茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!
2017/05月
≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06月≫
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11

今日レッスンだった大人のお姉さんのMちゃんはショパンの「舟歌」が大好きで、いつか発表会でこの曲を弾きたい!と練習しています。私も数あるショパンの名曲の中でも特に好きな曲でもあります。

ショパンの「舟歌」は素晴らしい名作ですが、同時に大変難しい曲でもあります。しかしMちゃんはちょっと苦労しながらも少しずつ、コツコツ譜読みを進めてきてだいぶ後半まで来ました。

今日もレッスンで先に進むのに「次の部分はこんな感じだよ」と私が弾いてあげると、
「ここ〜!!ここの半音の所とかすごくステキですよね〜!!!」
と興奮しながら言うので、
「そう〜分かる!!私も今弾きながら自分で鳥肌立った〜!!!」
と私も興奮してしまいました。(笑)

M「先生の演奏でさらにこの優美な感じがたまらなくて!」
先生「いや〜ここの和音の響きがね!もう一つ一ついいよね!!」

そのあともレッスンを進めながら、
M「すごいですよね〜・・・時も超えて場所もこんなに離れた所で、でも今でも当時と同じようにこうして感動できる作品って」
先「ほんと。やっぱりさ、天才だよね!この作品がこうして残っててくれて弾く事ができてよかったよね!」
M「そうですよね・・・きっと当時もほかにもたくさんの作曲家がいて、同じ時代の作曲の理論だったり技法を使っていたんでしょうけど、その中でこうして残っていくのって特別なんでしょうね。」
先「例えばシューマンもリストも同じ時代で大作曲家だけど、みんなそれぞれに全然違う個性でそれぞれの響きがあるしね!同じ時代なのにね。」
M「そう!それぞれ違いますよね!」

先「しかしここの部分もたまらんよね!!弾くたび『グッ』と来るんだよね〜!」
M「分かります〜!!なんだろう!音って空気の振動なのに。何がそんなに心を揺らすんだろう」
先「不思議だよねえ〜!」

と、2人で興奮したりときめいたり感心したりのレッスンでした☆
このときめきが、心の高鳴りが、人生を豊かにしてくれる気がします♪



さて。今日の写真ネタはちょっとタイミングが遅れましたが、先日の「かすみがうらマラソン」を題材にした地元川柳です。
土浦市の市報に載ってました☆





どれも茨城弁をうまく使っていてよくできていて「おお〜っ」と思いました(笑)

ちなみに使われている茨城弁をちょっと解説すると「いぢやげだ」は「イラつく、むかつく、腹が立つ」の意味の「いぢやける」という代表的な茨城弁。の過去形です。たぶん「いぢやける」って漢字で書くと「意地焼ける」だと思うんだよね。たぶんね、たぶん。
「ごじゃっぺ部門」の「ごじゃっぺ」とは、う〜ん、やってることがデタラメでちゃんとしてないような人のことです。そして「ごじゃっぺ部門」の作品の中の「こわい」は茨城弁では「疲れた」の意味です。

私もやれと言われればかなりネイティブな茨城弁(県南バージョン)で話すことができます。
でも今は年配の方以外は茨城弁も全然使われなくなって、ちょっと寂しい感じもしますね。



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ




これは今日の発表会に向けてのレッスンで、小学生のKちゃんが自分で楽譜に付けた付箋です。

録音した演奏を聴きながら、自分で気になった所に忘れないように付箋をちょんちょんと付けました。
聴き終わってそれを見ながら、「ここはこのアクセントを忘れてて、ここはちょっとズレちゃって、ここは伸ばすのが短くなってて・・・」と私に説明してくれました。
そしてそれをチェックしながらまた練習していきました。

子供達の発表会の曲もだいぶ仕上げになってきました。
「ここはこう弾くとこんな感じになるよ」と私の演奏を聞いて、説明を聞いて、それを自分でも試してみて、録音したのを客観的に聴いてチェックして、そういうレッスンをくり返しながら、少しの音量やバランスやテンポのコントロールで聴こえ方、伝わり方がこんな風に違ってくるんだな、と実感として理解できてきました。

みんなの成長が目に見えて、私もレッスンしていて楽しいです♪

発表会まで風邪をひかずにがんばろうー!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

う・・・・・美しい・・・・・

バッハの偽終止は何故にこんなにも美しく胸に響くのか・・・・・


↑楽譜は「コラール『来れ、異教徒の救い主よ』BWV659 ブゾーニ編」 (DOVER版)

この曲を発表会で弾くのは大人の生徒さんのMくん。
先生の血を正しく受け継いでこの素晴らしい選曲。(笑)

この右下の小節の三拍目。コード進行で言うとD7から本来Gmに解決するところがE♭に偽終止しているわけですね。

ああ・・・・まるで仄暗い海の底でひっそりと育まれた真珠の玉が放つ青白い光のようにその輝きは深く、清らかで高貴であり、そして静かな情熱を含んでいる・・・・・
(↑※個人の感想です)

ほんとバッハの偽終止はたまらんです。インヴェンションの中にも何曲かあるよね、偽終止の入ってる曲。
その偽終止を素敵に弾くのが一つのポイントかと思います♪


こちら小学4年生のIちゃんから「先生も書いて♪」と渡された「プロフィール帳」。


ジョシはこういうの好きなんだよねー。これをお友達同士で書いて渡すんですよね。私も小学生の時にやったなあ。
しかし書く項目に多少違いが。
「好きなアプリ」とか。(笑)

裏面には「ラブしつもん」


これ、先生も書いてええんか?(笑)
Iちゃんちょっとびっくりするで。(笑)

いや、ここはスルーしときましょ。
それより小学生ジョシのみなさんが「異性のキュンとする仕草は?」の質問になんて答えるのかがすごく興味がある。(笑)



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

いや〜〜今年も残すところあと一週間ほどになりました!
一年の早いこと早いこと・・・・・!
でもとても充実した一年が過ごせて幸せです♪

今年入会してくれた方も何人かいらっしゃいました♪
とは言っても生徒募集自体あまりしていなかったし夕方の枠に関しては確か今年は募集しなかったような・・・。
なので今年は大人の方の入会のほうが多かったですね。5人・・・かな?あと復活組もお2人。

今年入会された大人の方々は全くの初めてでレッスンを始められた方もいるし、子供の頃やっていたという方もいらっしゃいます。

みなさん始めるまでは「続けられるかなあ・・・?」とちょっと不安に思ってらしたようですが、いやいやなんの!!みなさん全員熱心にレッスンに通われて、忙しい中時間を見つけては練習されて、私もびっくりするほどぐんぐん上達されています!!
というかご本人も「いや、始めるまではこんなに弾けるようになるとは思ってなかったです(笑)」とおっしゃるほど☆

いやあのですね、「ピアノって子供の頃からやらないと弾けるようにならないんじゃないか・・・」ってのは完全に間違ったイメージです。
子供がやったって大人がやったって、やることは同じ、ドレミの音符を読んで弾くことなんですよ。
大人の方が早く弾けるようになるに決まってます!!
小さい子がこれをできるようになるのは、大変なんですよ〜。(汗)
でも子供が「大変」に思わないように、それはそれは工夫を凝らして根気と愛情と時間をかけて、それを乗り越えてゆくのです。

子供達が弾けるようになって成長して行くのも楽しいですが、大人の方達がどんどんお好きな曲を弾けるようになっていって、どんどん演奏が変わっていって、ご本人達が楽しそうなのを見るのも本当にうれしいですね。

今度の発表会で発表会デビューされる方も何人かいらっしゃいます♪
また一段とレベルアップされるのが楽しみです!
一緒にがんばりましょう!



あ、これ今アップしないと!!
シーズンが終わっちゃう!!

土浦の水郷公園のイルミネーションですよ〜♪


↑霞ケ浦の帆掛け船ですね♪


筑波山。


生産日本一!の蓮(ハス)も湖面に映って綺麗でした。


竹アート。


土浦の花火を表したものも。


これ…「幸せの鐘」鳴らしときました。
たぶん私来年めちゃ幸せになると思うわ。(笑)

そんなに期待しないで行ってみたら期待以上で楽しめました!!
キレイでしたよ♪



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

おととしの春に転勤で福岡にお引っ越しされたHさんという私よりも年上の大人の男性の生徒さんがメールを下さいました。

ショパンのノクターンの2番(op.9-2)を最後まで暗譜できました!と録音を送って下さいました。

わあ〜がんばっているなあ〜〜♪ どれどれ?と聴かせていただいたところ・・・・・

おおお!!!
こんなに!?


想像以上によく弾けていて、夜中だったんだけど目が覚めました!!(笑)

ショパンのこのノクターンは超有名でロマンティックで愛らしい曲で、さらっとシャレていますが、実際弾くのは意外と難しいのです。
右手のメロディーも細かい装飾音や割り切れない連符などもたくさんあるし、何より左手の伴奏がずっと広い跳躍が続くんですよね。

いやあ〜〜よく暗譜されて、しかももうインテンポに近いテンポで弾いてる!!

Hさん・・・・・恐れ入りました!!

Hさんは単身赴任で茨城に住んでいらしたのですが、私のところで初めてピアノを習い始めて2回発表会に出たから3年目で転勤になっちゃったのかな?
ドレミのドから始めてそれからその3年くらいの間にメキメキ上達されて、発表会ではステキな演奏を聴かせて下さいました。

福岡に帰ってからは念願のグランドピアノを購入されて、レッスンには通っていないもののご自分で楽しんで弾いておられるようでした。

いやあ〜〜ご自分でコツコツ練習されて、さらに上達されていて、私もうれしかったです!

レッスンをお辞めになる時に、
「もうこんないい先生には会えないと思います」
とおっしゃられて、私はじーんとして、寂しくなってしまいました。
最後に弾いてくださった演奏もHさんのお人柄の表れたステキな演奏で、レッスンの次の順番のMくんもその演奏を聴いて実はウルウルきてました。Hさんは気付いてなかったと思うけど☆

先日フィギュアスケートの羽生くんの言葉でも「頭をガツンとなぐられた」ような衝撃を受けたけど(→こちら)、Hさんの録音でも「ガツン!!」とやられました!
Hさんも遠い福岡でご自分でこんなにがんばっておられるのだから、私ももっとがんばらないと!!
と思いましたねえ。

刺激を受けられる相手がいることは幸せなことですね!
私も良い刺激を与えられるように・・・遠くに離れた方達とも刺激を与え合えるような関係でいられたら最高ですね♪


これは地元の和菓子屋さんに行った時に見つけた地元土浦のゆるキャラ?「つちまるくん」のお菓子。


色とりどりでかわいい♪
でもつちまるくんってやっぱりお顔がピカty・・・
ゲホッ!!ゲホッ!!な、なんでもない!つちまるくんが誰かに似てるなんて全然思ってないから!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(05/27)
(05/26)
(05/14)
(05/13)
(05/05)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety