先生うなるの巻:「月の光」


大人のお姉さんYちゃんは今ドビュッシーの「月の光」を弾いています。



ドビュッシーのピアノ曲の中でも特に人気が高く有名なこの曲。この間Yちゃんとのレッスンで先生は川平慈英さん並に「クゥーッ!!」とうなりながら熱く語ってしまいました。

「クゥーッ!!この透明感!!美しいよね〜!!でもさ、美しいだけじゃなくてこう、せつないじゃない?これってさ、もちろん月の光の透明な美しさだろうけどさ、でもこのせつない美しさって、

『恋』だと思うの。」

「恋、ですか!」

「うん、だってせつないじゃない?甘いしね♪
でもさ、この最初の部分は澄み切っていて、恋とは言っても『恋に憧れる』とか、『憧れの人をそっと思う』くらいの感じだと思うのね。」

「ふんふん」


「そのあとの中間部。ここで心がざわめくじゃない?どんどん感情が湧き出て止められない想いに流されて高まっていくじゃない?」

「はい!」

「そんな恋の波に流されて流されて、そしてまたふと『しん』とした夜空を見上げるとそこに月があるわけだ。」

「最初のメロディーですね」

「そう!
ところがさ!!恋を知る前とは響きが違っているわけだ!!

特にここっ!!


この一音!!
この一音がさ、弾く度に天才の一音だと思うわー!

理論で言うとD♭のコードの7thの音になるんだけど、この『♭ド』の一音が足されることによって、最初の部分ではクリスタルのように透明で何の曇りも無かった『♭レ、ファ、♭ラ』の響きに人間臭さが生まれるんだよね!

透明だった少女の瞳に、恋を知る事で新しい色彩が生まれたのね!!

「おおおお・・!!」


「そして恋を知らなかったあの日の瞳にはもう二度と戻れないのよ」


とその言葉をややうっとりと言ったあとに先生もう一度、


「クゥーッ!!」


とうなったよね。(笑)

先生コウフンしてごめん。Yちゃん引いてなかったかな。(汗)


まあ実際はドビュッシーはある詩に影響を受けてこの曲を書いたと言われているのでこんなストーリーではないのかもしれないですが、でもそこまで感じさせてしまうこの一音。
天才の一音ですなあー!

私ここを弾く度に誰かに、
「この一音!!すごくない!?」
と話したくなってしまう。(照)

やはり名曲ですね♪


♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/12/15 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(4)

先生夜中もがんばるの


はーいちびっこの連弾用の楽譜作りましたよー☆





小節の割り振りとか考えながら作るとなかなか時間がかかる。手書きだしね。
先生は夜中もがんばってますよー!!(涙)

先生ががんばれないのは早朝だけです。(笑)
まあ早朝にレッスンはないので問題ないですけどね。

朝早いのはねえー、夜が遅いからねえー。あ、それだけじゃないな、低血圧で寝起きはなかなかエンジンが温まらないですね。
「毎朝がセミの脱皮」と言われていましたね。
めっちゃ時間かかるみたいな。(笑)

だからディズニーランドとかディズニーシーとかは開園前に入ったことなどないですね。ムリムリ。起きられないッス。トイマニははなから諦めてるね。予定に入ってないよね。まあしばらく行ったことないけど。
みんなすんごい早起きして開園前に行くよね!!子供たちもすごいけどパパもママもすごい!!
小学生のAちゃんって女の子は、
「まあみんなディズニーのためならなんでもする、って感じだよね」
と言っていたな。(笑)


えーこちら小学生Kくんの楽譜。





「スターウォーズ」と「ハリーポッター」の曲の楽譜をダウンロードしてプリントしたのを画用紙に貼って、自分で表紙を作ってきました!
すごい!愛情がこもってる!!
絵も上手いし!!
ハリポタのお城は自分でプリントして貼ったって言ってたよ?今の小学生はテクニック持ってるな。(笑)

Kくんは前回初めての発表会が終わってすぐに、「次の発表会何弾こうかなー、ぼくスターウォーズがいいなあー!それかハリーポッターもいいなあ!!」と夢を膨らませていたので、今回憧れの曲が弾けることになってうれしいみたいです。

この「あの曲を弾きたい!!」という気持ちの尊いこと!!
原動力ですよね。
まあちょっと難しくて苦労はしていますが、この想いがあればがんばれるでしょう!
先生も一緒にがんばるよー!!





♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/12/08 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(2)

ペダルで色気 ♪


中島みゆきの「糸」という曲を弾いているNちゃんという大人のお姉さん。
この曲はオリジナルもとても人気のある曲ですが、ピアノソロで弾くとまた透明感や切なさがあってステキです♪

譜読みもできて曲想もずいぶん表現できてきたところですが、「冒頭の和音のところが自分で弾くとなんだかのっぺりしちゃうんです」とのことでした。



三つの和音でできたフレーズが4つ続きます。
たったの三つの和音ということで、音が少ない分表現が返って難しいとも言えますね。
でも三つだけの和音だけど右手は4度重ねの平行になっていて浮遊感と切なさのあるなんとも美しい進行です。
これも中島みゆきが考えたんだろうか・・・魅力的なイントロだなあ。

ということで、こういうのは私はお得意です♪
この素敵な和声進行を生かす表現をするための、打鍵のスピードや重さの使い方など説明したあとに、

「あとは実はねえ、ペダルの使い方に結構重要なコツがあるんだよね」

「ペダルですか?」

「うん、これね、和音の変わるところでその都度踏み変えるわけなんだけど、弾くのとピッタリ同時にスパっと踏み変えるとスッキリきれいなんだけど、『色気』がないのよ。」

と言って弾いてみると、

「はあーそうですねえ」

「それでね、こうすると・・・・微妙なニュアンスっていうか『色気』が出るんだよね」

と踏み方を変えて弾くと、

「おおお〜〜・・・!」

「ね?違うでしょ?これねえ、どうやってるかというと丁度ピッタリじゃなくて、ほんのちょっと遅らせて踏み変えてるんだ。すごくゆっくりやるとこう・・・一瞬ちょっとにごってから踏み変わって透明感が出るんだ。ちょっとにごるのわかる?」

「はい!わかります」

「これがねえ、微妙な色彩っていうかニュアンスていうか、『色気』になるんだよね。ペダルで『色気』が作れるのよ♪やってみようか」

「う・・・ちょっと難しいですね・・・」

「ちょっと遅らせて踏み変えるのね。上げる時にゆっくり上げるだけでも違うよ?お!!そうそう!!上手!!『色気』出てる出てる♪こうなるとね、『耳』が大事になってくるね。よく聴きながら試してみて」

「ああ、なんか分かって来ました!」

なんて感じでペダルの表現をレッスンしました。
ペダルの踏み変えのタイミング、速度で全然ニュアンスが変わります!!
特にゆったりした部分やきれいな響きの所で試してみて下さい♪



こちら病院の駐車場の銀杏の黄色い絨毯です♪


実は私の父がしばらく前から入院中でして、先月は手術もして日によっては生徒さんにスケジュールでご迷惑おかけしてしまったこともありました・・・。快くご協力して下さったみなさんに感謝しています。
手術も無事成功し気持ちもだいぶ楽になりました。今はリハビリをがんばっていくところでまだ私も病院通いは続きますが、今まで何もしないぐうたら娘でしたので少しは親の役に立てたらいいなと思っています☆



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/12/02 (Fri) / ピアノ教室日記 / comment(4)

雪降ったー!


11月だと言うのに雪が降った!

寒いよー!

今日レッスンに来た二年生のTくんが、教室の駐車場の雪でミニミニ雪だるまを作ってきてくれました♪



ペットボトルのフタがピッタリサイズ☆

かわいい!

なんかほっこり癒されました♪

2016/11/24 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(0)

究極のところ


うちの教室の発表会ではクラシックをバリバリ弾く人もいれば、映画音楽やゲーム音楽、ポップスなどほかのジャンルの曲を弾く人もいろいろいます。

先日大人の生徒のTくんというお兄さんに、
「クラシックを教えるのと他のジャンルの曲を教えるのとでは違いってあるんですか?」
と聞かれて、

「うーんそうだね、クラシックの方がやることは複雑にはなるんだけど、究極のところで言うと同じかなあ」

「そうなんですか」

「うん、どのジャンルでも最終的には『グッとくる演奏』になるように指導する」

「『グッとくる』?」

「うん、みんな『この曲を弾きたい!』って思うからには必ずその曲に『グッ』ときたり、『キュン』ときたり『ジーン』としたり『ワクワク』したりしたからだと思うんだよね」

「うんうん」

「それで、それを『聴く』だけじゃ飽き足りなくて自分でも演奏したい!と思うのは、その『グッ』と来たのを自分でも再現したいっていうことだと思うの。そしてそれをまたほかの誰かにも感じてもらいたいと思って弾くんだと思うんだよね」

「ほーなるほど」

「だからクラシックでも他のジャンルでも、聴く人が『グッとくる』その曲の魅力を伝えられるようにと思って音楽を作って行くかな。『演奏する』って聴く人の心を何かしら動かすってことだと思うのよ」

「おお、分かりやすいです。先生に言われてなんか分かったような気がします!」

というような話をしました。

音楽を聴いて演奏していろんなことを感じて、それをまた音楽で誰かに伝えられる。それが音楽をやる醍醐味だと思います♪みんなの『グッとくる』感性、『これ弾きたい!』の思いを大事にしたいです。
発表会を聴いた方に「先生の教室の生徒さんは『表現』がありますね」と言ってもらえることがありますが、それはとてもうれしいですね。

今度の発表会でも弾く人も聴く人もいろんな事を感じられる会になるといいなと思います。



こちら年長さんのMちゃんにもらったかわいいお手紙♪


下は妹のAちゃんからで、「せんせいがくまのぷーさんにへんしんしたところ」だそうです☆
ちゃんとくまさんっぽさが出てる!



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/11/24 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(0)
前のページ home 次のページ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(07/21)
(07/20)
(07/13)
(07/13)
(07/05)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo