究極のところ


うちの教室の発表会ではクラシックをバリバリ弾く人もいれば、映画音楽やゲーム音楽、ポップスなどほかのジャンルの曲を弾く人もいろいろいます。

先日大人の生徒のTくんというお兄さんに、
「クラシックを教えるのと他のジャンルの曲を教えるのとでは違いってあるんですか?」
と聞かれて、

「うーんそうだね、クラシックの方がやることは複雑にはなるんだけど、究極のところで言うと同じかなあ」

「そうなんですか」

「うん、どのジャンルでも最終的には『グッとくる演奏』になるように指導する」

「『グッとくる』?」

「うん、みんな『この曲を弾きたい!』って思うからには必ずその曲に『グッ』ときたり、『キュン』ときたり『ジーン』としたり『ワクワク』したりしたからだと思うんだよね」

「うんうん」

「それで、それを『聴く』だけじゃ飽き足りなくて自分でも演奏したい!と思うのは、その『グッ』と来たのを自分でも再現したいっていうことだと思うの。そしてそれをまたほかの誰かにも感じてもらいたいと思って弾くんだと思うんだよね」

「ほーなるほど」

「だからクラシックでも他のジャンルでも、聴く人が『グッとくる』その曲の魅力を伝えられるようにと思って音楽を作って行くかな。『演奏する』って聴く人の心を何かしら動かすってことだと思うのよ」

「おお、分かりやすいです。先生に言われてなんか分かったような気がします!」

というような話をしました。

音楽を聴いて演奏していろんなことを感じて、それをまた音楽で誰かに伝えられる。それが音楽をやる醍醐味だと思います♪みんなの『グッとくる』感性、『これ弾きたい!』の思いを大事にしたいです。
発表会を聴いた方に「先生の教室の生徒さんは『表現』がありますね」と言ってもらえることがありますが、それはとてもうれしいですね。

今度の発表会でも弾く人も聴く人もいろんな事を感じられる会になるといいなと思います。



こちら年長さんのMちゃんにもらったかわいいお手紙♪


下は妹のAちゃんからで、「せんせいがくまのぷーさんにへんしんしたところ」だそうです☆
ちゃんとくまさんっぽさが出てる!



♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
2016/11/24 (Thu) / ピアノ教室日記 / comment(0)
Comment
name

title

mail

home

pass




雪降ったー! home 発表会選曲と時代の変化
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。
最新CM
(07/21)
(07/20)
(07/13)
(07/13)
(07/05)
ブログ内検索
バーコード
最新TB
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
にゃんこの「いちご」と暮らしてます。

ますますピアノがおもしろくなってきた今日この頃。
ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンして頂いています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

template by Little beaR-photo