そうだったのか!音楽理論 その3:和音の解決の例1


 →そうだったのか!音楽理論 その1:「調って?」

 →そうだったのか!音楽理論 その2:音楽のキモ!!「終止感(解決)」


ということで前回和音の響きの「機能」のことを書きました。
せっかくなのでさっそくその具体的な例を載せようと思います。


調の「5の和音」には「1の和音」に行きたいよ〜!というエネルギーがあって、音楽ってそのエネルギーでできているんだよー!という話を書きました。
「5の和音」から「1の和音」へ進行することを「解決」といいますね。

それで、ハ長調になっててわかりやすい楽譜なにかないかなーと探したらいいのがあったのでそれを載せまーす。


シューベルトの「鱒(ます)」のハ長調かんたんアレンジバージョンの楽譜です。

(ドレミ楽譜出版社 橋本晃一編「おとなのためのピアノ曲集 クラシック編1」)




ハ長調なので「1の和音」は「ド・ミ・ソ」、「5の和音」は「ソ・シ・レ」です。
「1の和音」の響きの部分は青で、「5の和音」の響きのところは赤で囲みました。

前半。


後半。


↑このフリーハンドの雑な線が、先生のおおらかな性格を表しています。(笑)


ね!?
どうですか!?
みんなが学校の音楽の鑑賞の授業でも聴く世界の名曲が、こんなに1の和音と5の和音だらけでできているのです!!

みなさんもよかったら、このメロディーを弾きながら左手で「1の和音(ドミソ)」と「5の和音(ソシレ)」で合わせて弾いてみてね。
そして「5の和音」の「1の和音に行きたいよー!」というエネルギーを感じながら弾いてみて下さい。
すると今までよりも曲の内容が理解しやすくなると思います♪

もちろんこれはシンプルな例で、もっと複雑な和音の響きが出てくる曲もたくさんあります。

またわかりやすい例を見つけたら載せたいと思います♪



これ、先日2年生の女の子が「先生にあげる」ってレッスンに持って来てくれた4つ葉のクローバー♪



教室の駐車場で見つけたんですって!
生徒のみなさん、今度レッスンに来たときは駐車場で4つ葉のクローバー探したらみつかるかもですよ☆








♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

2018/05/07 音楽理論 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

カレンダー
 
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
 
カテゴリー
 
 
 
プロフィール
 
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
 
 
最新記事
 
(09/16)
(09/07)
(08/30)
(08/23)
(08/14)
 
 
最新CM
 
(09/09)
(09/08)
(08/25)
(08/24)
(07/13)
 
 
リンク
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
RSS
 
 
 
バーコード
 
 
 
最新TB
 
 
 
カウンター
 
 
 
アクセス解析
 
 
 
プロフィール
 
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。