茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ

茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!

森麻季&仲道郁代デュオリサイタル「ミューズ達の夕べ」


7月5日(水)につくば市のノバホールでソプラノの森麻季さんとピアニストの仲道郁代さんのコンサートに行ってまいりました♪



それぞれ大活躍されているお二人のデュオリサイタルということでとても楽しみにしていました!

プログラムはこちら↓

グノー:歌劇「ファウスト」より宝石の歌
シューマン:アベッグ変奏曲op.1
久石譲/小山薫堂:Stand Alone
菅野よう子/岩井俊二:花は咲く
マスカーニ:アヴェ・マリア
ショパン:12の練習曲集op.10-12「革命」op.10-3「別れの曲」
ショパン:ポロネーズ第6番op53「英雄」

ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調op.3-2 「鐘」
ラフマニノフ:13の前奏曲集より 第12番 op.32-12嬰ト短調
越谷達之助/石川啄木:初恋
山田耕筰/北原白秋:からたちの花
ヘンデル:歌劇「リナルド」より涙の流れるままに
 アルミナーレのアリア
ショパン:24の前奏曲より 第1、2、3、4、7、13、15、20番
グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」より 私は夢に生きたい


と、有名どころが盛りだくさん!!
ほんとに次から次へと楽しめたし、名曲を堪能できました♪

仲道さんのピアノは以前にもコンサートできいたこともありましたが、さすがです。音楽に余裕と瑞々しさがある。
今回のプログラムは私も弾いたことのある曲も多かったので、
「ふむふむ、これはどう弾くの?おお!ここはそうするんだ!?ほおお〜〜こういうのも素敵なのね〜〜♪うわー!ここをそこまで繊細に弾けるとは神っ!!!」
と、いちいち興味津々かつ感動でした☆

実力から生まれる余裕と、その余裕から生まれる歌心溢れる音楽性、音色の豊かさ。

指先を使った羽のように軽い音や、重さを上手く使った重厚感ある音、上から下ろすタッチを使った遠くまで響かせる通る音、撫でるようなタッチの柔らかでなめらかな音。
さまざまなタッチを鮮やかに使い分けて、一台のピアノから色鮮やかな豊かな音色を生み出していました。

ppのほんとうに軽くて柔らかくて、でも輝くように美しい音が印象的でした。
プロって本当にかる〜く弾いているように見えるけど、あれはしっかりとした支えと磨き上げられた指先のコントロールが成せる技であって、素人が真似してかる〜〜く弾いてもああはならない。
ppをつぶを揃えて弾くのって難しい。やはり基本があってのこと。

今日私ダンスのレッスンに行って、一緒にレッスンを受けているほかのコと話していて、
「先生のダンス録画したの見ると、本当に軽いんですよね〜!!」「そうそう!!軽く見えるけど、自分でやると大変なんだよね!(笑)」
って話してたところだけど、ピアノと同じだなあと思いましたね。

ダンスは足も腰も背中も胸もお腹も腕も首も、とにかく全ての筋肉を使うのでとてもハードなのですが、鍛え上げられている先生のダンスはやわらかくて軽やかでしなやか。いや、相当全身筋力無いとあんな角度やこんな姿勢であんな動きはとてもとてもムリムリ。(笑)

と、仲道さんのピアノはタッチと音色の豊かさも素晴らしかったし、音楽の構成も、おお〜ここはサラッと行って、ほほ〜ここで甘くするのね、みたいな「ねらい」と「効果」が自然な流れの中にあって、さすがベテランだなあと仲道さんの表現を味わえました♪


森さんの歌も素晴らしかった〜!!
もうその声の響きを聴いているだけで快感。美しくて心地良い・・・。

そして言葉の一つ一つを丁寧に、慈しむように大事に歌ってらっしゃるのが心に残りました。じーんときちゃった。

私もピアノのレッスンをしていて「ここのメロディーを歌うように弾きましょう」というような言葉も使いますが、その場合にイメージしているのはこういう表現の豊かな、心に直接響くような「歌」なんだよなあと思いました。
そして、でも・・・みんな「歌」って、聴いたり歌ったりってしているのかなとふと疑問に思いました。

クラシックじゃなくても、例えばそうねえふた昔くらい前だと(私の若かりし頃)みんなめちゃカラオケが好きで毎週のようにカラオケで歌ったりしてたし、学校でも今より音楽の授業もあったんだと思うし、テレビとかも歌番組がたくさんあってみんなが歌える歌がいつもあった。

まあジャンルはなんでもいいと思うんだけど、やっぱり音楽をやる上で「歌」って根源だと思うし、「歌心」って大事だよなあと思います。
私はレッスンでよくピアノも弾いて聴かせるけど、歌も歌うことも多いです。「ここは『ラララ〜〜〜』と響きを膨らませるように」とか、「ここで『ララララ〜〜』とやさしく丁寧に」とか、歌だと伝えやすい場合も多いからです。がしかし森さんのようには行かないです。(笑)

なので、こういう「本物の歌」というか、心を揺さぶられるような「歌」をみんな体験できるといいなあと思いました♪

あ!そして今回のコンサート、お二人のトークというかちょっとした解説のようなお話が入って、とても興味深く聴けましたし楽しくリラックスして聴けました。
仲道さんは前に聴いた時もそうでしたけど、ちょっとジョークも入ったりします。(笑)
でもとってもお上品なお二人。素敵なトークとお上品なジョーク(笑)、楽しかったです♪

そして、最近私「断捨離」にハマってピアノがサボりがちになったりしていましたが(笑)、「練習がんばろう!!」と気持ちが引き締まりました!
今日は今やってる曲の暗譜が一応最後まで行った!!
いや〜何十年やっても思うけど、ピアノって簡単には行かない。でもそのぶん、一歩ずつの前進がうれしい♪





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

生徒募集と気管支炎


一年ぶりくらいになってしまいましたが、生徒募集再開します!!

募集についてはこちらへ!!


それでですね、↑にも書いたのですが、喫煙される方だけは申し訳ないのですがレッスンできなくなってしまいました。

いやー私アレルギー性の気管支炎の症状が出るようになってしまいましてね、タバコを目の前で吸っていなくても喫煙される方と一緒にいるだけで気管支炎の症状が出て体調が悪くなってしまうんです。

でも普段喫煙者と一緒にいることがないので油断してたんですけど、先日ピアノの調律で調律師さんと教室で一緒にいたら、気付いたらめちゃ苦しくなってました。(汗)
調律師さんももちろん部屋で吸ったりしないんですけど、でも衣服や持ち物などに成分がかなり付いているということなんでしょうねえ。
調律中窓とか開けられないしね。

で、その日、教室じゃなくて私の生活している方の部屋のステレオアンプ(←26kgある汗)を調律師さんに引き取ってもらえることになって、調律後その部屋で作業してたんですよ。
そしたら調律師さん、猫アレルギーの症状が出て夜かなり苦しくなったとか。

お互い一緒にいるだけでなぜこんなに苦しみ合うのか。(笑)

でも調律師さん、電子タバコに変える予定とのことでしたよ。
がんばって〜!


さてこちら、私のダンスレッスン用の新しい靴ですよーん!!


かっちょいいっしょ!?
へへへ!!
ダンスもねえ一年以上続いているので新調してしまいましたよ。
だって最初は自分でスニーカーとか買ったことなかったから興味もないし、しまむらで安いのをテキトーに買ったわけですよ。
でもだんだんなんかかっこいいTシャツとかスニーカーとか欲しくなってくるわけですね。(笑)

ダンスを始めたのも、その気管支炎がきっかけでもあるのです。
おととしの秋から去年の春までずぅぅーっと気管支炎が治らなくて体調が悪くて、こ、これはどうにかしないと!!
し、シヌ!!!(汗)

と思って運動することにしたのです。
健康で楽しくみんなとレッスンをこれからもしていくために!!
これからもダンスがんばるよ!!

かっちょいいスニーカーでね!!




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

生徒募集について


久しぶりになってしまいましたが、生徒募集します!


 ♪金曜日、12:30から一名様


時間帯的に大人の方ですね。
中途半端な時間帯で、しかも超ピンポイントでごめんなさい。(汗)
主婦の方いかがでしょうか♪

当教室では大人のかたもたくさんいらしていて楽しくレッスンしています♪
初めてピアノを習いたい方、子供の頃に習っていてまた始めたいと思っている方などなど、ピアノに興味のある方、音楽がお好きな方をお待ちしています♪

どなたでもWellcomeですが、私がここ数年気管支が弱くなり、喫煙者の方と一緒にいるだけで気管支炎の症状が出るようになってしまいました。
ですので、申し訳ありませんが喫煙される方、及び同居のご家族に喫煙者のいる方はご遠慮くださいますようお願いいたします。

→大人の方のレッスンについてはこちら

→大人の生徒さんからの教室紹介コメントはこちら

お気軽にお問い合わせください。

→メールはこちら



実家に咲いてたカラーの花です。


なんて芸術的な形なのか。
自然ってすごい。



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

あの夏


ヤ、ヤバイ。

とあるネット記事でこのムービー気軽に見てしまったら、見てるうちにいろんなものが込み上げてきてしまった。(涙)



【秦 基博 / 鱗(うろこ)×「タッチ」「MIX」スペシャルMV -あの夏から26年-】


うわああ〜〜〜!!(汗)
こんないろんなものを不用意に込み上げさせるな〜〜!!
な、なんだ、音楽との相乗効果なのか?
甘酸っぱくて苦しい何かが込み上げてきてしまったじゃないか!!

「タッチ」かあー、懐かしいなあ。
そうだった、いいマンガだった。



そんな私はめちゃ断捨離。



大変だったんだよ〜〜これ!!
仕分けだけでも大変だし、本重いし。
そして大変さの割にほとんど本棚の中の出来事だから部屋を見回してもさほどの変化が認められないという理不尽さ。


しかし「物」はどんどん断捨離できても心の中というものは何十年経ってもそんなに変わってないのかもしれませんなあ。

今の若者にも「タッチ」読んでもらいたいですねえ。
甘酸っぱいんだよー。
甘酸っぱい何かが込み上げるんだよーー。




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

絶対音感


さっきテレビで「絶対音感」のことがちょっと出てきたので絶対音感の話でも。

厳密な意味での絶対音感はちょっと違うのですが、一般的に認識されている意味での絶対音感というと、聴こえてくる音がドレミのなんの音か分かる、すなわち音が「ドレミ」で聴こえてくる、ということですね。

これは私もあります。音が「ドレミ」の言葉で聴こえてきます。テレビではそれを特殊能力みたいに扱っていましたが、特に特殊能力でもないし音楽的な才能とかとは関係ないです。まああればちょっと便利なところはあります。

小さい頃からピアノを習っているとけっこう高い確率で自然に身に付くんじゃないかなあ。これは私の経験(生徒へのレッスンなど)から至った持論なのですが、ドレミの「音」が耳に入って来るのと同じ頃にドレミの「名前」も入って来るとそうなる気がします。

私は子供のレッスンでは始めてからしばらくはしつこくしつこくしつこく、ドレミを歌わせながら譜読みさせます。それは絶対音感を付ける目的ではなくて、「音符(楽譜)」と「音名」と「鍵盤」を早く、しっかり結びつけるという目的でやっているのですが、こうやっているうちにいわゆる絶対音感も付いているようです。

音大時代いろんな人の話を聞くと、どうやらピアノ科のクラスはほとんどが絶対音感があって(固定ド)、声楽のクラスだと絶対音感ではなくて相対音感(移動ド)の人の割合が多くなるようでした。
単純にピアノ科の人は小さい頃からレッスンを受けていた人が多いからじゃないかなと思います。

知っているピアノの先生のうちのお子さんは、小さい頃から歌のピッチとかとてもよいけど絶対音感はなかったですよ。たぶんピアノを自分で始めるずっと前からピアノのドレミの「音」がたくさん耳に入っていて、ドレミの「名前」があとからだったからじゃないかな。なんて思いました。
でも相対音感はバッチリでどこの音からでもカラオケの♯ボタンや♭ボタンみたいに移動して歌えちゃう。

音楽的には相対的な音感があれば問題ないのですが、例えば音を聴いてそれを楽譜に書き取る「聴音」とか、メロディーの楽譜をその場で見て楽器無しでそれを歌う「新曲視唱」とか、そういう課題が音大の入試や授業の中であるのですが、そういうのに関しては絶対音感があるとずいぶん便利ではあります。

ちなみにドレミの音というのは自然界にある無限?の音から1オクターブを12個に平均に区切って取り出したものです。あ、ドレミの音は1オクターブの中に白鍵がドレミファソラシの7個と黒鍵が5個の12個です。その音と音の間にももちろん音はあります。なので、その間あたりの音が聴こえてもドだかレだかはっきり聴こえなかったりはします。

音は空気の振動で、振動の速さというか細かさ?で音の高さが変わります。真ん中のドから5個上のラが440Hz(くらい。)Hzというのは周波数の単位で、これは1秒間に440回振動するということです。
楽器のドレミの音はそれぞれの周波数で一定の振動をしているのですが、何かをガチャン!とかバリン!とか打った音とかはいろんな周波数の音が混じっているのでドレミに聴こえなかったりします。たまたまきれいな周波数の波形を描くような音だとドレミに聴こえたりします。

周波数の話はまあいいか。
とりあえずドレミの音はドレミの言葉で聴こえちゃうので、人の話と音楽が一緒に聴こえているのは苦手です。二人から同時に話しかけられてるみたいになっちゃうから。なので、テレビを見ててもだいたいそのうち消音ボタンを押して無音でなんとなく見てますね。今は字幕が出るので、ニュースとかはそれで全然問題ないし、バラエティーもけっこうイケますよ。それで何か気になる話が出てきたら「なになに??」って音量を上げます。(笑)
さっきの「絶対音感」もふとテレビ見たら有吉が絶対音感って言ってる字幕が出てたから「なになに??」って音量上げました。(笑)



関係ないですが今日私お休みだったのでホリエモンの本を読んでそしてちょっと泣いた。



いや今までホリエモンに特に興味はなかったしどちらかと言うとイヤなイメージを持ってたけど、イメージと違ってた。すごい努力の人だし前に進もう、進もうとする意志と力の強さがハンパない人だと思った。
やっぱり大きなことを成し遂げる人ってそれだけのことをしてるんだなあ。




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
  

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

最新CM

(12/10)
(12/09)
(12/06)
(12/06)
(11/23)

ブログ内検索

バーコード

最新TB

カウンター

アクセス解析

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
Copyright ©  -- 茨城県土浦市 *** picopico diary *** ピアノ教室ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS /  /