そうだったのか!音楽理論 その3:和音の解決の例1


 →そうだったのか!音楽理論 その1:「調って?」

 →そうだったのか!音楽理論 その2:音楽のキモ!!「終止感(解決)」


ということで前回和音の響きの「機能」のことを書きました。
せっかくなのでさっそくその具体的な例を載せようと思います。


調の「5の和音」には「1の和音」に行きたいよ〜!というエネルギーがあって、音楽ってそのエネルギーでできているんだよー!という話を書きました。
「5の和音」から「1の和音」へ進行することを「解決」といいますね。

それで、ハ長調になっててわかりやすい楽譜なにかないかなーと探したらいいのがあったのでそれを載せまーす。


シューベルトの「鱒(ます)」のハ長調かんたんアレンジバージョンの楽譜です。

(ドレミ楽譜出版社 橋本晃一編「おとなのためのピアノ曲集 クラシック編1」)




ハ長調なので「1の和音」は「ド・ミ・ソ」、「5の和音」は「ソ・シ・レ」です。
「1の和音」の響きの部分は青で、「5の和音」の響きのところは赤で囲みました。

前半。


後半。


↑このフリーハンドの雑な線が、先生のおおらかな性格を表しています。(笑)


ね!?
どうですか!?
みんなが学校の音楽の鑑賞の授業でも聴く世界の名曲が、こんなに1の和音と5の和音だらけでできているのです!!

みなさんもよかったら、このメロディーを弾きながら左手で「1の和音(ドミソ)」と「5の和音(ソシレ)」で合わせて弾いてみてね。
そして「5の和音」の「1の和音に行きたいよー!」というエネルギーを感じながら弾いてみて下さい。
すると今までよりも曲の内容が理解しやすくなると思います♪

もちろんこれはシンプルな例で、もっと複雑な和音の響きが出てくる曲もたくさんあります。

またわかりやすい例を見つけたら載せたいと思います♪



これ、先日2年生の女の子が「先生にあげる」ってレッスンに持って来てくれた4つ葉のクローバー♪



教室の駐車場で見つけたんですって!
生徒のみなさん、今度レッスンに来たときは駐車場で4つ葉のクローバー探したらみつかるかもですよ☆








♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2018/05/07 (Mon) / 音楽理論 / comment(0)

そうだったのか!音楽理論 その2:音楽のキモ!!「終止感(解決)」


はい、先生の大好きな音楽理論のお話です。
まだ1回しか書いてなかったけど、その1回目には「調」のことを書きました。

 →そうだったのか!音楽理論 その1:「調って?」

それで今日は2回目ですけど、いきなり音楽理論のいっちゃん「キモ」のとこ書きます。
もうこれがキモのキモです。いちばん肝心なこと書いちゃいますよ!!


【 和音の『解決』 】

この間「調」の話を書きましたが、一般的な「長調」と「短調」はそれぞれ、基本的に7個の音でできています。

私たちがピアノなどで使うドレミの「音」は、(1オクターブ内で)白鍵7個と黒鍵5個の12個の音があって、「長調」、「短調」ではそのうちの7個を材料として音楽を作るわけです。

ここ、結構重要だけどみんな言われるまであんまり分かっていないところですよ?

♯や♭がそれぞれ付いてたり付いてなかったり、7個の材料はそれぞれの調で違います。

(ちなみに実は世界にはこの一般的な長調と短調以外の調子(そして音階)の音楽があって、5音音階とか6音とか8音の音階とかもあります)


まあその7個の音を順番に並べたのが長音階と短音階で、でも音階の話はまたするとして、今日は一番わかりやすいハ長調で話を進めます。

「ハ長調」とは、この間の理論の話で書いたように「ハ(つまりド)の音が中心の明るい響きの音楽」です。


ハ長調は♯や♭がないので、白鍵の7個が材料です。

 ド レ ミ ファ ソ ラ シ 

の7個。

この7個の音に、それぞれ1個飛ばしに音を重ねて和音にします。

 ソ  ラ  シ  ド  レ  ミ  フ
 ミ  フ  ソ  ラ  シ  ド  レ
 ド  レ  ミ  フ  ソ  ラ  シ

↑こうなりますね。縦に見てね。
(「ファ」は小さい「ァ」を入れると画面上できれいに並ばないので「フ」としました)

それぞれの和音に低い方から順に番号を付けます。

 ソ  ラ  シ  ド  レ  ミ  フ
 ミ  フ  ソ  ラ  シ  ド  レ
 ド  レ  ミ  フ  ソ  ラ  シ
 1  2  3  4  5  6  7

これ、理論の話をする時には和音に付く番号は本来はローマ数字で表します。
でも文字化けとかしたらイヤなのでここではこの数字にします。

それぞれ、ハ長調の1の和音、2の和音、3の和音・・・となります。
それぞれに響きの性格というか性質があって、その役割を「機能」と言います。

この中の「5の和音(ソシレ)」には「1の和音(ドミソ)」に行きたいよ〜!!という性質があります。
その性質を強めるのに、もう1個上に音(ファ)を重ねてエネルギーをより強くする場合が多いです。

 フ
 レ            ソ
 シ            ミ
 ソ →行きたいよー!!→ ド
 5            1


さて、やっと前準備の話が終わったので、今日のその「キモ」の話をします。
言いますよ!!!

すっごいキモのキモだけ言うと、


クラシックでもポップスでもジャズでもロックでも、この

『「5の和音」から「1の和音」へ行きたいよー!!!』

というエネルギーで音楽はできています!!!



∑(゚Д゚;) え、ええっ?


いやまあ、それはすごい雑な言い方ですよ?でもそうなんです。

もちろん、その5の和音と1の和音をつなぐものがいろいろあったり、または5から1に行くと見せかけて違うところに行って「あんもうっ」と思わせたり、5に似た代わりのものを使ったり、もっと拡大解釈して違う和音を使ったり、わざとそのエネルギーを避けてみたり、などなどもあります。

でも分析すると面白いように、音楽ってそのエネルギーでできてます。
って言うか、作る方もそれを使って作ってるというか。


学校で「きりーつ、れい、ちゃくせき」って時の「チャーン、チャーン、チャーン」っていう音は、「1の和音、5の和音、1の和音」です。

 ド  シ  ド
 ソ  フ  ソ
 ミ  レ  ミ
 ド  ソ  ド
 1  5  1

全部の音入れて弾くとこんな感じかな。
これ、5を弾いて1に行かなかったらすごーくモヤモヤするでしょう?
そして、5のあとに1に行ったら「よかった、ホッ」って感じがする。
これが「終止感」です。音楽理論では「解決」と言います。


これが音楽のキモです!!
他の調でも同じです!!
モーツァルトとか、めっちゃ1と5だらけでできてるよ!!
分析するとおもしろいよ♪


ということで今日はここまで〜。
またいつか〜!
Someday〜〜!!






♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2018/04/16 (Mon) / 音楽理論 / comment(0)

そうだったのか!音楽理論 その1:「調って?」


えー音楽理論の話をするとき生き生きすると言われる私ですが、大人の生徒さんなどから「音楽理論って知りたいな〜と思うけど、なんだか難しそうだし・・・」と言われることが結構あります。

でも理論を知ると曲の理解につながるし、作曲家がどんな風に曲を作るのかも分かってくるし、「ここのこの音が、この響きが『きゅん!』と来るけどなぜなんだろう?」というような音楽の謎にも迫れたり、またはそこから自分で作曲したりアレンジしたり、アドリブをすることにもつながって行ったりします。
あ、暗譜にも役立ったりしますね。

なので、このブログでも私が元気がある時に(笑)、時々、少しずつ理論のことも書いていけたらな〜と思いました。

でも理論の本はたくさん出ていますので、ここでは理論の本よりも噛み砕いて、そして分かりやすく実践的に、そして気楽に♪書きたいな〜と思います。



ということで「調」です。
あのね、理論の本ってだいたいまず「音程」から入るんですよ。
それはそれで理由もあるしまあいいんですけど、ただみんなここでさっそく嫌になっちゃうっていうか、「はあ?」みたいになっちゃうので、私は音程は後回しにします。
だいじょぶだいじょぶ!


よく見たり聞いたりする「ハ長調」とか「ロ短調」など、調の名前。これは、頭のカタカナの「ハ」とか「ロ」の部分と、後ろの「町長」、あいや、「長調」とか「短調」の部分で分かれてます。


1:頭の「ハ」とか「ロ」の部分。


これは、「ドレミファソラシドのどの音がその曲の中心になるか」ってことです。

中心になる音が、日本音名で示されています。

日本音名は「ドレミファソラシド」を、

ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ

と言います。

「ハ長調」の曲は「ハ」、つまり「ド」の音が中心で、「ロ短調」の曲では「ロ」、つまり「シ」の音が中心となる、ということです。

「曲の中心になる」というのはピンと来ないかもしれませんが、その音、そしてその音に重ねた和音の響きが、その曲の中で安定感を感じる、というような感じです。



2:後ろの「長調」とか「短調」の部分。


これは「その曲が明るいひびきの曲か、それとも暗いひびきの曲か」ということです。

「長調」は明るい響きの曲、「短調」は暗い響きの曲、です。ごくシンプルです。

例えば「さいた〜さいた〜」の「ちゅうりっぷ」は明るい長調、「はるこうろうの〜はなのえん〜〜」の「荒城の月」は暗い短調、です。



以上の2つを総合すると、「ハ長調」とは「ハ(ド)が中心の明るい響きの曲」「ロ短調」とは「ロ(シ)が中心の暗い響きの曲」ということになります。


これが今日の「調」の表記の説明になります♪



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



♪音名表記について


ドレミファソラシドの日本音名での表記は

ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ

ですが、ドイツ音名では

C(ツェー) D(デー) E(エー) F(エフ) G(ゲー) A(アー) H(ハー) C(ツェー)

です。

英語音名では

C(シー) D(ディー) E(イー) F(エフ) G(ジー) A(エー) B(ビー) C(シー)

と、まあ当たり前ですけど英語読みで、「シ」の音だけドイツ音名とは違います。

クラシックではドイツ音名を使うけど、他のジャズとかロックとかポップスでは英語音名を使いますね。日本では。欧米ではどうしてるんでしょうね。



そしてそれぞれの音に♯(シャープ)が付くと、

日本音名ではそれぞれの音名の前に「嬰(えい)」を付けて、

嬰ハ 嬰ニ 嬰ホ 嬰ヘ 嬰ト 嬰イ 嬰ロ 嬰ハ

と表記します。

ドイツ音名ではそれぞれの音の後ろに「is」を付けて、

Cis(チス) Dis(ディス) Eis(エイス) Fis(フィス) Gis(ギス) Ais(アイス) His(ヒス) Cis

と言います。

英語音名ではそれぞれの音の後ろ(っていうかほんとは右上)に「♯」記号そのものを付けて、

C♯ D♯ E♯ F♯ G♯ A♯ B♯ C♯

と表記します。



そして♭(フラット)が付くと、

日本音名ではそれぞれの音名の前に「変(へん)」を付けて、

変ハ 変ニ 変ホ 変ヘ 変ト 変イ 変ロ 変ハ

と表記します。

ドイツ音名ではそれぞれの音の後ろに「es」を付けて、

Ces(チェス) Des(デス) Es(エス) Fes(フェス) Ges(ゲス) As(アス) B(ベー) Ces

と言います。
「シ」の音、つまり「H(ハー)」の音が、「B(ベー)になるのが注意。

英語音名ではやはりそれぞれの音の後ろ(右上)に「♭」記号そのものを付けて、

C♭ D♭ E♭ F♭ G♭ A♭ B♭ C♭

と表記します。




うーんやっぱり全部書くとそこそこ大変ね。(汗)続くかしらこの企画・・・。
まあちょっとずつ、ポイント、ポイントだけ書いていきましょう。

ではまた〜!!







♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2017/11/02 (Thu) / 音楽理論 / comment(0)
home
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(06/05)
(06/04)
(05/30)
(05/29)
(05/29)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo