リハ終了!!

はああ〜〜〜〜今日(20日)発表会のリハーサルやりました!
本番の会場を借りて、数人ずつの4つのグループに分けてやりました。
発表会の出演者は全員参加することができてよかったです。やっぱり本番の会場、本番のピアノでリハやっておくと全然違いますからねー。

まあ毎年のことですが、リハまでのこの期間が一番精神的・肉体的にしんどいところで・・・・。ここ数日は寝て起きてもなんだか体が鉛のように重く、普段丈夫なお腹の調子も悪くなり・・・・・。

でも今日リハ終わって温かいお風呂に入ったら、心地よい疲労感はあるものの、体の重さもお腹の調子も良くなっちゃった!
そっかぁー、やっぱり精神的なものだったか!あははは!!(←よわい・・・汗)

いや〜〜みんながんばってた!よかったよかった!
今年も新しいメンバーが大人チームにも子どもチームにもけっこういて先生もちょっと心配していたのですが、なかなかみんな健闘してました!

新メンバーにしてもそうじゃないメンバーにしても、みんなそれぞれそれなりに緊張していたけど、まあリハってそういうもんです☆今のうち緊張を経験して、それが本番の対策につながると思うので、緊張は良いと思います!

それにしても、今日一通り通して聴いてみて・・・・・う〜〜ん、いい曲ばっかりだなあ〜〜!
特に大人チームはほんとにいろんな作曲家、いろんな時代のいろんなタイプの曲があって、それぞれみんなステキ。全部ステキ。惚れ惚れしちゃう。(笑)
みんなお仕事や家庭があって忙しい人ばかりなのに、本当に真剣に取り組んでがんばってくれていて、もう先生感無量でしたね。リハですでに。(笑)

子どもチームもそれぞれ成長していてこれまた感無量・・・・。(涙)
本番が楽しみです♪

しかし疲れた・・・・・また明日からのレッスンのためにもう寝よう!本番に向けてがんばるぞー!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
ピアノのブログいろいろ→にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
2011/02/21 (Mon) / 発表会日記 / comment(8)

アツいレッスン!!

ぴこ先生今日髪切りました!
なんだか気分も軽い〜〜♪

来月には発表会のリハーサルも控え、レッスンも徐々にアツくなってまいりました!
まあ半分は自然に、半分は意識的にアツくしてます。特に子どもチームのレッスンで。

「アツく」っていうのは決して「厳しく」っていうんではなくて、うーんなんていうのかな、真剣で、一生懸命で、楽しくてテンション高い感じです。
こっちがアツくレッスンするとそれが生徒にビンビン伝わって反応が返ってくるんですよ。

ワタシは実はしばらく前にテレビで見た松岡修造のテニスのレッスンに感銘を受けたことがあるんです。(照)
たまたま途中から見た番組だったんですけど、確かエリートで才能溢れる子達ではなくて、ちょっと落ちこぼれっぽい子達の強化練習みたいなのだったと思います。まあそれはもうアツいわけですよ、松岡修造が。(笑)

そのレッスンはかなり厳しさもあってそうとうハードだったと思うんですけど、でも泣きながらでも付いて来るんですよ。子ども達が。そしてすごく成長するんです。

すんごい厳しいんですよ。きっと怖いと思うし。今の子は親にだってあんなに大きい声で怒鳴られたりしないんじゃないかしら。
でも怖いだけじゃないのが分かるんです。それだけその子に対して真剣だっていうのが伝わってくるんです。真剣だから厳しいし、怖いし、アツいんです。
するとそれだけ自分に対して真剣になってくれる人、ほんとの事を自分に一生懸命に言ってくれる人に、やっぱり怖くても悔しくても付いて行くんですよね。子どもたちが。

私は子どもの生徒に対して、どこまで求めていいか、ちょっと迷うところがあったんです。それは、生徒達には学校もあるし宿題もあるしほかの習い事もあるし、ピアノの他にも大事なことがたくさんあるのが分かるし大変だろうな〜と思ったりするからなんです。
だから家での練習に対してあまりうるさくは言わないのです。

でもあの松岡修造のレッスンを見て、ああ、でも生徒に対してアツくなるのはきっといい事だし、必要な事だな!と思いました。レッスンでもっとアツい気持ちを伝えていきたいなと思いました。

ただやはり他に大事なこともたくさんあるだろうし、ピアノ、音楽は楽しんでやってほしいという気持ちがあるので、あくまで「厳しく」ではなく、「アツく」です。「もっと練習しなさい!」とかそういうことじゃなくて、「ここはもっとこうしたらホラ!こんなにカッコイイよ!!」「ここをこうできるようにこんな練習してみようよ!!」とか、表現やテクニックをもっと良くするための「アツさ」です。

あ、でもいつもアツいと暑苦しいと思うので(笑)、まあところどころ、要所要所でって感じです。
なのでまさに今!アツくなり時ですね〜〜!

いや〜〜そしたらね、付いてきてくれるんですよ。子どもチームが!
今年初めて発表会に出る子たちにはそんなに難しいのに挑戦させてはいないですけど、今回で2回目以上の子たちにはそれぞれちょっとレベルを上げたものに挑戦させてる感じなんです。
内容的にも普段より1段、2段進んだテクニックや表現をやったりしています。
なので最初は結構苦戦してたんですけど、こっちがなんとか一生懸命教えてると、生徒も一生懸命がんばって、それでだんだんできてくるんですよ!普段のんび〜りしてる子たちなんですけどね。

それでぴこ先生はそんな生徒の様子を見て日々「ジィ〜〜ン」と感動しています。(涙)
まあまだまだ苦戦中なので苦労もしながらですけど・・・。(汗)
そんな感じで発表会までもう少し、生徒のみんなと一緒にがんばります!

大人チームの生徒さんたちは、こちらがそんなにハッパをかけなくても十分過ぎるくらい危機感を持ってすでに緊張しているので、あまり先生がアツくなり過ぎないように気を付けてます。(笑)
いや、すでにアツいか!?


ぴこ教室の画伯、Rちゃんの作品です♪
う〜ん、腕を上げたなあ!

    ステキ!!





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
ピアノのブログいろいろ→にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
2011/01/20 (Thu) / 発表会日記 / comment(2)

発表会決定したぜよ!!

土浦の花火大会も終わり、本格的に秋になってまいりました。
え?人ごみに行く勇気の無いぴこ先生は今年もいつも通り、自分の家の窓から少し遠くに上がる花火を見てましたよー☆

さてさてぴこ教室では毎年3月に発表会を行っておりますが、来年3月の発表会も無事、ホールの予約をゲットし決定致しました!!

今年は大人チームだけの発表会だったので、今度は子どもチームも一緒の発表会になります。2年ぶりの子どもチームの成長が今から楽しみです♪

そんなわけで現在、大人チームのみなさんはほとんど発表会の曲が決まりました。大人の生徒さんたちはみんな自分で「今度はこれが弾きたいです!」って考えてきてくれるので先生はちょー楽です☆
そしてそれがまたいい曲ばっかりなんだ!!
しかもかぶらないの。いい具合に作曲家や時代もバラけてて、ちょっと先生も感心しちゃうくらいの素敵なプログラムになりそうです!

だってクラシック系だけで言っても、リストにショパンにベートーヴェンにフォーレにブラームスに・・・・・。

これ、知らない人が聴きに来てもすごく楽しめちゃうプログラムだと思う!!
も〜〜名曲集ですよ!!
今からワクワクしちゃう☆
いや、でも曲を仕上げるのはまだまだこれから・・・・・がんばるぞー!!

そして子どもチームもやっぱり2年ぶんみんな大きくなってるので、小学校高学年や中学生になったコたちなんかはそろそろちょっとカッコイイのを弾ける年頃になってきたぞ・・・・むふむふ♪
と先生もむふむふしながら最近一緒に曲を選んだりしてます。

でね、子どもと言えどみんな好みってそれぞれ違うし、それに好みが変わってきたりするのでけっこう予想外の曲に反応して選んだりします。
いちおうそのコのレベルを考えて、いろんなタイプの曲を私が弾いてみてその中から選んでもらうのですが、いろいろ弾いてそのコの反応を見るとみんなとても分かりやすい反応をするのでおもしろいです☆

あんまりピンと来ない曲の時は普通にしてるんだけど、どうやらその曲にときめいたらしい時は私が弾き終わってそのコの方を見ると、だいたいニヤーってしてます。(笑)
なんか、ニヤーっとしてるんだけどそれをちょっと隠してるみたいな、ちょっと恥ずかしそうなニヤーって表情をしてます。

だからそのニヤーっていうのを見て、「この曲どう?やってみたい?」って聞くと、うん、って言います。すると私はなんか「してやったり♪」みたいな気分になります。(笑)

そんな風にして子どもチームもちょっとずつ曲を選んだりしてます。曲選ぶのは早いのに越したことはない!ちびっ子はまだもう少し先でよいけどね。
せっかく発表会で弾くんだから、やっぱり本人が「この曲弾きたい!!」って思ってがんばれる曲が絶対いい!だから曲選びはけっこう大切です。

それに今回も、大人チームも子どもチームも新メンバーが少しいるので、またフレッシュな感じもあり楽しみです♪
いや、まあこここらが大変なんだけどね☆
がんばります!!


こないだジャズのレッスンに行った時は、その少し前に幼稚園生のKちゃんのお母さんに安全地帯の楽譜を頂いたところだったので、その記念に(?)「ワインレッドの心」をリハモして行きました!
今回W先生的には、「すごくいい所と、不思議な所がある」って言われたんですが、困った事には、私の付けたコードで先生に不思議に聴こえるコード進行が私には全然不思議に聴こえないところがあって、「なんで?(不思議って言うんだろう?)」「なんで??(不思議に聴こえないんだろう?)」って2人でハテナマークになることがあるのです☆

時々人に言われる私の不思議ちゃんキャラは、自分では計算づくだと思っていたのが、もしかしたらあたし本物の不思議ちゃんなのか?と思わず自分を見つめ直した出来事でした。(笑)


 楽譜ありがとうございました!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
ピアノのブログいろいろ→にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
2010/10/04 (Mon) / 発表会日記 / comment(10)

大人チーム発表会終了♪♪♪



この間の日曜日、14日にぴこ教室大人チームの発表会が無事行われました!!

ってあれ〜〜?もう金曜日か・・・・・いや、だって先生、それからカクテイシンコクの準備始めたからさあ・・・・。
え?締め切り過ぎてる??
だって発表会の次の日が締め切りなんだもんしょうがないんだもん〜〜〜!!(←しょうがなくない。)

ま、そんなわけでめでたく書類もやっと完成したので落ち着いて日記を書くとしましょう。

今回社会人の大人の生徒さんだけの発表会で人数も少ないので、こじんまりと、アットホームな発表会になりました♪
大人だとお客さんを呼ぶのも人数が少ないのでちょっと寂しい感じになるかなあ〜〜と思っていたのですが、実際は思ったよりお客さんも連れて来てくれて、全然寂しい感じにはなりませんでした。よかった!

大人の生徒さんはピアノの経験も長い人もいるしまだ始めたばかりの人もいるし年代もいろいろだしジャンルもいろいろだけど(半分以上はクラシックだけど)、でもとにかくみんな良く仕上げて立派に弾けました!!お世辞抜きです!!

人数少ないけど聴き応えあったもんねえ〜〜!あっさりした感じになるかと思ったけど、じっくりたっぷりお腹いっぱい充分聴き応えがありました。けっこうみんな長いのね。こうして聴いてみると。

これは手前味噌になりますがね、うちの生徒さんは初心者だろうがどんなジャンルだろうが、ちゃんと人前で聴かせられるように強弱はもちろん、音質の弾き分けや声部間のバランス、テンポのルバート、ペダルの使い方などなどまでちゃんと仕上げて表現のある演奏をします!

もちろん私がそれはもう手取り足取り事細かく丁寧に、時にはアツく!!そして楽しく♪それを指導しております!!(エヘン!!)

そしてみんな本当によくそれに応えて、どんどん吸収して上手になってくれました・・・!!!
先生はみんなの真剣で素敵な演奏を聴いて胸が熱くなりました。どれも素敵な演奏でした。そしてどれもいい曲でした!今年もほんといいプログラムだったわ〜〜。

そして私はBACHの「半音階的幻想曲とフーガ」を弾きました。
まあ失敗もあるけど(笑)、なんかすごく思い切って弾けたのは自分ではよかったな。
よてぃー先生にも「うまくなった!」ってほめてもらえたし、生徒さんにも「うるうるきました!」って言ってもらえてたし、聴きに来ていた生徒さんのご家族にも「迫力があった!」と言って頂けたと聞いてうれしかったです!

いや、しんどかったけど・・・・・練習も本番もね。(笑)

そしてその後に今回のお楽しみ企画(?)!!
pico trioの演奏でした〜〜。

私がボーカル&ピアノ、生徒のKさんがギター、Mくんがベースというトリオ編成で、えー曲はですね、薬師丸ひろこが昔「Wの悲劇」という映画の主題歌で歌った「Woman」と、「ムーンリバー」、そして最後にスマップの「らいおんハート」の3曲をやりました。

けっこうアレンジも考えましてね、リハモ・バージョンでやったりね。そしてよてぃー先生にたくさんアドバイスして頂きました。ど素人の私たち相手で大変だったと思います・・・。(汗)

本番はなんとか・・・いちおうまとまったかな?歌は・・・どうだろう??お世辞もかなり入ってると思うけど(笑)けっこう好評でした☆私も楽しかったです。歌うのは楽しいですね☆緊張もしないし。みんなも楽しんでもらえたようでほんとにそれがなによりです!!メンバーのKさん、Mくん、お疲れ様でした!ピアノだけでも大変なのに、トリオもよくあれだけがんばれたと思います。そしてPAをして下さったよてぃー先生、ほんとに大変な思いをさせてしまいすみませんでした・・・心から感謝します!!

そして打ち上げではみんな解放されてゆっくりお話しながらごはん食べました♪でも明らかにみんな疲れてたな。(笑)楽しかったけどね!

今年もいい発表会でした♪趣味とはいえ、みんなほんとに真剣に取り組んで素晴らしかったです。
みなさんありがとうございました!!

あ♪これ↓今年のプログラム。もちろん今年もぴこ先生の手作りだい!!
かわいいでしょ♪







♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
ピアノのブログいろいろ→にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
2010/03/19 (Fri) / 発表会日記 / comment(6)

リハーサル終了!!

この間の日曜日、ぴこ教室大人チーム発表会のリハーサルを行いました!
発表会の会場を借りて、実際本番で弾くピアノでやりました。やっぱりピアノって1台1台タッチや響きが違うから本番のピアノを事前に弾いておけるとすごくいいですね。

みんなやっぱりすごく緊張はしてたけど、でもみんなよく弾けてた♪
それぞれの曲をよく弾き込んであって、ちゃんと表現ができてた!
最初の2人弾いたあたりで先生もう泣きそうになってたもん。
「ううっ・・・こんなに上手になって・・・。(涙)」
って。(笑)

だってさ〜〜、曲の強弱もテンポもイメージも、1つ1つ一緒に作り上げてきて、テクニックも1つ1つ教えて身に付けてきて、それにうちに来て初めてピアノを習い始めた人なんかはほんとにドレミのドから教えてきたわけで、そうなるとある意味自分の子どもみたいな気持ちになっちゃうところがあるわけです。いや、私より年上の方もいるので「子ども」は失礼かもしれないですけど(汗)、でも気持ちはそうなんです!

だからほんとにみんなかわいい生徒だし、がんばってるみんなが本番実力を出してうまく弾けるといいなあ〜〜って心から思います。

でもみんなよくがんばってた!それに今回大人だけで人数が少ないから寂しいかな?って思ってたけど、実際全員聴いてみたらすごく聴き応えがあった!!みんなけっこう長さもあるし、とにかく全部いい曲ばかりだかしね〜。これは聴いても楽しめる発表会になると思います♪

私も一回弾きました。私はBACHの「半音階的幻想曲とフーガ」という大作を弾かせてもらいますが、最近ね、「ああ、音楽っていうのはやっぱり聴き手がいて成り立つものなんだな〜」ということを改めて実感してきました。

練習している間はまずは自分との対話なのですが、でもできあがってきて人の前で弾くとやはり伝えたいと思って弾くし、そうなると気持ちも表現も違ってくるんですよね。
やっとそこまで来れたかな、って感じが少ししました。
「聴いてて泣きそうになりました」って言ってくれた人もいました。うれしいなあ。実を言うと、自分でも弾きながら泣きそうになる時がある。(笑)
緊張はするけど本番が楽しみになってきました♪

あとね〜〜〜、この日の日記に書きましたが、今回余興(?)で私と生徒2人の3人でバンド演奏をするんですよ。私が歌で。
前も書きましたけど、歌はほんとにただの素人なんです。(汗)
ほんとにほんとに。

だけどうちの生徒のみんな、

「バンドすっごい楽しみにしてますっ!!!」

って言うんですよ〜〜〜。(汗)
そんな期待されても〜〜〜〜〜。(汗汗)

いや、みんなに少しでも楽しんでもらえるようにがんばります!!

では本番まであと少しがんばりま〜〜す!!


これはこの間ごはん食べに行ったレストランで咲いてた菜の花。



春ねえ♪






♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
ピアノのブログいろいろ→にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
2010/03/10 (Wed) / 発表会日記 / comment(2)
前のページ home 次のページ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo