茨城県土浦市 | picopiano | ピアノ教室ブログ

茨城県土浦市にあるピアノ教室の先生、ぴこの日記です。 子供も大人も楽しくレッスン♪ピアノ上達のヒントや教材情報、発表会対策も!

表現のテクニック:基本編☆

大人の生徒さんに、

「強弱記号が付いていないところの強弱はどうやって弾けばいいんですか?」

って聞かれたのでそのことについて書きたいと思います♪


これは誰にでも、どんな曲にでも言える基本的なことで、かつ大事なことです!ぜひぜひ活用してみてね。

強弱記号が無いところ(まあ付いていても)は、こんなことに気を付けて表現していきます。


1、音高(音形)……音の上がり下がりに沿った強弱。

2、拍子……その拍子が持っている強弱。

3、リズム……リズムが持っている強弱。

4、和声……和声進行によって生まれる緊張感による強弱。

5、フレーズ……フレーズの区切り方や歌い方による強弱。

6、バランス……旋律と伴奏の音量バランス、旋律と対旋律の音量バランス。

7、構成……曲を大きく見た中での強弱構成。

などなど…が基本的な要素でしょうか。あくまで「基本」であって、必ずしもその通りというものでもありません。
以下簡単な補足説明デス。

------------------------

1、音高(音形)……音の上がり下がりに沿った強弱。

話し言葉と同じで、基本的には音が上がる所で音量も高まることが多いです。気持ちが高まると声が高まる、みたいな。
でもこれは他の要素との兼ね合いもあったり、その場面によっていろいろ変わります。


2、拍子……その拍子が持っている強弱。

拍子はもともと拍ごとに強弱を持っています。逆に言うと拍の強弱があるから拍子が生まれます。
どの拍子でも1拍目に強さ、重さがあります。

3拍子だったら、

 ◯ ◯ |  ◯ ◯ (強、弱、弱)

4拍子だったら、

 ◯  ◯ |  ◯  ◯ (強、弱、中強、弱)

になります。
これすごーくすごーくものすごーーーく大事です。
でも言われないとみんななかなか気付かないです。でもどんな曲でも(拍子がある限りは)この「拍子感」が必要です。これがどれくらい前に出るべきかは場合によりますが、でもどんな場合でもこれが根底に必ず必要です。これがあると躍動感のある生き生きした演奏になるし、無いとイケてない演奏になります。

そしてこの「拍子感」があるからこそ、そこからズラした強弱、つまりシンコペーションだったり、舞曲などの持つリズムによる強弱というものがまた生きてくるのです。

あ、それから拍の中にも強弱があります!
拍の頭には強さがありますね。


3、リズム……リズムが持っている強弱。

↑でも書いた、シンコペーションや付点リズムの持つ強弱や、舞曲の持つリズムによる強弱、などなど。


4、和声……和声進行によって生まれる緊張感による強弱。

一言でざっくり言っちゃうと、クラシックでもジャズでもロックでもポップスでも和声(コード)のある音楽は全て、「ドミナントからトニックに行きたい〜〜!!」っていうエネルギーでできています!!
そこらへんを意識しないと作曲家の意図する強弱表現が出せないのですよ。


5、フレーズ……フレーズの区切り方や歌い方による強弱。

言葉と同じで、文頭や文末、区切り、イントネーションがメロディーにはあります。



こういうことをヒントに表現していきます。これが分かっていればわりとどんな曲でも対応していけるんじゃないかな?
あとはこれらのことのどれを優先するかとかどれくらいやるかとか解釈やイメージなどによって変わってきますが、そこもまたおもしろいところです。



えー写真ネタが無いのでいちごちゃんで♪

 




♪茨城県土浦市のピアノ教室♪
ぴこ教室ホームページ→
ピアノのブログいろいろ→にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

これは意識しなきゃ、のっぺりしますよね。グルーヴを出す為には絶対不可欠で、自分も注意するようにしています。
  • from hideyuki :
  • 2011/09/15 (07:45) :
  • Edit :
  • Res

のっぺり

>hideっち

そうなの、楽譜通り間違えないでスラスラ弾けてても、のっぺりしてるとイケてない演奏になっちゃうんだよね。
楽譜には書いてないけど大事なことだよね!!
  • from ぴこ :
  • URL :
  • 2011/09/15 (21:59) :
  • Edit :
  • Res

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ぴこ
HP:
性別:
女性
職業:
せんせい
趣味:
ピアノ
自己紹介:
土浦市のピアノ教室の先生でぴこと申します。
猫の「いちご」と暮らしてます。

武蔵野音楽大学でピアノを専攻し卒業後土浦で教室を開きました。

ピアノを教えることも弾くことも大好きです!
毎日生徒のみんなとレッスンするのが楽しみです♪
現在は尊敬するピアニストのN先生にレッスンしていただいています。

ジャズピアノも勉強中。千葉県のA先生にレッスンして頂いてます。

音楽理論も大好き♪理論のレッスンもします。

音楽はクラシック以外にも様々なジャンルを聴きます。

音楽以外の趣味はHIPHOPダンスです。2016年からスクールに通っています。
基本的には家で猫と過ごします。

最新CM

(11/30)
(11/30)
(11/05)
(11/05)
(10/21)

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- 茨城県土浦市 | picopiano | ピアノ教室ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /