茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
  カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
  ブログ内検索
  バーコード
  最新TB
  カウンター
  アクセス解析
  プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
2016/09/01 (Thu)

大人の生徒さんの中で「理論も知りたいです」という方もいらっしゃるので、その場合はレッスンの中で理論の時間も取ってお教えしています♪

少し前からレッスンに来ている大人のおねえさんのNさんは、まず楽典の本を買ってきましたが、「うーん、よくわからないです。」と言っていました。
「全然大丈夫だよ♪全部説明するから、そのあと読み返してみるとよく分かるし本があることで整理できると思うよ」
と言って「音程」の所から説明を始めました。
用語とかは読めば分かるしね。

そして最近は「音階」に入りまして、「ここらへんから『あ、そういうことか!』ってちょっとおもしろくなってくると思うよ♪」と言って長調を一通りやりました。

するとNさん、
「なるほどーそういうことなんですね!前に習っていた時は先生に『♯ 何個が何調、♭ 何個が何調』って言われてなんかよく分からないし覚えられないよ〜!って思ってたんですけど、そっかあーこういうことだったんですね!」
とピンと来て理解したようでした。

音階、即ち「調」の成り立ちを理解すれば音楽の成り立ちの理解の第一歩になりますね。
一度理解すれば難しいことじゃないですしね。
ここからますますおもしろくなるよ〜!

ざっと理論を理解すれば作曲者の「意図」が読み取りやすくなります。
そして曲の中で「なんでこの部分が『グッ』と来るの!?」とか「ここの響きがすごくステキなんだけどどうなってるの!?」とか、音楽の秘密を解き明かすような楽しさがあります☆

私はそこが一応分かっておかないとムズムズモヤモヤするんで、自分で曲に取り組む時はとりあえず気になるところから楽譜にコードネーム振りますね。そして結局最初から最後まで全部振ります。(笑)
だってそうじゃないとムズムズモヤモヤするんだもん!!

ということで、「理論やりたい」という方には時間を取って説明したり、そうでない方にもレッスンの中でポイントポイントでちょこちょこ説明したりしています。



えーこちらは私の好きなイラストレーターの宇野亜喜良さんの今年のカレンダー♪


飛び出す絵本になっているなんて・・・・・なんてなんてステキなのっ!!!プルプル!!(←トキメキで震える)
これは春夏秋冬って4冊の飛び出す絵本になっているんだー♪
後ろの白い四角いのは4冊入れるケース。

いちおうカレンダーの日付があるけど・・・

まったく実用には適さないので(笑)カレンダーとしては使っていません。
そろそろ秋バージョンにするかねえ。


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/08/11 (Thu)

幼稚園年長さんのYちゃんは今年春にピアノを始めた男の子です。
右手のドレミファソから始めて今は左手もどんどん弾けるようになってます!

Yちゃんには3年生のお兄ちゃんと5年生のお姉ちゃんがいてお姉ちゃんたちもピアノをやっています。

今週のレッスンでYちゃんが、「Mくん(←お兄ちゃん)がおしえてくれたの、おゆびまるくね、あとチョキチョキれんしゅうしたの」と言って、指をピアノを弾く時の丸い形にして教えてくれました。

「Mくんとれんしゅうしたの」と言って楽譜を見せてくれるとお兄ちゃん先生の指導のあとが!







おおお〜〜!!

指番号が振ってあり、あとは「チョキチョキ練習」の場所を示すハサミマークと、練習した回数を書く星印が!!

すごい!私がMくんのレッスンでやっているように、MくんもYちゃんにていねいに教えたようです。

「チョキチョキ練習」というのはぴこ教室用語で(笑)、

「ここからここまで練習しよう!(ハサミマークをその部分の始めと終わりに描いて)チョキチョキ!はい、切り取ったよ。何回やったらスラスラになるかなあ?よし、じゃあ5回練習しよう!」

と言って、その場で練習しながら、

「はい!1回!1星ゲット!」 「はい2回!はい2星〜」

と数えながら☆マークを楽譜に描いて行きます。

マークを描くのは、やはりがんばったのが目に見えると張り合いと達成感があるからです。
その時によって女の子だとハートマークだったり、あと自分で好きなマークを描く場合もあります。

そうやって自分で教わっているように弟のYちゃんにしっかり教えているMくん、やさしいしいなあ〜♪
2人でピアノの前に並んで座って、「じゃあここ5回練習しよう!」「うん!」ってがんばってる姿を想像するとかわいい〜!!

ちなみに弟のYちゃんはやさしいお兄ちゃんのMくんをすごくリスペクトしていて、生まれ変わってもまたMくんの弟になる!と言っているそう。
仲良しだなあ〜♪
あ、お姉ちゃんも面倒見のいいやさしいお姉ちゃんです!ピアノもがんばってます♪みんないい子!
来年の発表会は3人そろっての参加楽しみだなあ♪



  ♪お知らせ♪

1月以来久しぶりに生徒募集致します!
こちらのページをご覧下さい。

当教室では大人の生徒さんもたくさんいらしています。
みなさんお好きな曲をどんどん弾けるようになっています。
初心者の方も経験者の方も歓迎です♪
興味のある方はお問い合わせください。


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/07/28 (Thu)

子供達を教えていて、「おお〜譜読みの力が付いてきたなあ〜!」とか「強弱の変化をこんなに出せるようになったなあ!」とか日々その成長に感動しますが、ここのところ「音質」の変化を出せるようになったと感じて感動することがよくあります。

「プレ・インヴェンション」の中のモーツァルトの軽快な曲を弾いていたWちゃん。
「おお〜!Wちゃんキビキビとした音が上手になったね〜!スタッカートもはぎれよく弾けてて、このモーツァルトの曲の生き生きした魅力がよく出てたよ!」
とほめました♪

また、ギロックの「舟歌」という美しくロマンティックな曲を弾いていたSちゃん。
「Sちゃん右手と左手の音質をちゃんと変えて弾けてたね!左手は低い音だし和音が多くてうるさくなりやすいのにすごくソフトであたたかい音で弾けてた。右手はその響きの上に浮き立つようなくっきりとしてよく通る澄んだ響きで弾けてた!」
と先生は感動しながらほめました。

Sちゃんはその次にブルクミュラーの「アラベスク」をやったのですが、「この曲の『p』は決して弱々しいpじゃなくて、緊張感のあるpなんだよ。だから音量は小さくても音はくっきり、そしてスタッカートは短く鋭く、そうするとこんな風に緊張感のあるpになるよ」と弾いて聴かせて練習するとガラッと音が変わって緊張感のあるpに!
「できてるね!すごくかっこよくなったよ!」
とこれまたほめました♪

「音量」とはまた違った「音質」、「音色」のコントロールは、「音量」と同じくらい大事な表現の一つです。こればかりは電子ピアノではできないですねえ。レッスンでやっていくとだんだん身に付いてきますね。タッチなどを説明しながら、実際に私が弾いて音で聴かせるのが一番分かりやすいですね。

そしていろんなタイプの曲を弾いていくことで、その曲その曲で必要とされる「音質」を使えるようになると思います。なので私はブルクミュラーの前にギロックも結構使いますがそういう意味でもとてもいい曲集だと思います。
ギロックは現代の作曲家ですが、過去の四期のスタイルをきちんと使って作っているのでいろんな表現を使うことができますし、何より楽しいですね。小さい子にもロマンティックな響きのものや近代的な響きのものに触れられるのはとてもいいことだと思います。

大人の方でも、ベートーヴェンをやったりドビュッシーをやったりいろんな時代の作曲家の曲に取り組むとやはりそれぞれに求められる音質の表現があるのでまた全然違うタッチを身に付けたりできていますね。

ピアノはやればやるほど奥深いですね♪



こちら「くちなし」の花。


ほんといい香り!!
「くちなしの花」と言えば渡哲也。
「い〜まではゆび〜わも〜」
って、わかるかなあ〜〜〜?
わかんないかなあ〜〜?名曲なんだけどなあ〜〜☆



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/07/14 (Thu)

いろんな教室があると思いますが、私の教室では小さい子もみんなママ無しで1人でレッスンを受けます。
いろいろやってみたことはありますが、結論として1人の方がしっかりする!!元気なタイプの子もおとなしいタイプの子も甘えん坊なタイプの子も、どんな子も1人の方がしっかりしてレッスンがうまく進みますね。

とは言っても小さい子で最初まだ慣れていなくて「ママもいっしょがいい〜」って言う場合は最初の一回とか数回はママも一緒にいていただくこともあります。その子によっては「ママいなくてだいじょうぶ!」と最初から1人でやりたがる子もいます。でもお母様にレッスンをどんな感じで進めるのか見ていただくのに最初はいてもらうことが多いかな?

先生によってお考えがいろいろあるし、お母様に一緒にいていただいておうちでも練習を見てあげて下さいというやり方もいいと思います。それぞれいい所がありますね。


5月からレッスンを始めた年中さんのMちゃんは「7月になったら1人でレッスンしようね」と前回話したら「ままもいっしょがいい〜〜ふええ〜〜」と泣き声になったので(想定内)、MちゃんMちゃん、と呼んで耳元で内緒話の声で「1人でレッスンしたらいいものもらえるよ!ないしょだよ!」と言ったらニコニコ顔で元気に「せんせえさよおなら〜♪」とごあいさつしてご機嫌で帰って行きました。(想定通り。笑)

そして今日初1人レッスンでしたが、レッスン室に入ると「いいものなあに?」とワクワク顔。
いいものとは言っても数百円の文房具とかで、うちの生徒は例えば一冊テキストが全部終わった時とかにご褒美でもらえることになっています。

「ご褒美箱」から一つかわいいマグネットを選んだMちゃんはご機嫌で、そのあとのレッスンはピアノもリズムもノートも全部楽しくできました!
やはりママと一緒の時よりしっかりしておねえさんになりますねえ。話し方まで違う。

そしてなぜかハイテンション。(笑)興奮してピョンピョン飛び跳ねたりしてました☆
心配していたママがお迎えに来たら、

「ママ!もっとあとでおむかえにきて!もっとやる!!」

と言うくらいなぜか1人レッスンが楽しかったみたいです。

Mちゃんが帰ってからふと見たらクッションがぬれていたのでなんだろうと思ったらヨダレだった。(笑)興奮しすぎて飛び跳ねてヨダレたれちゃったんだな。そんなに?(笑)


そういえば前にも同じくらいの歳の女の子に「じゃあ今度から1人でレッスンしてみようね」と言ったら「ママもいっしょがいい〜〜ふえふえ〜」と泣いてたけど、実際1人でやってみたら超ハイテンションで興奮してなにやってもケタケタ笑って危うくピアノの椅子から転げ落ちそうになってたなあ。
なんだろう。(笑)


そんな初めての1人レッスン大成功の巻でした!


こちら、先日初めて「猫カフェ」に行ってみた時の写真です☆

みんな人懐こい子だった♪
だっこしたらすうすう寝ちゃった。
子猫は全生物の中で最強にかわいい!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/07/08 (Fri)

私のところの教室では夕方はやはり子供達やお仕事帰りの大人の方などが来ていますが、平日の昼間の早目の時間は主婦の方が多いです。
火曜日は昼間に主婦の方が4人もいらしています!

みなさん家事やお子さんのことや親御さんのことやお仕事されている方もいますし、本当にお忙しいのにピアノもやりたい!という気持ちが素晴らしいなあと思います。

もちろん主婦の方だけでなくてそのほかお仕事されながらレッスンに通っている大人の方々もみなさん遠くへ通われていたり残業の続く日もあったりお休みの日もお仕事が入ったりお忙しくて大変そうですがレッスンを一生懸命受けてくださっています。


子供たちとレッスンするのも楽しいですが、大人の方だとまた違う楽しさがありますね。
みなさん弾きたい曲がどんどん出て来て「今度これ弾いてみたいんです」とか「YouTubeで見つけたこの曲は弾けるでしょうか?」とか「昔から憧れだったあの曲にチャレンジしてみたいんですけど・・・」と意欲的です。

レッスンしていても「ここの強弱はどうしたらいいでしょう?」とか「ここの16分音符をきれいに弾きたいんですが・・・」とか「左手の伴奏がつい大きくなっちゃって」とか、気になる事をいろいろ聴いて下さるので具体的かつ実用的なレッスンができます。

大人の方はクラシックのほかにも映画音楽やバラード曲などいろいろ弾かれる方がいますが、今はクラシックを弾いてる人が多いですね。
ショパンやドビュッシーやバッハ、ベートーヴェンやモーツァルト・・・いろんな作曲家のいろんな曲をレッスンで扱えて私も楽しいです♪

大人の方だと理論的な説明や細かい表現やテクニック練習なども納得して興味を持ってやって下さって、そうするとレッスンの最中にもどんどん音や表現が変わって行って楽しいです♪

でもみなさん、「忙しくてなかなか家での練習が・・・」と言われるのですが、レッスンの時間相当集中して弾かれるので、そこだけでも進歩している感じがしますね。


みなさん真面目にレッスンしてらっしゃいますが、大人同士のちょっとした情報交換なども楽しいです☆
おいしいお店を教えて下さったり、あとは私も含め健康の気になるお年頃なので健康法とか病院情報とか。(笑)これ重要なんですよ!(笑)


みなさん音楽の好きな、本当にいい方ばかりです♪



こちらうちの「箱入り娘」




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

* ILLUSTRATION BY nyao *