきいて次の音へのいろんな「幅」に対応できますし音量の調整などもできます。


今はわかりやすく幅の広いアルペジオを例にしましたが、例えば隣の音に移動して行く音階のような動きでも、和音を弾く時でも、常に重心の移動はしながら弾くことが大事です。
つまり、どんな音形でもその音がきちんと鳴らせるポジションに常に手や腕を持って行って弾くようにするということです。

横の動きの大きさはその音形や、または弾く人の手の大きさなどによっても変わりますが、例えば見た目に大きく横に移動しないで弾くような場合でも、手の中で重心は常に移動します。それぞれの指に載せ替えて弾きます。


この「横移動」というか、手首を使うテクニックというのは音大に入る前にも入ってからもさんざん、さんざんやりましたねえ。
とくに私のように体の大きくない女性などは腕の重さをいうものをできる限り有効に使っていかないとなかなかこの大きな楽器を弾きこなせないのですね。



うーんやっぱりちょっと長くなってしまったかな。(汗)
うまく伝わるといいなあ。




♪ 体の使い方 ♪
   その1:「姿勢」
   その2:「手のフォーム」
   その3:「親指」
   その4:「タッチ」
   その5:「和音をそろえる」
   その6:「アクセントの鳴らし方」
   その7:「音階をきれいに弾く」
   その8:「腕を使って弾く」
   その8-a:「上から下ろして弾く」
   その9:「無駄な力を抜く」
   その10:「なめらかに弾く」



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2018/08/14 (Tue) / 体の使い方 / comment(0)

この子たちのためにがんばる


毎日暑いですね・・・・・

暑いですね・・・アツイ・・デス・・ネ・・・アツアツアアアアアツツイアアアツツツツツイイイアアaaaaa???(←暑くてエラー)


いえっ!!
先生は元気ですっ!!!

なぜなら家から出ないからです!!!

イオンには日が暮れてから行きます!!!


まあそんな今日この頃ですが、今日ふとLINEを見たら小学校高学年の生徒のAちゃんのプロフィール画像が変わってた↓↓↓





「ピアノの音色はひとを楽しませる」

って書いてある。


なんか「おおっ!」と思って、グッときた。

大人の生徒さんとはけっこう「ピアノの音っていいですよね〜」なんて話もしますが、子供たちとはあんまりそんな会話はしないし、Aちゃんともけっこうレッスンではふたりでふざけたりしてて↓↓↓


先「はーいじゃあ次これやりまーす」

A「ええ〜〜っ」

先「『ええ〜〜っ』じゃないよ!こんど『ええ〜〜っ』って言ったらもうやらない!プン!」

A「え、ええ〜〜!?(汗)あっ!『ええ〜〜』って言っちゃいけないんだ・・・お、『おお〜〜っ』!?」

先「あ、『ああ〜〜っ』!?(笑)」

A「う、『うう〜〜っ』!?(笑)」


なんてこの間言ってたところだけど(笑)こんなステキなプロフ画像作ってて。あ、自分で編集したらしいですよ?


これ見て、先生この子たちのためにがんばろう、って思った。ちょっとしたことなんだけど。

LINEもあんまりやってなかったんだけど、でも時代はどんどん変わるからなあ、もうLINEの時代かもなあ。
まあ流れにまかせて行きます。


あ、先生のプロフ画像?先生のはジョングクですよ。

生徒はこんなにステキなピアノの画像なのに・・・スマン。






♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2018/08/01 (Wed) / ピアノ教室日記 / comment(0)

百均小確幸


今日百均に行って、見た時に思わず「ふぉっ!」って小さな声が出てしまった戦利品。

まずはこちら。




み、ミナミコアリクイのノートだー!!

ふ、ふおおおおお~~!!(興奮)

ミナミコアリクイかわいいよね!

あ、しかもサイズも小さくてかわいいんです。
手で持ってこんな感じくらい。




ミナミコアリクイと言えばこの動画。
二本足で立って手を「がおーっ!」って上げて一生懸命に相手を威嚇して(るつもり)ます。

「アリクイの威嚇」

オオアリクイも好きだけど…
前にも載せた私が描いたオオアリクイ。



おお~アリクイのノートゲットだぜ!!



あとはこちら。



「のっぽまとまるくん」!!

のっぽまとまるくんを久しぶりに見つけて3つも買ってしまった!
(※比較対象 : ふつうのまとまるくん)

やっぱりまとまるくんだよね。消しカスが散らからないもんね。
私はまとまるくんしか使わない!(きっぱり)
のっぽまとまるくんは細くて使いやすい♪
明日から教室でも使おう!


という百均の小確幸でした。




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ




2018/07/16 (Mon) / ぴこんち / comment(0)

ジャズ練習会


このあいだの日曜日、8日に私の通っているジャズピアノ教室の「練習会」というものに参加してまいりました。

柏の駅前のピアノのあるカフェです。
秋の発表会とはまた違って、もう少し少人数で、発表会よりはちょっと気楽にゆるく楽しくやろうという感じの会です。

私は今回「弾き語り」で参加しました☆いつもの発表会だとジャズのスタンダードナンバーをドラムとベースとのトリオでガッツリ演奏していますが、今回はおたのしみなかんじで。(ちょっとラクしました☆)
この前の発表会の時に弾き語りの方が何人かいらしたので、私も歌っちゃおうかなーと思って歌っちゃうことにしました。

曲はジャズじゃなくてポップス2曲です。
UAの「悲しみジョニー」と、キリンジの「エイリアンズ」です。

いちおう録画しておいたのですが、あとから見たら「いやーこれは人様には見せられまい(いろんな意味で)」と思ってお蔵入りしようと思ってたんですが、大人の生徒さんに「いいじゃないですか!!ブログに載せてくださいよ!!」とリクエストされたので、載せますハイ。

くれぐれも、歌はシロウトですのでアレですが(汗)、まあ先生ほんとに音楽楽しんでるな〜と思って大きな気持ちでゆるしてやってください。あ、これは「エイリアンズ」です。



ギターとベースの方も一緒にやっていただきました。
楽譜もその場でお渡ししてその場で演奏するわけです。楽譜と言っても音符は書かないです。コードネームと譜割だけです。
これ↓は私の楽譜だから歌詞も書いてあるけどお渡しするのはコードだけですね。



いいところでちょっと間違ってたりしますが(笑(←私じゃないよ)、まあ練習会なのでゆるい感じで。でもその場でサッと合わせられちゃうなんてすごいですよ…!アンサンブルのバランスもアレですが(汗)、でもやっぱり元がギターの曲なのでギターに入ってもらうと雰囲気出ますね〜。ベースも入って厚みが出ますね。

私はただただ必死でした。すみません。でもこの曲いい曲でしょ?キリンジの名曲です。
でもこれは能年玲奈ちゃん(のん?)バージョンのキーです。のうねんちゃんも歌ってるんだよー。

いやー弾き語り難しいわー。でもいい経験になりました!


他の方々はガッツリジャズスタンダードを演っていたので、ああやっぱりジャズいいなあ〜、秋の発表会はガッツリとジャズをやろう!と刺激になりました♪


打ち上げの時に、演奏のお仕事をされているSさんというめちゃめちゃ上手い方から、

「ぴこさん(仮)今日もピアノ鳴ってたね〜!」

と言われて、

「えっ!そう?今日は歌だからどれくらい出していいのか分からなくて・・・っていうか歌で必死で(笑)」

「いや、いつもぴこさんのは音が違う。発表会の時も『ぴこさんは音が違うね!!どうしてあんなにいい音が鳴るの!?』って夫婦で言ってるの!」

「いや〜、わかる人にそう言ってもらえるとうれしいなあ・・・」

と話していたら、旦那様が、

「いや、素人の僕でも分かりますよ!よく鳴ってるんだけどそれだけじゃなくて、音が澄んでるというか・・・」

と言ってくださって、うれしかったですね〜〜。
(発表会の演奏はこちら


と、この日も自分も新しいことにチャレンジできて、そしてみなさんの生の演奏で楽しく刺激をいただけて、打ち上げでもいろんなお話を聞けて楽しい1日となりました♪


あっ!!!
そういえばこの日、ドラムの方も来てみなさんと演奏してましたが(私はドラムなしだったけど)、そのドラムがなんと高校二年生の男の子でめっちゃ上手くてびっくりした!!!
プロをめざしているらしい!
ベースのかたは趣味でジャズをやっている方なのですが、そのドラムの子が5歳から柏のセッションに来ていたのを知っていると言っていました!
いやー、私ずっとドラム見ちゃったもん。ジャズドラムのいろんな技を持っていて、「うわ〜〜!ジャズのCDで聴くみたいなのがたくさん入ってる〜!!」と思いながら感動していました☆

ほんと、みなさん熱心で素晴らしいです。

あ、くれぐれも私の動画は生暖かい気持ちで見てやってくださいね。よろしくお願いします。(ペコリ)


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ



2018/07/13 (Fri) / ジャズ / comment(2)

はじめてのピアノ




↑こちらは昨日はじめてのレッスンだったKちゃんが私にくれたプレゼントです。
私を描いてくれたらしいです☆
かわいく描いてくれてうれしいよー!
じーん。(涙)


5歳のKちゃんの初レッスン、とっても楽しく終わりました♪
鍵盤で一緒にじゃんけんゲームをしたり、ママも一緒にリズムのまねっこ遊びをしたり・・・。

そして最初はドレミの「ド」の場所も知らなかったのに、一緒に「どどどどどーなっつ」のカードで遊んで、そして「どどどどどーなっつ」を一緒に歌って弾いたら、もう「ドレミファソ」の鍵盤も覚えて一本指で弾けるようになっちゃった!!

そしたらKちゃん、

「もおいっかいやるー!」
「もおいっかいやるー♪」

と言って、何回も「どどどどどーなっつ」を弾きました!

(「どどどどどーなっつ」の教材と遊び方についてはこちら


「ド、レ、ミ、ファ、ソ」の5つの音だけだけれど、それでもKちゃんははじめて「じぶんで、ピアノで音を奏でる」という楽しさを、快感を、喜びを感じたのではないかなと思いました。


そうなんだよ!!

自分で音を奏でるのって楽しいんだよ!!


「もおいっかいやるー」

と言って、小さな指でいっしょうけんめい鍵盤を弾くKちゃんを見て私が感動してしまいました。


こうやってみんなドレミの「ド」から始めて、いつのまにか大きくなっていつのまにかいろんな曲を弾けるようになっていくんだよなあ。
うちは長く続けてくれている子がたくさんいるので、子供達が大きくなっていくのをずっとそばで見ていけるのも楽しいです。

Kちゃんもこれからピアノライフが始まるんだなあ。
これからKちゃんにも、たくさんの音楽のときめきと、たくさんのピアノのよろこびがありますように♪
先生は全力で応援していきます!!


先生はあさっての日曜日、ジャズピアノ教室の「練習会」というものがありまして、初めて弾き語りに挑戦する予定ですっ。
まあ曲はジャズじゃないんだけど、がんばりまーす!


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2018/07/06 (Fri) / ピアノ教室日記 / comment(2)
home 次のページ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo